東京143人で緊迫した状況『緊急事態宣言』はいつ?新型コロナ感染急増中

くらぶオフィス
この記事は約3分で読めます。

4月5日午後4時45分過ぎ、東京の新型コロナ感染者数が143人を確認するNHKニュース速報が流れました。

143人は最多となり、累計1000人を超える感染者数となるのですが、この事態はどの様に判断されるのか?

以下の3項目の情報を調べてみました。

その①:4月5日の東京の感染者数
その②:緊急事態宣言の基準
その③:東京の現在は該当しないのか
スポンサーリンク

その①:4月5日の東京の感染者数

新型コロナ感染者数は東京でどの様に増加しているのかを確認してみます。

3月30日:13人 累計443人
3月31日:78人 累計521人
4月1日:66人 累計587人
4月2日:97人 累計684人
4月3日:89人 累計773人
4月4日:118人 累計891人
4月5日:143人 累計1000人超(推計)*4/5 16:45現在(NHK速報)

2020年4月4日のグラフ

東京都 新型コロナ陽性患者数のグラフ2020年4月4日現在
出典:東京都 陽性患者数
東京都 新型コロナ陽性患者数累計のグラフ
出典:東京都 陽性患者数

3月30日の累計443人からわずか5日目の4月4日に891人と2倍に増加しています。
この増加は欧州での増加に近い数字です。
東京はこのままで行くと欧州と同様な数字をたどることになるのでしょうか?

2020年4月5日のグラフ

4月5日には最高を更新し1日で143名までとなりました。

東京都 新型コロナ陽性患者数のグラフ2020年4月5日現在
出典:東京都 陽性患者数

累計の陽性患者数は1033人と最高を記録しています。

東京都 新型コロナ陽性患者数のグラフ2020年4月5日現在
出典:東京都 陽性患者数

その②:緊急事態宣言の基準

感染者数が2、3日で2倍になるとオーバーシュート

専門家会議副座長の尾身茂氏(自治医大名誉教授)によると、「感染者数が2、3日で2倍になるとオーバーシュートと言われている」としています。

東京は4日、5日で2倍のレベルに来ている

「3月の上旬にはだいたい10日とか11日だったが今は全国あるいは東京でも4日とか5日のレベルにきている。オーバーシュートの軌道には入っていないが、軌道にだんだん近づきつつあるということは間違いない」

と4月5日のNHK「日曜討論会」で述べました。

その③:東京の現在は、まだ該当しないのか?

東京の感染者数の累計が1000人を超えることは「かなり緊迫した状況」と言えるのではないでしょうか。

東京都の小池知事は4月5日の日曜討論会の中で「国の決断がいつなのかを待っている」と述べており緊急事態宣言が発令された場合の準備を進めていると述べています。

おわりに

様々な対策や検討を進めていると思われます。早急な緊急事態宣言とアナウンスが待たれるところです。

現在の私たちは初めて経験する危機だとも言えます。

発令や対策を待つのではなく、私たち一人一人が感染拡大を予防する行動を開始するときが来たと考えます。

参考にフランスの友人からのコメントを掲載します。

日本の友達へ:記事名「Stay Home!人類が新型コロナ感染拡大を乗り越える決断」

タイトルとURLをコピーしました