定年後にリフォームしたシステムキッチンはどう?1年目の感想

定年後にシステムキッチンをリフォームするのはどうなのでしょうか?

決意して行ったキッチンのリフォームから1年が経過。

本記事では

  • 定年後のリフォーム
  • システムキッチンを新しくする
  • リフォーム1年目の効果と感想

について紹介します。

スポンサーリンク

定年後のリフォーム

定年退職をすると今までなかなかできなかったお家のリフォームを考えるのではないでしょうか?

老後は長いので、60代のなるべく体力も預金も残っているうちにリフォームをしようと思うのは誰しも同じですよね。

持ち家ならばリフォームで対象となるのが水回り、家の外装などが挙げられます。

特に水回りで多いのが「システムキッチン」「お風呂」「トイレ」です。今回(1年前)行ったのは「キッチン」のリフォームです。

30年間使ってきたキッチンは、引き出しが壊れ、水道の蛇口レバーは、下げると水が出るという震災前のタイプ。

30年間使ったキッチン
古いタイプで、レバーを下げると水が出る。
古いタイプで、レバーを下げると水が出る。

新しいのは上から何かが落下して水栓レバーに落ちても水が出ないように、下げると止まる様になっています。

とはいえ、故障一つなく30年間よく働いてくれました。感謝です!

長年、新しくしたとという奥様の要望により、キッチンをリフォームをすることにしました。予算はなけなしの退職金から「100万円」を上限としました。最後の預金か・・・

システムキッチンを新しくする

システムキッチンをリフォームすることが決まると、奥様はさっそく「ニトリ」へ調査に行きました。

お値段以上ということで、熱が入りいろいろ調べたようです。最終的に奥様が提案したのがこんなシステムキッチンと見積りです。

リフォームが完成したシステムキッチン
リフォームが完成したシステムキッチン

このシステムキッチンはニトリの「セレクトプラン:幅2700mm」は価格が税込で369,000円です。

水道水の蛇口は、浄水器のついているシャワー水栓です。

浄水器付きシャワー水栓 INAX製
浄水器付きシャワー水栓 INAX製

どうも奥さんたちの井戸端会議の口コミで、このタイプをどうしても使いたいということで決定。

ぼくは、浄水なんて贅沢だから要らないといったのですが、ご飯も美味しくなるし、お酒もおいしくなるし、お水がなにしろ美味しくなるというのです。

このタイプを調べると、フィルターが半年で8千円で交換するので、また、お金かかるな・・・とちょっと渋っていました。

でも、奥様はそんなことは全く気にしていないのです。

工事費はキッチンの照明等の電気工事も含め約40万円(古いキッチンの廃棄を含む)で見積りは約80万円で予算100万円以内でおさまりました。工事は2日間で終わりました。

リフォームの工事が終わり、新しいしシステムキッチンができました。

リフォーム1年目の効果と感想

新しいシステムキッチンをしばらくいろいろ試しながらチェックしてみました。するとこんなところが30年前のキッチンとは違い、進化していました。

シンクの高さがやけに目に近いのです。だから洗い物をするときに腰を曲げなくてもいいので楽です。むかしのタイプは洗い場の高さが低いのです。コンロも同じく低く感じます。

観音開きと引き出しタイプ ゴキブリも入り込みやすい
観音開きと引き出しタイプ ゴキブリも入り込みやすい

新しいタイプは、高さが高く手元でできるので、少しでも腰を曲げなくてもいいのです。水道の位置を比べると、どれだけ高くなったかが比較できますね!

古い方は、小さな引き出しが縦に4つありますが、実際に使っていたのは一番上だけ。下の3つは使わないものが入っていて普通は使わないものでした。引きだしが小さいのでナベやフライパン、食器などは入りません。

シンクやコンロの高さが高くなった。腰を曲げなくてもOK
シンクやコンロの高さが高くなった。腰を曲げなくてもOK

新しい方は、なにより収納スペースが大きく、大型の鍋、鉄鍋、フライパン、調味料、ザルなどたっぷりと入ってしまうのです。まだ、スペースはたっぷり空いています。

新しいキッチンの収納は、大きな引き出しがで7つですが、古いのは小さな引き出しが4つと観音開きのシンク下の収納です。特に古い方のシンク下の収納は、床に膝まついて奥まで手をのばさないと物がとれません。

でも新しい方は、引き出しなので立ったまま上からいろいろなものをとり出せます。膝が痛くなる老後には、とっても楽になることは間違いないです。

大型の引き出し収納に大きな鍋やフライパンなどが入る。ゴキブリはシャットアウト
大型の引き出し収納に大きな鍋やフライパンなどが入る。ゴキブリはシャットアウト

古いタイプは観音扉タイプの収納でしたが、新しいのは大型記引き出しタイプだから、奥に収納しても楽に取り出せます。さらにゴキブリなどが入り込めないようにすき間がありません。

そして、取り付けてよかったのが「浄水器付きシャワー水栓」です。理由は、奥様達の口コミ通り選んでよかったことです。

それは、ご飯、お茶、お水がとっても美味しくなったことです。ご飯などは炊きあがりの香りともちもち感が水道水をそのまま使った時とは違います。

フィルターが半年で8,000円と高価なのがネックだと思っていました。でも実際に使い始めると、浄水ばかり使うようになりました。水道水をそのまま使うのは、食後の洗い物だけです。

野菜も料理にも浄水を使っているので、フィルターも半年で不純物やコケ、水道管の錆び、ゴミなどで結構汚れました。こんな感じです。

浄水フィルター 上が新品 下が半年使ったもの
浄水フィルター 上が新品 下が半年使ったもの

これを見たら、浄水フィルターは半年に1回は交換することにしました。そこで年2回の定期購入を申し込みました。

新しいしシステムキッチンにして良かったのは、体が楽になり、動線が研究されていることから家事が楽になったというのが本音です。

悩んだけどリフォームしてよかったです。

キッチンのリフォームは100万円近くかかるので、ずっとどうするか悩んできました。ここままお金をかけずに老後も使い続けるか?、毎日使うのでお金をかけてもリフォームするか?

でもリフォームしてよかったです。毎日が新しいキッチンで家事をするのでやる気も出るし、なにしろとっても便利だし、老後の家事の体への負担も楽になるとおもいます。

キッチンのリフォームはおすすめします!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

本記事では、定年後のリフォーム、システムキッチンを新しくする、リフォーム1年目の効果と感想、について紹介しました。

新しいシステムキッチンは、使い勝手が進化していました。体の負担が少なくなり、家事がしやすい動線が研究されています。

おまけに、お水も美味しくなりました。リフォームしないで浄水をたっぷり使うならこんな浄水サーバーもあります。参考まで。

水道水を浄水するサーバー:ウォータースタンド
タイトルとURLをコピーしました