インスタントコーヒーとジャムのフタを間違えた?65才のショック!

悲しいことに老化現象を受け入れる時が来たのかもしれません!

年を重ねるとそれまで普通にできていたことがミスしたり遅くなったりします。

ちょうど60代半ばは、そんなことが起き始める時期なのかもしれません。

スポンサーリンク

インスタントコーヒーのフタとジャムのフタを間違えた?

朝食の支度が終わりようやく嘱託に奥様と食べ始めました。

朝ドラが新しく始まったので見入ってしまいました。

食事が後半になりコーヒーのビンにフタを閉めようとして、なかなか閉まらないのですが調整したらなんとか閉まったのです。

それから食事も終わり片付けようとしたら奥様が大笑いしているのです!

よく見たらインスタントコーヒーのビンのフタがジャムのフタだったのです。

それもカラフルなジャムのフタがブラックのデザインのビンにしっかりとくっついていたのです。

見るからに違和感のあるインスタントコーヒーのビンのフタは、おかしくて大笑いになりました。

こんなことは今までなかったのですが・・・

65才もあとわずかで卒業。

そこでのミスは少しショックなのです・・

これはとうとう来てしまったのか?

これは認知症の前触れなのか???

とうとうその時がやって来たのでしょうか?

わが家ではジャムやコーヒーの美しい空き瓶はキレイに洗ってから再利用しています。

だからジャムのビンには岩塩、オリーブオイル、ジャム、きな粉・・・など様々なもの入っていて食卓に並びます。

だから無意識にジャムのビンのフタをインスタントコーヒーのビンに使ってしまったのでしょう。

年を取るのは自然のこと・・・

年を取るのは自然のことですから、ミスや歩くのが遅くなったり、食べるのが遅くなったりするのです。

これから先、さらに老化が進むと機能も低下していくと思います。

昨日自動車運転免許の更新に行ってきました。

66才での更新ですらから次は71才です。

次は71才? 

そう思った時にこんなに年を取ってしまったのか!

と改めて運転免許証の写真を見て自覚したというか気が付いたのです。

年を取ることは受け入れて、できることから体を健康に維持することが大切ですね!

人生もターニングポイントを過ぎてからは早いものです。

残された時間を思いっきり楽しく過ごし、悔いが残らないように出来るうちのやりましょう!

タイトルとURLをコピーしました