第1回目ワクチン接種後の副反応か?2日目にほぼ解消

この記事は約3分で読めます。

65才以上の高齢者を対象にした、コロナ・ワクチン接種の第1回目が終わりました。

ワクチンの種類は「ファイザー製」です。

その後、時間の経過とともにどのような副反応が出たのでしょか?

簡単な記録ですが紹介します。

スポンサーリンク

ワクチン接種日:6月26日午後1時15分

ワクチン接種は、チクリと一瞬だけ感じただけで終了しました。

テレビなどの映像で見ると、あの太く長い注射針を垂直に刺すので、とっても痛そうです。

しかし、実際に接種を受けるとイメージとは裏腹に、ほぼ感じないと言っていいくらいです。

その日は、注射を打った場所をこすったり、揉んだりしなければ、お風呂に入っても大丈夫だと言われました。

15時間後:6月27日午前4時頃

15時間後の夜中に目が覚めました。

その時間はいつも起床する、午前4時です。早すぎると思われますが、だいたいこの時間からブログやメールのチェック、記事の執筆などを行い、午前5時過ぎからウォーキングです。

午前4時にいつもの通り目がさめてみると、注射を打った場所が妙に痛いのです。

肩ごと痛いというか、筋肉痛に近いモソモソとした痛さを感じます。

もちろん注射を打った場所は、そっと押すだけでも痛く感じます。

30時間後:6月27日午後6時頃

午後6時ですが、もう左肩、首筋あたりまで全体が筋肉痛に近い痛さになりました。

腕を真上に上げるのがつらいのです。

腕を回わすことすら、ちょっとやめておこうか・・・

それと、副反応なのかどうかわかりませんが、頭がボ~ッとしていました。

何をするにもやる気が起きないのです。

ブログの記事もタイトルを入力しただけで、文章を書く気力がありません。

夜は、お風呂に入って、ゆっくりして寝てしまいました。

42時間後:6月28日午前6時頃

朝までぐっすり寝てしまいました。

いつも朝3時には目が覚めるのですが、今朝は6時までぐっすり寝てしましました。

起きてみると、注射した場所を押すと少し痛い程度です。

腕も真上に上がり、肩の周辺も首すじも元通りになっています。

とっても快調です。

発熱は、全くありませんでした。

48時間後:6月28日午後1時15分

注射した場所は、押しても痛みを感じません。

また、腕を真上にあげても全く問題も痛みも、違和感もありません。

良く寝たせいか、頭もスッキリとしえています。

第2回目の摂取は、7月17日です。

ワクチンの接種したかたの体験を調べてみると、第1回目では副反応があまり出ていないようです。

問題は、第2回目のワクチン接種での副反応の出方に差があるようです。

1回目に発熱がなくても、2回目には発熱したかたなど少なくはありませんでした。

次回の摂取もまた記録していきたいと思います。

2回目は3週間後に、同じファイザー社製のワクチンとなります。

まとめ

意外と心配したよりも、スムーズに接種が終わり、副反応は思ったよりも軽度だったようです。

メッセンジャーRNAというワクチンは、新しい技術によってつくられたものです。

昨年6月2日に、書いたワクチン開発の記事を参考にリンクしておきます。

全記録のリンクです。

タイトルとURLをコピーしました