誕生日から今日は何日目?100才まであと何日?

この記事は約3分で読めます。

生れてから今日まで、いったい何日くらい生きてきたのでしょうか?

また、人生100年時代ですが、100才まであと何日あるのでしょうか・・・

残り少ない人生は受け入れるのですが、念のため、勇気を出してこれからの残り日数を数えてみました。

ちょっと怖いです・・・

スポンサーリンク

生れてから今日まで何日生きてきたの?

日数を計算できるサイトがあります。あの計算機を作ったカシオさんのサイトです。

〜まであと何日? – 高精度計算サイト」と言うサイトです。👈検索すると出てきます!

ここに生まれた日を入れると、今日までの日数が計算されて表示されます。

ぼくの場合は、24、***日でした!

2万4千日を生きてきたということですよね・・・

幼稚園も、小学校も中学校、高校、大学、就職、結婚、子供の誕生、定年・・・・

この流れが2万4千日にぜ~んぶ、入っているのです。

どの1日が欠けても、今日はなかったということなので、これは奇跡ですよね!

2万4千日の繰り返しのなかで、命を今日までつないできたのだから、すごいなと感じるのです。

100才まで何日あるの?

では、どうなるか先のことは分かりません。あすコロナに撃沈されるかもしれないし、とちゅで病に倒れるかもしれない。

予想以上に100才を超えることも否定はできませんね。

これは神様だけしかわからないのです、だぶん・・・

もし今日から100才の誕生日を無事に迎えることができたなら、そこまで何日あるのでしょう?

さっそく計算してみました。

すると、「あと、12、***日です」1万2千日が残っているということです。

これは、今まで生きた来た日数の約半分ですから、相当ながい人生がまっていることになります!

どうしましょう・・・

80才まで何日あるの?

では、100才まで生きる可能性は、どうかわかりません。

でも、80才ならなんとか到達する可能性は大きくなります。

早速計算してみます。

すると「あと、5,***日」とかなり残りのに数が減ってきました!

あと5千日程度で、なんとか到達できるかもしれない80才です。

70才まで何日あるの?

では、ちょっと早めにこの世をリタイアしたとすれば、70才も決して不思議ではありません。

さっそく計算してみます。

すると「あと、1,5**」日です!

1,500日台になってしまします。

すぐそこですよね。。。

これは、決して可能性が低いわけではないですね。

一番、ありえそうな残日数・・・

今日まで、そして明日から・・・

いつしか聞いたことのある言葉です。

今日まで2万4千日、そして明日から100才まで1万2千日。

日記の片隅に、100才まであと何日!と書くことにしました。

残りのカウントダウンを見れば、また新しいことにチャレンジできそうだから。

ちなみに70才までは、1,500日あるので何か目標が作れそうです。

ブログの記事は、現在3年目で2,100記事を通過中、これから1日1記事書くと70才まで合計3,600記事になるのです。これは、すごいな~

でも、この世から消えたら、一気にデリートでなくなってしまうのかもしれません。

どちらにしても、目標が具体的になりそうです^^

きょうまで、そして明日から・・・

タイトルとURLをコピーしました