60才代「太め男性」夏のファッション! 涼しく、おしゃれに!

この記事は約3分で読めます。

60才代のシニア世代にちょうど良い夏のメンズカジュアルはどんなのがいい?

少し太り気味なので「体型をカバーできるカッコいいコーディネート」を知りたいですよね。

この記事では

・60代が着る夏のサイズとカラー
・60代にピッタリの夏の素材
・60代におしゃれなデザイン」

を紹介します。

大きい顔、太く短めの首、突き出たお腹や大きいお尻、

そして太く短い足などの特徴を、

「おしゃれで」「かっこよく」見せるポイントがわかります。

今年は暑い夏となりそうなので、

60代はゆとりのある涼しくおしゃれな「おっさん、ファッション」で過ごしましょう!

スポンサーリンク

60代が着る夏のサイズとカラー

60代でちょっと太めのおっさんには、すこしゆとりのあるサイズがお似合いです。

ポイントは「ダボダボ感のない、ゆったり目サイズ」です。

注意点は、ゆったりでも「ダボダボ感」がないことです。

ダボダボ感こそが、「太ったおっさん」のイメージになってしまします。

太った胴回りや突き出たおなかを、まずは「体型隠し」をすることです。

見た目がオシャレでかっこよくなります。

楽な着心地で、自然な立ち振る舞いができるようになります。

きつくておなかをへっこませる必要もありません。

選ぶカラーは、濃いめの色を選ぶと、キュッと引き締まってみえます。

危険なのは、白系などの「膨張色」を太ったおっさんが着ると、

さらに太った体形を増幅させてしまします。

小太りの体型には白や淡いピンクの「膨張色」はタブーだといわれています。

気を付けて選びましょう。

60代にピッタリの夏の素材

夏の暑さから、どうしても快適性が必要になります。

選ぶ3つのポイントは

「吸汗速乾性に優れている」
「さらりとしている」
「着心地のよい快適なもの」

です。

涼しさを感じる生地の特徴

通気性や吸湿性、速乾性に優れていることがポイントです。

汗をかいても素早く吸い取り、乾かしてくれる働きが期待できます。

代表的な素材には、リネン(麻)、コットン(綿)ですが、

ポリエステルも汗の速乾性があり、スポーツウエアなどでも取り入れています。

軽くて、すぐに乾くので、着やすいです。

特に汗をかく方にはおすすめです。

60代におしゃれなデザイン

フォーマルではないので、夏はゆったりしたデザインがおっさん向けです。

「ビッグシルエットなデザイン」
「楽な着心地」
「ゆったりとしたカジュアルデザイン」

このポイントで、太った体型を隠し、楽な着心地になります。

おしゃれでかっこよく体形をカバーできます。

夏は、おっさんがイキイキとおしゃれになれるシーズンです。

ここでは、Amazonで売っているアロハを参考にしましたが、

ユニクロなどでもゆったり目のサイズがあるので、探してみてください。

まとめ

ここまで「60代太め男性の夏のファッション! 涼しく、おしゃれに!」をし紹介しました。

太った体形をカバーする「デザイン」「素材」「サイズ」等のポイントをもとに、自分にフィットしたファッションを選んでください。

タイトルとURLをコピーしました