安くて美味しい『イタリアワイン』の贅沢な楽しみ方

爽やかな趣味
この記事は約3分で読めます。

いまやどこの国のワインでもスーパーで安く手に入る
時代となりました。

フランス、スペイン、チリ、カルフォルニアなどずらりと
並んでおります。

そこでおすすめの「イタリアワイン」のご紹介です。

じつはワインの生産量世界一がイタリアなのです。

イタリアでは美味しい新鮮なワインが安く飲めます。
日本でも手に入る安く美味しいワインを
調べました。

イタリアの形

イタリアはナポリあたりの南イタリアから
ローマ~フィレンツェあたりの中ほどと
ベネツィア・ミラノの北イタリアと南北に長いのです。

イタリア 南イタリア、中央イタリア、北イタリア と呼んでます。
色はデザインなので大体の位置で適当です。

イタリアワインの特徴

イタリアワインの特徴
栽培されているブドウの品種がとても多いので
種類が豊富なのです。

2大産地と代表するワイン

イタリアワインには大きく2つの産地があります。

それぞれの特徴があるので
覚えておきましょう。

「トスカーナ州」と「ピエモンテ州」の産地

トスカーナのワインの特徴

トスカーナ地方のワインは飲みやすく、
だれでも美味しく飲める
「イタリアワインが初めての方」向けです。

700年の歴史をもつ「キャンティ」の赤ワインが有名です。

ピエモンテ のワイン

北イタリアのピエモンテのワインは、
格付けD.O.C.のトップカテゴリのワインが多数あります。

有名なのは、最上級赤ワイン『バローロ』です。

イタリア料理との組合せ

イタリアワインが似合う料理は
オリーブオイルやトマトを使ったメニューです。

北イタリア ミラノ

『ソアヴェ(Soave)』DOC 白ワイン

トスカーナやビエモンテから少し東にある
ヴェネット州のソアヴェが美味しいので
ご紹介いたします。

「水の都」ヴェネチアで有名なイタリアのヴェネト州は
ビエモンテの東にあります。

ここのワインで『ソアヴェ』DOCは、
ガルガーネガという白ブドウ70%以上に、
トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェやシャルドネなどを
30%までブレンドしています。

『ソアヴェ』DOC 白ワイン

ワインの格付け表記

格付けの表記

トップカテゴリ:D.O.P.(D.O.C.G.、D.O.C.)

D.O.C.:上級ワインにのみ表示が許される
D.O.C.G.:上級ワインよりさらに厳しい制約。
     国外へ出荷される際も検査を必要とする

この法律によって
ブドウの収量、ワインの収量、アルコール度などが厳しく制約されて
生産されているのです。

代表的なイタリアワインを試してみる

ここで紹介した代表的地方のイタリアワインを
たのしんでみましょう!

おすすめの3種類をご紹介いたします。
(Amazon)で買えます。

イタリアン・ファミレス『サイゼリア』の極秘ワイン

グラスワインが100円のサイゼリヤですが、
なんと現地から新鮮なワイン「キャンティ」他
幅広くワインが用意してあるのです。

サイゼリヤでは、現地で味わっている「フレッシュな」おいしさを日本で味わえるように、必要分をその都度ボトリング。ボトリングから日本に輸入されサイゼリヤの店舗ですべて消費されるまで約2カ月。日本で味わえるイタリアワインの中でも最も「新鮮な」ワインと自負しています。

引用:サイゼリヤホームページより
お得な情報
実は、美味しい100円ワインのイタリアンファミレス
「サイゼリヤ」には、
キャンティを始め高級ワインも置いてある。

是非、「裏メニュー」を依頼して直輸入でお安いイタリアワインを
お楽しみ下さい。

おわりに

おっさん!

今はあの「新型コロナ」がワインより有名になってしまった
イタリアですが、
是非、イタリアワインを楽しんで吹っ飛ばして下さいね!

■もっと趣味を広げたい方は、こちらを参考にしてください。

>>>『趣味がない』のはチャンス!面白いほど趣味がみつかる探し方

なおたん

タイトルとURLをコピーしました