おっさん!薄毛なら『お湯シャンプー』サラサラでコシのある仕上がり

ステキなおしゃれ
この記事は約3分で読めます。

だんだん髪の毛が薄くなるのは
年を重ねた勲章のようなものですよ!

でも、できることなら
黒々と太くてつやのある髪の毛がいいですね

年の割にあんまり黒いと
ちょっと似合わないかもしれません。

その前に薄毛になっても
すこしでもボリュームを持たせたいと
思いませんか?

去年からテストしている
「お湯シャンプー」が意外と使えるから
ご紹介します。

スポンサーリンク

化学成分の成分入ったシャンプー

毛髪剤や強力な男前になるシャンプーや
皮脂を洗い流すシャンプーなど
いろいろ試してみたのです。

そんなことしている内に
頭皮に無理がたたって
薄くなってしまったことがあります。

強い洗浄力の強いシャンプーで毎日頭髪を洗うと、
皮脂がすっかり洗い落とされて無くなり、
それを補おうとして
余計に皮脂が分泌されるのだそうです。
薄毛や抜け毛は、
その過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいで、
育毛に良い影響を与えないのが原因です。
また、頭皮には常在菌がいて、
頭皮を守ってくれているのですが、
洗浄力の強いシャンプーは、
それも洗い落としてしまうので、
さらに頭皮環境が悪化していくというのです。

化学成分で薄くなった頭髪をなんとか・・・

お湯シャンプーを発見

そこで何とかならないかと
Googleで検索して見つけたのが
「お湯シャンプー」なのです。

あの福山雅治がお湯シャンプーをしていたので
わだいになったことがあります。

福山雅治の頭までは期待しませんが
フンワリとボリュームがでればゴールなのです。

お湯シャンプーの洗い方

①浴室に入る。
シャワーからお湯を出して、
頭の髪の毛全体にかけてよく下洗いします。

②湯舟に入る。
湯舟に入ってよく温まります。

➂湯舟から出る。
いよいよ頭髪を洗う本番です。
先ほど、頭を下洗いしておいたので、
ここから本番。
シャワーの温めのお湯で洗います。

④頭をお湯シャワーで洗う。
手の指で頭皮を軽くこする様にして、
全体を洗います。
特に中央部は皮脂が多く出るとの事で、
よく洗います。

①~④の順番でよく洗います。

35度前後のぬるいというか
冷たさも感じる様なお湯を
出しっぱなしで洗います。

頭皮から出た皮脂の脂っぽさは
指から消えています。

頭皮は適度にキレイになって、
さっぱり感があります。

簡単ですがそれで終わりです。

バスタオルで頭髪を押しながら
水分を取り拭きます。

最後にドライヤーの冷風でしっかり乾燥させます。

それで終わりです。

翌朝の効果

朝になったら、驚きますよ。

殆ど寝癖が付いていないと思います。
もし、寝癖がついていたらそれは洗いすぎです。

そして、1週間くらいすると次のような効果が出てきます。

(1)髪の毛が、サラサラしています。

こしがあるサラサラ感であり、
滑らかなサラサラ感になります。

サラサラ感の質が違うというのでしょうか、
そんな感じです。

(2)トニックもコンディショナーも不要

しっとり感のあるサラサラなので、
取り立ててケアが必要だとは感じません

(3)頭皮の臭いがしない

女房に頭の匂いを調べてもらいましたが
変なニオイがしないというのです。

加齢臭も減ったのか?

(4)かゆくもないしフケも出ていない

お湯だけで洗ったら皮脂が残っていて
かゆくなりそうですよね。

でも、かゆということが無いのです。
当然フケもありません

(5)最大の効果、抜け毛が殆ど無くなった

朝になるとまくらに付いていた
抜け毛が見られなくなりました。

お湯シャンの環境に
頭髪や頭皮が慣れるまで時間を
かける必要があります。

まとめ

お湯シャンプーの洗い方を紹介しました。

もし石鹸を使うなら日本製の「牛乳石鹸」が
頭皮にも優しくて洗い上りが突っ張らないからおすすめです。

洗浄力が強い化学シャンプーだと
おっさんの大事な皮脂まで洗い流してしまうから
牛乳石鹸がいいです。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました