新型コロナ対策『花粉用ゴーグル』目からの感染予防の方法

魅力的な体
この記事は約4分で読めます。

新型コロナウイルス『covid-19』の拡大が日に日に広がり
各自でウイルスから身を守ることが重要になってきました。

通勤電車内や日々の買い物など
行動範囲はどこでも可能性があり
意識して
感染拡大を自ら予防することが重要です。

マスク、手洗いと共に
目からの感染の予防も必要です。

目からの侵入を予防する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ゴーグルで目からウイルスの侵入を予防する

目からの感染は
感染場所にふれたりくしゃみを抑えた手で
目をこすったりしたときに

ウイルスが侵入して起きる様です。

そこで花粉用に使っているゴーグルがあれば
不意に目をこすっても
ゴーグルが防御してくれるので安心です。

今回はどんなゴーグルがあるのか
ご紹介いたします。

花粉用ゴーグルの種類とウイルス予防への利用

花粉やPM2.5等から目を守るゴーグルには
2種類あります。

どちらもゴーグルが曇らないようにできています。

・メガネをかけている人用
・メガネをかけない人用

メガネをかける人用のゴーグル

通常メガネをかけている人向けの
ゴーグルです。

メガネをかけたままでゴーグルが使えます。
形状はメガネをかけたままで使うので
サイズが多少大きくなります。

メガネ不要の人用のゴーグル

普通のメガネと同じようなイメージで
使えます。

ゴーグルのレンズには度が入っていません。
また、度付きにすることも可能な製品があります。

花粉等対策用ゴーグルの紹介

スワン 一眼型保護メガネ(オーバーグラスタイプ)

山本光学のJIS規格品です。
フレーム部分のみが動くので、
高い防護性を保ちながらフィット感があります。

メガネ併用で使用できます。
テンプル部分は5段階の角度調整ができます。
フレームは3段階の幅調整が可能です。
スワン 一眼型保護メガネ

スワン 一眼型保護メガネ(オーバーグラスタイプ) SN770(Amazon)

ZOFF+PROTECT

ゾフのゴーグルは販売実績で昨年対比250%の人気を誇っています。

Zoffが特許を取得したZoff +PROTECT(※特許番号:第6547051号)
フードの着脱が可能
外ではフードをつけ屋内で外せば普通のメガネとして使用可能
Zoff +PROTECT

Zoff +PROTECT(Amazon)

新型コロナウイルスの研究から

新型コロナウイルスの研究が各国で進められていて、
その途中ですがウイルスの輪郭が徐々に見えてきました。

3月3日に東洋経済オンラインが流した記事「新型コロナウイルス」は一体どこから来たのか」があり、興味深い内容が報告されていました。

それによると、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園、華南農業大学、中国脳科学研究所等の機関の研究員が新型コロナウイルスの進化状況を推算しことが報告されていました。

その推算の結果、初期の感染拡大が12月8日に起こっていることから、ウイルスは11月下旬から12月初旬にはすでにヒトからヒトへの感染を始めたとみています。

さらに華南海鮮市場(訳注:当初、新型コロナウイルスの発生源と見られていた武漢の市場)以外の場所から感染が始まった可能性が高いと考えているようです。

また、新コロナウイルスの誕生の可能性について華南農業大学の研究グループは次のように考えていると伝えています。

「センザンコウコロナウイルスと新型コロナウイルスのアウトブレイクの間には直接の関係性は見つからなかったが、新型コロナウイルスの発生源がセンザンコウコロナウイルスとコウモリの持つウイルスであるRaTG13が組み合わさって誕生した可能性はある」

参考情報:東洋経済ONLIN2020年3月3日「新型コロナウイルス」は一体どこから来たのか」(財新記者:杜偲偲)※原文の記事は2月26日に公開」

おわりに

新型コロナウイルスの目からの侵入を予防する
ゴーグルの説明と紹介をいたしました。

もともとは花粉やPM2.5の対策用なので
新型コロナが収束したあとにもそのまま使えます。

マスク・手洗いと共に一つ用意すると安心です。

参考に、新型コロナウイルスの発生に関する研究の情報も
概要を紹介いたしました。


新型コロナはこんな『ゴーグル』でおしゃれに通勤電車で目を守る方法

なおたん

★にほんブログ村。どれかクリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
魅力的な体
スポンサーリンク
おっさんずくらぶ
タイトルとURLをコピーしました