新型コロナ禍で家電売上が絶好調!巣ごもりで人気の家電は?

この記事は約3分で読めます。

新型コロナの第3波の感染が拡大する中、白物家電の国内出荷額が1991年以降で最高を記録しています。

そのけん引役となっているのが空気清浄機だといわれています。

巣ごもり需要の中でどのように家電が売れているのか紹介します。

スポンサーリンク

コロナ禍の白物家電売上額がすごい

2020年12月21日に、日本電機工業会が「民生用電気機器 国内出荷実績」の中で11月の白物家電の国内出荷額のデータを発表しました。

そのデータでは、前年同月と比べ白物家電は国内出荷額が16.8%の増加で出荷額は2,011億円となりました。

2か月連続の増加で、11月としては1991年以降、最高の出荷額になったと公表しています。

出典:一般社団法人 日本電機工業会
https://www.jema-net.or.jp/Japanese/data/kakoku.html

売れているのが空気清浄機

新型コロナウイルスの国内感染が続く中で需要が高くなっているのが「空気清浄機」です。

日本電機工業会の公表データでは、その需要は引き続き高くなっています。

前年同時期と比べ94.3%の増加となっていています。

この増加は、空気清浄機の国内出荷の記録が残る1986年以降で最高を更新しています。

また、2020年10月の白物家電の出荷額について、電子デバイス産業新聞の公式サイト2020年12月4日の記事から引用すると次のように述べています。

白物家電の10月出荷額は、過去10年で月間記録としては最高になった。これは驚き以外の何物でもない。部屋の中をクリーンにしたいという要望が強く、空気清浄機は金額も台数も前年同月比2倍以上に拡大した。もちろん冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなども絶好調であった。

引用:電子デバイス産業新聞2020年12月4日 https://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=6317

参考に、空気清浄機の売れ筋商品を調べてみました。

空気清浄機の売れ筋ベスト3(順位は価格.com参照2020年12月21日現在)

1位:シャープ KC-J50-W
2位:ダイソン Pure Hot + Cool Link HP03WS
3位:シャープ KI-JS70-W [ホワイト系]

参考:シャープ*2019年モデルKC-L50-W(Amazon)

ホットプレート、トースターも好調

新型コロナの影響で巣ごもり需要で増えている家電で代表されるのが調理家電です。

調理家電もまた引き続き好調で、ホットプレートが52%、トースターが20%の増加となっています。(参考:日本電機工業会)

参考にどのようなものが売れているのか調べてみました。

ホットプレートの売れ筋ベスト3(順位は価格.com参照 2020年12月21日現在)

1位:タイガー魔法瓶 これ1台 CRV-G300
2位:象印 やきやき EA-GW30
3位:象印 やきやき EA-KJ30

参考:タイガー魔法瓶CRV-A300-T(Amazon

トースターの売れ筋ベスト3(順位は価格.com参照2020年12月21日現在)

1位:日本エーアイシー Aladdin グラファイト トースター
2位:バルミューダ The Toaster K05A
3位:象印 こんがり倶楽部 EQ-AG22

参考:Aladdin グラファイト トースター(Amazon)

外食を控え、自宅で調理して楽しむ時間が増えていることが調理家電の売上げを増加している要因なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました