居酒屋さん『お酒のテイクアウト販売』が可能に!簡単手続きで期限付免許交付

ゆとりの経済力
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お酒のテイクアウト販売をしたい料飲店の皆さまに朗報です。

新型コロナの影響で経営が大変な料飲店さんには販売のチャンスが広がります。

期間を区切って簡単な手続きで「期限付酒類小売業免許 」を取得することが可能となりました。

通常は、酒類小売り業免許が必要で申請から数か月かかります。しかしこの制度では簡単な手続きで早ければ1週間ほどで免許が交付されます。

以下の3つのポイントをもとに紹介します。

その①:飲料展でお酒のテイクアウト販売が可能
その②:申請手続きについて
その③:お酒のテイクアウトが人気の理由
スポンサーリンク

その①:飲料展でお酒のテイクアウト販売が可能

国税庁酒税課は2020年4月9日「期限付酒類小売業免許 」という新しい取り組みを発表しました。

期限付酒類小売業免許とは?

一般 の酒類小売業免許 とは別 に、新 たに「期限付酒類小売業免許 」を設 け、6カ月の起点付で付与 することを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大の対策として緊急事態宣言が出たことで飲食業界 が大 きな影響 を受けていいます。

この支援措置として国税庁酒税課では飲食店や居酒屋等が簡単な手続きでテイクアウト販売が可能になる特別な免許を付与することにしたのです。

【措置の概要】
〇 料飲店等 が、新型 コロナウイルス感染症 に基因 して、在庫酒類の持 ち帰 り用
販 売 等 により資 金 確 保 を図 るものについて、迅 速 な手 続 で期 限 付 酒 類 小 売
業免許を付与 します。
〇 令和2年6月 30 日(火)までに提出 のあった免許申請書 に限 ります。
〇 免許 には、免許付与 から6か月間 の期限が付 されます。
〇 自治体等 から各種 の要請等 がある場合 、これに従 うことを条件 とします。

引用:国税庁酒税課ホームページ

その②:申請手続きについて

「期限付酒類小売業免許 」の申請方法と書類は以下の通りです。

申請書類は下記の国税庁酒税課のサイトから入手できます。

提出書類等の概要

はじめに(1)の書類で申請して、残り(2)の書類は免許付与後に提出します。

概要は以下の通りです。

令和2年6月 30 日(火)までに提出 のあった免許申請書 に限 ります。

(1) 申請時に提出が必要な書類
・ 酒類販売業免許申請書
・ 申請書 次葉1(販売場の敷地の状況)
・ 申請書 次葉2(建物等の配置図)
・ 住民票写し(法人については法人の登記事項証明書)

(2) 免許付与後に提出する書類
・ 申請書 次葉3(事業の概要)
・ 申請書 次葉6(「酒類の販売管理の方法」に関する取組計画書)
・ 酒類販売業免許の免許要件誓約書
・ 土地、建物、設備等が賃貸借の場合は賃貸借契約書等の写し、その他契約書等の写し
・ 地方税(申請者が法人の場合は、「地方法人特別税」を含む。)の納税証明書
・ その他税務署長が必要と認めた書類

参考:国税庁酒税課の公式ページ

その③:お酒のテイクアウトが人気の理由

今までテイクアウトの販売ができなかった居酒屋や料理店でも簡単な手続きで可能となりました。

この居酒屋さんや料理店のお酒のテイクアウト販売は利用者には好評です。

・いろいろな種類のお酒を選べる
・飲み切りの量が買える
・自宅で飲める
・缶ビールよりテイクアウトの生ビールやクラフトビールがいい。

タイトルとURLをコピーしました