ぬか床で失敗した方へ!かき混ぜないぬか漬けの作り方

ぬか漬けに挑戦して途中でやめた方は少なくありません!

その原因はぬか床を毎日かき混ぜることが面倒だからですよね。

しかし、おいしいぬか漬けをあきらめるのは早いかもしれません。

今話題の新しい方法でぬか漬けが90分で作れてしまうのです。

しかも、ぬかをかき混ぜなくてもいいし、好きな野菜や生ハムなどどんな食材でも使えるのです。

ぬか床の管理が面倒だった方!

ぼくの作った3年目のぬか床。毎日手間がかかります!
ぼくの作った3年目のぬか床。毎日手間がかかります!

ぬか漬けは日本の伝統的な食材だから、乳酸菌もたっぷりとれて健康維持にはとってもいいのです。

しかし、問題はその管理方法です。

毎日、ぬか床を朝晩かき混ぜないと、ぬか床をだめにしてしまうのです。この作業が結構めんどうくさいのです。

最初は興味があるけど、何日も何年もぬか床をかき混ぜるとなると、それは気の遠くなる作業であり、延々と続くおぼうさんの修行のようなものですね・・・

だから、自家製のぬか漬けをつくるのは大変なのです。

では、自家製のぬか漬けは無理なのでしょうか?

あきらめたほうがいいのでしょうか?

ぬか漬けは毎日食べるわけではない?

自家製 キュウリのぬか漬け 一晩かかります!
自家製 キュウリのぬか漬け 一晩かかります!

ぬか漬けを毎日食べるのは、とってもからだにいいのです。

しかし現代では毎日ぬか漬けを食べるというよりは、時々食べたい時に食べるというスタイルが多くなっています。

だからスーパーで100円でキュウリやダイコンのぬか漬けを買ってきて食べるのです。

食べる分だけつくれないものか?

ときどきぬか漬けをおいしく食べられればそれでいいのです。

そんなことできるのでしょうか?

お客さんが来た時に、とっさにぬか漬けを作って出せたらいいですよね!

食べたい時に、すきな野菜でぬか漬けをたべられたらいいですよね!

でも、ぬか床に手を入れたくないし、ハンドクリームを塗った後にぬか漬けを触りたくもない。

だから、ぬか床のないぬか漬けで、さらに食べたい時だけ食べれる方法がいいのです。

そんな方法が実はあったのです!

ぬか床を使わない新しい方法がある

ぬか床を使わないという新しい技術が開発されていたのです。

それも実際のぬか床を乾燥させて作る技術です。難しいことは別として、あっと言う間にぬか漬けが作れるのです。

例えば、漬物を作る時に「浅漬けのもと」などがあって、そこに野菜を入れると浅漬けが完成する商品がありますよね。

その方法によく似ています。

ぬか漬けのもとをビニール袋に入れて、すきな野菜を入れて、90分おけばぬか漬けができるのです。

ぬか漬けの元は、もちろん実際のぬか床から作っているのです。

だから、出来上がりがインスタントのようではなく、本格的なぬか漬けとなるのです。

どこでも、どんな時でも、90分で本格的なぬか漬けが作れるのがいいですよね!

こんな商品です!お試しセットが送料込み1,080円

この商品は「かんたん ぬか美人」といいます。

もちろん失敗はしないし、乳酸菌もしっかり摂れるから、まさに自家製のおいしいぬか漬けを作ったようなものです。

使ってみた82.4%の方がおいしさに満足しています。(2019年6月ブルックス調べ)

この機会にぜひ試してみてください。

今ならお試しセットが、通常1,677円(大袋1袋+個包装3袋で1,327円+送料350円)⇒ 1,080円で試せます。

お得なお試しセットは下記リンクから申し込んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました