メガネフレームの選び方!高品質で定番の日本製

最近のメガネは安いのですが、その分長持ちしないのです。

しっかりしていておしゃれなメガネフレームはないものでしょうか?

実は、日本製でおしゃれなメガネフレームを作っている職人の街があります。

高品質で流行に流されないおしゃれな眞金フレームを見つけてみませんか!

スポンサーリンク

最近の安売りメガネフレームの寿命はどう?

もともと昭和の時代はメガネは5~6万円もするのが一般的でした。

だから品質も良く長く使える定番のものが多かった記憶があります。

ところが、いつからか安く量産されるメガネフレームが売り出され、レンズ付きで1万円・・・

安価なメガネフレームは手軽に買えるから数年に1度は買い換えていました。

眼に合わなくなったレンズを交換しようとすると、むしろレンズごと新しいメガネフレームを買った方が安いとうこともあります。

近年のメガネフレームは、使い捨ての感じさえするこの頃なのです。

日本製のメガネフレームがあった!

永く使えるしっかりとした定番のメガネフレームを探していました。。

どこのメガネが良くて長持ちするのか調べていて見つけたのが福井県の鯖江市で作っているメガネフレーム。

福井県鯖江市がメガネのメッカだったことを知ったのです。

福井県鯖江市はメガネの日本ブランドが集まっている職人の街だったのです。

ものづくりのまち鯖江市のメガネフレーム

鯖江は「さばえ」と呼ぶのです。

鯖江市は福井県のほぼ中央に位置し、北は福井市南は越前市に隣接する人口約7万人の街です。

そして、日本を代表する物作りのまちなのです。その中でも今回紹介するのはメガネです。

メガネフレーム全国のシェア95%

メガネフレームで全国シェアの95パーセントを占めるのが鯖江です。

それも100年以上の歴史を持つ日本製のフレームです。

やっとたどり着いた日本転倒の日本製メガネフレーム。

鯖江のメガネフレームはどの様な品質なのか?

鯖江市の職人たちが作っている伝統的な日本製メガネフレームは、どのような品質なのでしょうか?

例えばこんな事例がありました。

西日本にあるメガネの老舗では(匿名ですいません)取り扱うフレームは鯖江で作られた日本製を選んでいるそうです。

例えは、鯖江のフレームは10年使っても問題なし。

消耗品で経年変化した鼻パットなどを新品と交換すればもう10年は使えると言われています。

メガネフレームの選び方

品質の良いメガネフレームを選ぶには、それなりの素材を使っていることが大切です。

(1)メガネフレームの素材

一般的にメガネフレームの素材には2種類あります。

  • プラスチックフレーム
  • メタルフレーム

プラスチックフレームは全体がプラスチック素材でできています。アセテートという素材が主流で早ければ2年程度の寿命のものもあります。

メリットは多種多様なデザインが可能なこと。しかし、熱に弱く柔軟性が低いデメリットもあります。

メタルフレームは、全体が金属でできています。

メリットはシンプルで丈夫な素材が多くメンテナンス次第では10年以上もつものもあります。

(2)メガネフレームの形状

メガネフレームには3種類の形状があります。

  • スクエア、ウェリントン
  • ハーフリム、アンダーリム
  • リムレス

「スクエア」「ウェリントン」は、定番とも言われる形状でレンズ全体をメガネフレームで覆っています。そのため衝撃にも強く寿命が最も長いメガネフレームのタイプです。

「ハーフリム」「アンダーリム」は、レンズの半分だけメガネフレームで囲うタイプです。そのため落としたり衝撃を与えたりするとレンズを痛めるリスクが高いタイプです。

「リムレス」は別名「ツーポイント」とも言われ、メガネフレームがありません。このタイプはフレームが無いのでおしゃれなデザインが多いのですが、最も衝撃に弱いというリスクがあります。

長持するメガネフレームを選ぶなら定番の「スクエア」「ウェリントン」のタイプがおすすめです。

鯖江市「めがねミュージアム」の館長に聞いてみた!

メガネの博物館「めがねミュージアム」がありました。

その館長さんに問い合わせをしてみました。

「鯖江のメガネフレームは品質では最高ともいえるもので、長年使うことができるので是非おすすめしたい。」

館長さんの了承を得ることができたので、めがね博物館を紹介します。

めがねの博物館、イベントや体験工房、カフェを供えてるミュージアムです。

「めがねミュージアム」
住 所 〒916-0042 福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
開館時間 10:00~19:00
※めがね博物館、体験工房、SabaeSweets、MUSEUM CAFEは17:00まで
定休日 年末年始

まとめ

格安のメガネもいいですが、日本製で品質が良くしっかりとした定番のフレームは気品があり飽きが来なく長く使えると思います。

人生100年時代だからこそ、定番で品質の良い自分だけのメガネフレームを鯖江で見つけてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました