新型コロナ用アルコール消毒液の売切れで『意外な製品』が人気

魅力的な体
この記事は約4分で読めます。

おっさん、新型コロナウィルスが広がった日本国内でアルコール消毒液の需要が高まり
ドラッグストアでは「在庫が品薄」になってます。

調べると消毒液メーカーは一斉に増産の方向方に方針をきめたようです。酒造メーカーも高濃度アルコールのお酒を製造しているほどです。

この記事は以下のポイントから紹介しています。

その1:ネットでのデマ情報と厚労省のツイート
その2:ドラッグストアではすぐに売り切れる
その3:品薄の中でこんな商品が売れています
スポンサーリンク

その1:ネットでのデマ情報と厚労省のツイート

ネット上で
「新型コロナウィルスに対し、アルコール消毒には予防効果が無い」
とする情報が出回りました。

これを受けて厚労省の公式ツイッターは
2020年2月6日に新型コロナとアルコール消毒について、
次のような情報を発信しました。

「【ご注意ください!】#新型コロナウイルス 予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」

引用:厚労省の公式ツイッター2020年2月6日

増産体制に入る

消毒用アルコールの増産が各メーカーで始まり
限界まで増産体制にないったことが
報道されています。

手ピカジェル等でシェア5割の健栄製薬では
10倍以上の注文に達していて
フル稼働でも受注に対応できないようです。

スポンサーリンク

その2:ドラッグストアではすぐに売り切れる

近所のドラッグストアでは在庫が並べられても
あっという間になくなってしまいます。

ネットやニュースでの品薄が報道されたことと
厚労省でもアルコール消毒が新型コロナウィルスには
効果的だとお墨付きが出たことで
加速しているようです。

そんな中でも売れている商品がありました。

その3:品薄の中でこんな商品が売れています。

あの生理用品でよくしられている
「ユニ・チャーム」が販売している商品です。

シルコット ノロクリアウェット 除菌アルコールタイプ

シルコット ノロクリアウェット 除菌アルコールタイプ(Amazon)

この商品は商品名に「ノロクリア」とあるように
ノロウィルスの予防用の除菌アルコールのウェットシートです。

効果が書いてないのには事情があるようです。
Amazonのレビューを見て納得しました。

法的に医療品ではないので「ノロウイルスに効果があります」とメーカーは書くことが出来ません。 なので「ノロクリアプロテイン配合」、ここで察して判断してくださいって商品ですね。
全体的に説明がふわっとしていて何に効くのか分からん!って人も居ると思いますがそういう事情があります。

引用:Amazonの2019年12月4日当商品のレビューより抜粋

ノロクリアプロテイン(R)とは

商品には、自然由来の成分で「ノロクリアプロテイン(R)」が入っていて
「5秒で99%のウィルスを除去」と書いてあります。

「ノロクリアプロテイン®」について
「ノロクリアプロテイン®」とは、キユーピー独自の技術で、卵白中のたんぱく質「リゾチーム」を加熱変性させた抗ウイルス成分です。アルコールに強いウイルスの除去に活用できることが特徴です。東京海洋大学との共同研究(2014年)で開発しました。
「ノロクリアプロテイン®」に関する研究は、現在も継続中です。ケイブランシュの他にも、この抗ウイルス成分を配合した商品として業務用製剤「リゾパワー®NV」を販売しています。

関連する特許出願又は特許権: WO 2016/017784、特許5806434号

引用:キューピーのホームページより

キューピーで開発された抗ウィルス成分を配合した
ユニ・チャームの日本製なので安心して使えるとおもいました。

代用品でもアルコール消毒ができるなら
増産でアルコール消毒液が出てくるまでは対応したほうが
良いですね。

おわりに

日本では第1波が徐々に減少し第2波への対策へと移ってきました。しかし世界では「新型コロナウィルス」の感染拡大が続いています。

当初2月頃は若い人は感染率も低く80%の人は軽い症状で回復すると見られていました。

しかし、4月も後半になると簡単なウイルスではないことが分かってきました。

若くても感染すると重症化するし、重症化してから死亡するまでの時間が短いという特徴も見えてきました。

この特徴はウイルスへの抗体が過剰反応して血管の中に血栓を作ることから急激な重症化になるとの研究も出ています(追記2020年6月4日)

3つの密を避けて、手洗い・マスク、外出自粛を徹底すれば回避できることも分かっています。

最低限の外出をする時は、是非携帯して手洗いができない時は消毒用品を使って予防しましょう。

アルコールが無い場合は、手洗いだけでも効果はやはりすごいですね。

■厚生労働省:手洗いについて

・新型コロナはアルコール消毒液だけではない!流水手洗い驚きの効果

・新型コロナはこんな『ゴーグル』でおしゃれに通勤電車で目を守る方法

・『新型コロナ』いつまで続く感染拡大?その収束の見通し

タイトルとURLをコピーしました