新型コロナ感染拡大で東京は大丈夫か?変異種の影響は

新型コロナと生活
この記事は約3分で読めます。

新型コロナの感染爆発が止まりません。

2020年12月26日に過去最多の949人を記録した東京は、31日の大晦日には過去最多の1,300人を超える感染者数とNHKで15:12に発表がありました。

感染力の強い変異種が国内でも確認され、一人一人の感染防止対策が求められています。

スポンサーリンク

感染者過去最多の更新を続ける東京

NHKの新型コロナウイルス特設サイトの情報を見ると、東京の感染者数は増加傾向にあります。

曜日ごとの感染者数は12月14日以降、最多記録を更新しています。

12月23日:748人
12月24日:888人
12月25日:884人
12月26日:949人
12月27日:708人
12月31日:1,300人超(31日15:12発表)

曜日ごとの最多を更新するのは13日連続となっています。1日の感染者数が700人を超えるのは5日連続になっています。

引用:NHK特設サイト 新型コロナウイルス
引用:NHK特設サイト 新型コロナウイルス

全国の感染者数のグラフは以下の通りです。

全国規模で増加が確認されています。

引用:NHK特設サイト 新型コロナウイルス
引用:NHK特設サイト 新型コロナウイルス

新型コロナの変異種

感染力が70%強いと言われている新型コロナの変異種が国内で確認されています。

変異種は世界各国に広まりつつあります。

変異種「VOC 202012/01」

イギリスで拡大している変異種は「VOC 202012/01」と呼ばれます。

名前について、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の公式サイトから引用します。

At present, the variant is referred to as “SARS-CoV-2 VOC 202012/01” (i.e., the first variant of concern from 2020, December), or “B.1.1.7.” The press often uses the terms “variant,” “strain,” “lineage,” and “mutant” interchangeably. For the time being in the context of this variant, the first three of these terms are generally being used interchangeably by the scientific community as well.

引用:CDC https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/more/scientific-brief-emerging-variant.html

南東イングランドでの症例の半分以上が新しい変異種(VOC 202012/01)によることが分かっています。

最も早い症例の確認は2020年9月20日とされています。

この変異種の特徴は、現在の新型コロナウイルスよりも感染性が高いことです。その再生産数(R)を 0.4 以上増加させて、最大 70% 感染性が増加する可能性があるとされています。

変異種が拡大すれば、新型コロナ感染がますます広がることが懸念されます。

デンマーク、オランダ、ベルギー、オーストラリア、スペイン、カナダ、アイスランド、イタリア、スウェーデンでも変異種(VOC 202012/01)の感染例が報告されています。

日本では羽田空港、関西国際空港の検疫で5人からVOC-202012/01が検出されています。また、英国に渡航歴のある東京都内の男女2人からも検出されました。

出典:Yahooニュース 2020年12月27日
「イギリスと南アフリカ、それぞれの新型コロナ変異種の現在の状況は?」より

おわりに

2020年1月から新型コロナの動向を追いかけてきましたが、ここにきて変異種というあらたな影響が出ています。

一人一人の感染防止対策の徹底が求められています。

タイトルとURLをコピーしました