メガネはやっぱり「日本製」ですね!長持ちします。

ステキなおしゃれ
この記事は約2分で読めます。

メガネを買う時は予算もあるので
なるべく安くてよいものを
見つけて選びます。

どこのメガネが良くて長持ちするのか
調べていたら見つけたのです。

日本はメガネの
メッカだったことを知ったのです。

そこは
福井県鯖江市で、
メガネの日本ブランドが集まっている場所です。

スポンサーリンク

ものづくりのまち鯖江市のメガネ

鯖江は「さばえ」と呼ぶのです。

鯖江市は
福井県のほぼ中央に位置し
北は福井市
南は越前市に隣接する人口約7万人のまちです。

そして、
日本を代表する物作りのまちなのです。

その中でも今回紹介するのは
メガネです。

そうです、
鯖江市はメガネのまちなのです。

それも
Made in Japan。

メガネフレームのシェア95%

めがねフレーム全国シェアの95パーセントを占めるのが
ここ鯖江なのです。

それも100年以上の歴史を持つ
日本製のフレームです。

どの位品質がいいのか

例えはこんな事例がありました。

西日本にあるメガネの老舗では
(匿名ですいません)
取り扱うフレームは
鯖江で作られた日本製を選んでいるそうです。

例えは、鯖江のフレームは10年使っても
消耗品で経年変化した鼻パットなどを
新品と交換すれば
もう10年は使えるそうです。

鯖江市にある「めがねミュージアム」

メガネの博物館「めがねミュージアム」がありました。
当館の館長様から了承を得て紹介しております。

めがねの博物館、イベントや体験工房、カフェを
供えてるミュージアムです。

「めがねミュージアム」公式サイト
住 所 〒916-0042 福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
開館時間 10:00~19:00
※めがね博物館、体験工房、SabaeSweets、MUSEUM CAFEは17:00まで
定休日 年末年始

おっさん、一生もののメガネを1本

格安のメガネもいいですが

日本製のしっかりとしたフレームは
気品があり長く使えるのです。

まだある貴重なおっさんの人生ですから
自分だけの鯖江の日本製メガネが
おすすめです。

早速一本、本物を手に入れましょう。

おっさんの魅力が一段と
アップされます。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました