副業ブログで「ゆとりの経済力」おっさんの働き方改革

ゆとりの経済力
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

60+のおっさんはどこかで収入が欲しいといつも考えているのです。

理由は、先々老後の年金支給の将来性が見えないから不安があるのです。

おっさんは体がすでに筋肉は20代の4割まで落ち込んでいます。

その上目は老眼で見えず体はボロボロの状態ですから、働くにも限界があります。

そんなおっさんでも「ゆとりの経済力」を持つことができる道があるのです。

おっさんでないと出来ない知的作業分野もゴロゴロとしております。

その中から選りすぐって、今回ご紹介するのは「おっさんの働き方改革」です。

世の中は、副業から複業へシフト

2017年(平成29年)国の働き方改革で、副業を容認する方向へと変わりました。

厚生労働省が「働き方改革実行計画」に基づいて副業を推進しようというものです。

厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日 働き方改革
実現会議決定) を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

引用:厚生労働省

つまり、よほどの機密漏洩等の問題がない限り副業はぞうぞ積極的にやってください!というお墨付きが得られたのです。

平成30年1月、モデル就業規則を改定し、労働者の遵守事項の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」
という規定を削除し、副業・兼業について規定を新設しました(第14章第67条)。

引用:厚生労働省

そして現在は、2019年の厚生労働省が策定する「モデル就業規則」第68条によって、勤務時間外の他社の仕事をしてもいいと規定しています。

(副業・兼業)
第68条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

引用:厚生労働省

なのでおっさんは自由に会社の勤務時間以外に副業をしても良いのです。

でも60+ではすでに「現役引退」したおっさんも多いのですから、副業というよりいろいろな収入源を持つ「複業」でいいのではないかと考えているのです。

ゆとりの経済力をどこから得るのか?

熟練の体力があるおっさんではないふつうのサラリーマンで働いてきた我々おっさんは、突然に道路に立って交通整理をしたり建設現場で足場組立を手伝ったりなどしたら倒れてしまします。

宅配の仕事などは、階段の途中で息切れして呼吸困難になります。

その分野の仕事は熟練と訓練と経験がものを言いますので、パスしましょう。

事務系のおっさんには体力的にちょっと無理があるのです。

知的生産分野はおっさんの得意分野

では、どこで「ゆとりの経済力」を得るのかといえば「知的生産分野」です。

仕事の得意分野、専門分野、営業力、一つの会社に長くいた、管理職したいた、修羅場を経験した・・・ いろいろな持ち物を引き出しいっぱい持っているのです。

その宝である「知的生産物のストック」を有効利用しようというわけです。

おっさんの知的財産は、おっさんしかもっていない「ユニーク」な財産です。

だから、ほかのおっさんには初めての情報になるのです。

どこで有効利用するのか?

そこでおっさんは自称「社長」になるのです。

社長といっても会社ではありません。

社員は文句を一言も言わないで社長が支持して通り間違いなく働く社員です。

それが「ブログ」社員です。

おっさんに変わって24時間365日働きます。

投資額はレンタルサーバーとドメイン代で年間15,000円程度の飲み代より高いですが、なんとか受湯できる金額です。

おっさんの知的財産をブログ社員に詰め込んで、Webの社会で稼いでもらうのです。

慣れてくれはブログ社員は何人でも作れますから、そこは自由です。

最初のブログ社員はせいぜい月に3,000円稼げれば良いですね。

半年から1年で収入を稼ぎます。

2年目になるとさらに稼ぎます。

3年目だともっと稼ぎます。

そのころはブログ社員は4~5人くらいに増えていて、月に合わせると5万円程度はおっさんのところに入ってきます。

公的年金+ブログ社員=「ゆとりの経済力」

この計画はわたしが実践しています。

ブログ社員1名は、毎月の通院費とレンタルサーバー代を稼いでいます。

その他の数人のブログ社員は、生活費や旅行などの「ゆとりの経済力」部分で活躍しています。

ブログ社員のモデル

もし、おっさんがブログ社員を作るときは、ネット上にいくらでも作り方がありますから参考にすれば、敷居は少し高いけれでできます。

こんな私でも出来たので、おっさんなら無理なくできると思います。

俗に言う「雑記ブログ」は労多くして稼ぎません。

ならばと思い作ったIT系のブログではもっと稼げません。

スキルだけ読んですぐ帰ってしまいます。

おっさんの得意分野の特化ブログ

特化ブログが稼ぎ始めるのは早く、おっさんの得意分野に絞って作るといいですよ。

その分野を真剣に探しているお客さんが来るからです。

真剣なお客さんがくると物が売れるので、広告会社「Googleアドセンス」や広告主が効果を期待しますから、おっさんのブログにクリック単価の高い広告を出してくれます。

私のブログでは同じ来客数の場合、雑記ブログが100円稼ぐとすると特化ブログは2000円稼ぎます。

参考にしてください。

方向性だけお伝えします。

無料ブログではなく、レンタルサーバーを借りて、おっさん専用の「ドメイン」をとってスタートしてください。

サーバーはエックスサーバーが安定していて初心者に丁寧にサポートしてくれます。

広告は初心者に入りやすい「Googleアドセンス」の審査を受けて始めるのがいいですよ。

半年から1年でお小遣いが毎月数千円程度が入ってきます。

その後は、おっさんの工夫次第で上限はありません!

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました