新型コロナでトイレットペーパー『熊本以外でも買い占め』デマで品薄状態

くらぶオフィス
この記事は約2分で読めます。

新型ウイルスの「コロナショック」は各地各方面で
様々な影響が出ています。

自宅にトイレットペーパーが無くなったので
女房にマツキヨに買いに行ってもらいました。

すると在庫がゼロというのです。
いったい何が起きたのでしょうか?

スポンサーリンク

棚からトイレットペーパーが消滅

千葉県なのですが、
コンビニ、ドラッグストア、スーパー等の
棚からトイレットペーパーが消滅。

「10件ほど回ったけど全く無い」

しかし、なんとか400円もするトイレットペーパーを
手に入れてきたようです。

オイルショックを思い出す光景なのです。

スポンサーリンク

原因はデマだったのか

Googleで検索してみるとありました。

熊本県内の小売店でトイレットペーパーの買い占めが相次いでいる。「新型肺炎の影響でトイレットペーパーがなくなる」といった情報がツイッターなどで拡散したため

参考:毎日新聞「トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で」

スポンサーリンク

熊本だけではない

熊本県内の小売店でトイレットペーパーの買い占めが相次いでいるとの情報がありました。

2月27日の情報では熊本だけの現象だったのですが、
今日は千葉県の一部でも同じ状況が見られました。

「新型肺炎の影響でトイレットペーパーがなくなる」といった情報が
ツイッターなどで拡散したためではないかと言われています。

業界では在庫はあるとのコメント

製紙業界団体はその情報を「デマ」と否定しているということです。

国内の製紙業39社が加盟する日本家庭紙工業会(東京)などによると、SNS(会員制交流サイト)上で「マスクとトイレットペーパーの原材料は同じ。マスクの増産に伴って次は紙製品が品薄になる」といったデマが広がったという。

引用:毎日新聞:2020年2月28日 09時44分(最終更新 2月28日 12時51分)より抜粋

在庫の心配はないようなので、
しばらくすると店頭に出てくると思われます。

おわりに

新型コロナウイルスによる影響はいろいろ出ているようです。

学校の一斉休校の問題や株価の下落など
国難ともいえる状況で褪せているように見て撮れます。

ここは冷静な本当の情報を見極めていく必要が
あるようです。

なおたん@くらぶ長

追記:2020年3月1日
ドラッグストア、スーパーには
トイレットペーパーがたくさん
山積みになっていました。

報道によりデマと分かって買い占めは解消しました。

タイトルとURLをコピーしました