ミニサイズの卓上ウォーターサーバーはお金がかかる?

くらぶオフィス
この記事は約6分で読めます。

第三次お一人様ブームと新型コロナの影響が重なってしまいました。

そのため、世の中は自立して生きる「大人のお一人様」時代が加速しています。

フィジカルディスタンスは当然だし、まだワクチンもできていないのです。

60代は新型コロナに遭遇したら「い・ち・こ・ろ」で命も危ない。

だから、今日もできるだけ「お一人様」です。

スポンサーリンク

お一人様のささやかな贅沢「ウォーターサーバー」

自粛生活をしないでフラフラと世の中を歩き回ると、コロナに感染するリスクが否定できない。

ならば、自宅でゆっくり過ごすのも悪くはありません。

人生のなかで、こんなにゆっくりできる時間はかつてなかったのです。

ボケない程度に有効に楽しみましょう。

そこで、60代でもおしゃれに「お一人様」を楽しむには、お部屋をきれいにすること。

きれいだけではなく、なにかとおしゃれにすることも大切です。

いつしか、おしゃれだとか、かっこいいとか、デザインとか、そういうことを忘れかけていたのです。

60代だからこそ、もう一度、あのワクワクした時代を楽しみたいものです。

お酒もやめて2年目。

居酒屋にいけば1回3,000~4,000円はかかるのですが、それをウォーターサーバー代にするのです。

ようは「おいしい水」を月3,000~4,000円の居酒屋代で飲もうというわけです。

そこで、健康的でもあるし、ウォーターサーバーを手に入れようと考えています。

これは「贅沢」でしょうか・・・

腰がやられる水タンクの「ウォーターサーバー」

病院で処方箋をもらいに薬局にいくと決まってウォーターサーバーあります。

その薬局にサービスとしておいてある大きなスタンド型ウォーターサーバーです。

あの機械には、とてつもない大きな水タンクがサーバーの上にのっかています。

あれは12リットルの水ですから、少なくとも12kgはあります。

筋トレならまだしも、あれを弱ったおっさんが持ち上げて、さらに頭上に持ち上げ・・

ボキッ・・と、腰をやられることになるかもしれません。

おしゃれでミニサイズの卓上ウォーターサーバー

最近はTVでCMを流すほどウォーターサーバーが人気なので探してみたのです。

若者の一人暮らしに人気にがある小さなウォーターサーバーがありました。

おしゃれで、口コミでも評判がいいのです。

いままで、何回か聞いたことのある名前でしたが見過ごしていたのです。

業界では現在のところ最小の大きさです。

フレシャスdewo mini(デュオミニ)という小さなサーバーで人気なのです。

*写真をクリックすると、フレシャスdewo mini(デュオミニ)のサイトに行きます。

そして、何よりもデザインが抜群でおしゃれで小さくてかわいいのです。

このフレシャスdewo mini(デュオミニ)を徹底的に調べました。

フレシャスには、でかくて重い水ボトルが無い!

若者向けだから、60代にはあわないかもしれないと思いつつ、調べる。

フレシャスdewo mini(デュオミニ)で、わかったことが3つあります。

ひとつは、水のボトルではなくて、軽い「水パック」4.7kgを使うのです

4.7kgは、軽いとはいえ、いつも買っているお米の袋の重さです。

お米の5kgの袋 結構おもいのです。
お米の5kgの袋 結構おもいのです。

おっさんにとって、決して軽いとは言えないのです。

くしゃみをしてぎっくり腰になる位ですから、重いものはなおさら要注意です。

しかし、あの薬局の待合場所にある12Kgの水タンクよりはましです。

ふたつめの驚きは、富士山の天然水、朝霧高原の天然水、それと木曽の天然水から選べることです。

三つめの発見は、なんとテーブルの上における最小小ささなのです。

場所が広くないので、テーブルの上に置けるなら「テーブルウォーター」ですね^^

気に入ったのですが、料金が高いのではないのか?

ウォーターサーバーは、お金がかかる?

日本ではウォーターサーバーを使っている家庭は、まだ20%にも満たないのです。

理由は、お金がかかるから、水道水でまにあう、というのです。

では禁酒で浮いた飲み代は最大月に1回4,000円でした。

目標の居酒屋1回分の飲み代でサーバーは可能なのでしょうか?

調べると、フレシャスの天然水は1パック(4.7L)で925円(税別)です。

最低月に4パックからの契約なので計算してみました。

すると、4パック18.8リットルで3,700円(税別)で税込みだと、4,070円となるのです。

そして、2カ月目からサーバーレンタル代が月500円(税別)税込みで550円かかります。

合計すると1カ月、18.8リットルで、4,620円(税込)と安くはないですね。

ペットボトル500㏄1本で約123円です。

月に18.8リットルだと、500ccのペットボトルを毎日1本飲んでいる計算。

まとめると、毎月最低で4,620円かかるのです。

居酒屋1回分の最大4,000円を少し出ますが、なんとかなる金額。

ならば、水が使い放題のウォーターサーバーはどうか?

さかなクンのCMでおなじみのウォータースタンドです。

*写真をクリックすると、ウォータースタンドの公式サイトに移ります。

これは天然水ではなく、水道水をつかうので水代はただみたいなものです

水道水は1リットルあたり0.2円です。

500ccペットボトルの量でも、たったの0.4円です。

ウォータースタンドは、サーバー代が定額制で月に3,980円(税別)だけ。

税込みだと、4,378円(税込)で、水をいくら使ってもそれ以上はかかりません。

22カ月以上使うとお得な長得プランなら480円割り引かれ、月「3,850円(税込)」です。

水をいくら使ってもお金のストレスが無いのです。

水道水の「ウォータースタンド」と比べる

天然水を18.8リットルで毎月4,620円(税込)のフレシャスdewo mini(デュオミニ)か

さかなクンのウォータースタンドで使い放題のきれいな水で月4,378円(税込)にするか。

差は、242円です。

ミネラルやバナジウムが入った富士山の天然水で卓上に置けるのも魅力的です。

しかし、水を使う程、月の金額は高くなる。

一方、さかなクンのほうは定額制で、お金の心配はいりません。

しかし、天然水ではなく、水道水を99.5%~99.9%までウイルスも取り除いたキレな水。

そして使い放題です。

おいしい水なら天然水の「フレシャス」です。

きれいな水をたくさん使うなら水道水の「ウォータースタンド」です

■フレシャスの詳細情報は公式サイトへ↓

フレシャス

■ウォータースタンドの詳細場は公式サイトへ↓

ウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました