ワクチン2回接種しても、安心できない?マスクは必須です!

この記事は約3分で読めます。

高齢者でワクチンを2回接種したから、安心ですよね?

もしかして、もう感染しないと思っているのでは、ありませんか?

ところが、2回の接種が完了後に感染したケースがでてきています。

今まで通りのコロナ感染予防は当然としても、さらに注意が必要な時代になっているかもしれません。

スポンサーリンク

ワクチンを2回接種しても、まれに感染する可能性。

第5波のピークがいつごろになるの予測ができませんね。

今のところ、しばらくは、発症予防効果があるワクチン頼みになる可能性が有望ですね。

2021年7月21日 に「米ファイザー製」と「英アストラゼネカ製」のワクチンが変異株に対して、どれ位効果があるのか、イングランド公衆衛生庁(PHE:Public Health England)が公表しました。

2回の接種を完了した後のワクチンの発症予防効果は、ファイザー製がアルファ株に対して93.7%、デルタ株に対して88%。アストラゼネカ製は、それぞれ74.5%、67%だった。

引用:Forbes2021.8.1

ワクチンは効果があると公表しています。

ワクチンを2回接種したのに、感染したという報告が伝えられています。

この2回目の感染を「ブレークスルー感染」と呼び、まれに起こることがあるといいます。

ブレークスルー感染

ブレークスルー感染とは、新型コロナウイルスのワクチン接種後、2週間以上経過して感染が確認されることを言います。

日本では6月末までの3か月間に67人の感染が確認されたと公表されました。

海外でもまれに起こるようで、特別なことではないと言います。

基本的な感染予防対策の継続が必要

国立感染症研究所では

「ワクチンの有効性を否定する結果ではないが、接種後も感染対策を続けることが重要だ」

と伝えています。

ワクチンを2回接種したので、もうコロナには感染しないから安全だと考えるのは、ちょっと危険ですよね。

非常に少ない確率でブレークスルー感染が起きるようですが、自分に起こる確率はゼロではありません。

なので、ワクチンが完了しても、デルタ株という感染力が強い変異ウイルスには、今まで以上に予防対策が重要となります。

病院もひっ迫していることから、感染しても入院できない可能性も高いので、自己防衛は必須ですね!

洗ってもフィルター性能を維持するマスク

感染防止グッズのひとつ「マスク」で、「これは使える!」と言う商品があります。

発売開始から1か月で30万枚も売れている大人気の商品です。

接触冷感マスク「COOLMAX21(クールマックス)です。

ウイルス・細菌・飛沫・花粉等を99%ブロックするのですが、

人気の理由は、繰り返し洗っても、フィルター性能が維持されることです。

必要な方は、リンクからご覧ください。

■公式サイトへ
「COOLMAX21(クールマックス)」

まとめ

ここまで「ワクチン2回接種しても、安心できない?マスクは必須です!」を紹介しました。

大切なのは、「ワクチン接種後も感染対策を続けることが重要」と言うことです。

東京の2週間後には、1日1万人を超える可能性も否定できないという報道が、今聞いていたラジオからありました。

感染力の強いデルタ株のピークがいつなのかまだ見えていません。

気を引き締めて、がんばっていくことが必要ですね!

タイトルとURLをコピーしました