南極で『史上最高気温20.75度』おっさん!地球が大変です。

幸せな未来
この記事は約2分で読めます。

地球温暖化の影響でしょうか?

南極で観測史上最高となる20.75度の
気温が観測されたと発表がありました。

南極において気温が20度を超えたのは
観測史上初めてのことです。

最近は
「100年に一度の・・・」とか
「過去に例のない・・:」とかが多いのです。

おっさん、地球はどうなっているのでしょう。

スポンサーリンク

史上最高となる20.75度

史上最高となる20.75度は
南極半島北端に浮かぶ
シーモア島(Seymour Island)で観測されました。

南極大陸の最高気温は
2015年3月に記録された17.5度です。

しかし、今年2月6日には近くにある
アルゼンチンのエスペランサ基地で
18.3度が観測されていました。

ブラジル人研究者のCarlos Schaefer氏により
今回の最高気温について
次のように指摘されています。

この記録は一度限りの気温であり、同地での長期的なデータセットの一部ではないため、「気候変動の傾向という点については何の意味も持たない」

地球温暖化の影響なのでしょうか?

観測史上初めての最高気温ということは
地球温暖化の影響があるのではないかと考えます?

ブラジル・ビソザ連邦大のシェフェル教授によると
「短期間な気象記録ではあるが、
気温上昇の長期拡大傾向の兆候かもしれない」

報告されています。

おっさん、南極が暑いということは

新型コロナウイルスの感染は
猛スピードで世界を駆け巡っているのです。

おっさんが育ったころの地球とは
確実に違う状況になっていて
狭く感じるのです。

日本でも異常気象が多発するから
体調を自己管理して
鍛えておかないといけません。

地球の幸せな未来のために

なおたん@くらぶ長

幸せな未来
スポンサーリンク
シェアする
なおたんをフォローする
おっさんずくらぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました