「午後3時のジュース」はおいしい!身も心もシャッキっとする

この記事は約3分で読めます。

おっさんになると、どうも夜中に目が覚めることがおおくなるのです。

そして、「もう朝かな・・・」と時計に手をやると、

まだ「0:30分!」今日になったばかりか・・

そこから寝ようにも眠れない。

それもそのはず、「ニュースウォッチ9」を見ているうちにねてしまったのだから・・・

スポンサーリンク

ラジオ深夜便のスイッチを入れた!

昭和の香りがするポータブルラジオ
昭和の香りがするポータブルラジオ

モゾモゾしていても、眠れない。

そこで年を重ねた年代の超人気深夜放送!「ラジオ深夜便」を聴くのです・・・

昭和の時代よく聞いた「オールナイトニッポン」「セイヤング」などを聴いてきた世代なので、つい深夜放送のラジオが懐かしくなるのです。

島倉千代子、加山雄三、70年代のヒット曲などが、流れてきて、いつの間にか午前4時に。

すると、とても人生に参考になる「お話」が流れてくるので、聞き入ってしまうと、午前5時のニュースになり、半ば、もうろうとして朝を迎えるのです。

どうも老人らしくない、夜更かしの癖がついてしまったのか・・・

午後3時のジュースで生き返る

そんなわけで、ブログの記事を午前中書いていると、昼頃は「うとうと」としてくるのです。

気が付くと、口からよだれがちょっと出て、目が覚めるのです。

まだ、もうろうとしているのですが、ここで子供からもらった秘蔵のマシン「ボトル・ブレンダー」を出して作るのです。

それが、フルーツを使った「フレッシュ・ジュース」です。

この様な「ギリシャのフレッシュジュース」のような、おいしいものを目指します。

こんなジュースを作りたいのです・・・
こんなジュースを作りたいのです・・・

午後3時のジュースの作り方

今回の材料は、冷蔵庫に残っているフルーツなら何でもOK。

りんごをカット
りんごをカット

りんごは、赤い皮のままで使います。

赤い皮には「ポリフェノール」が含まれていて、身体によいからです。

1人200mlのジュースなら、りんご100g、キウイ100gがちょうどよい分量です。

キウイをカット
キウイをカット

フルーツをカットしたら、ブレンダーのボトルに入れます。

フルーツの他にも、まだ入れます。

ボトル・ブレンダーに投下。おいしい水を半分入れます。
ボトル・ブレンダーに投下 おいしい水を半分入れます。

次は、浄水でカルキを取り除いた、おいしい水を汲みます。

実は、この水がまずいと、「午後のジュースは台無し」となるので、大切な工程です。

きれいなおいしい水を汲んだら、おいしい水で作った氷で冷やします。

ある程度、水が冷えたら、ブレンダーに投下します。

ブレンダーは、400mlなので、100ml程度の水ですね。

さらに、元気がもりもり出るように、はちみつをたっぷりと入れます。

でも、入れ過ぎは要注意です。

フルーツの甘さが、消えるので、ほどほどい加えます。

元気が出るように、はちみつを入れます
元気が出るように、はちみつを入れます

そして、一気にブレンダーのスイッチを入れて、ジュースにします。

フルーツは、粉々になり、そのうちに粒粒が少し残っている、フレッシュジュースが完成です。

フルーツは、りんごは皮のままいれます。

あの赤い皮には「ポリフェノール」が含まれていて、身体にとても良いのです。

でも、キウイの皮を入れてはいけません。

冷え冷えのフレッシュ・ジュースが完成です。

こうして、約10分もかからずに、フレッシュ・ジュース「午後3時のおいしいジュース」ができました。

頭も目も心もスキッとします!

天然の素材だけで作った、紛れもなりピュアなフレッシュ・ジュースは、身体が目覚めます。

今朝がたまで聴いた「ラジオ深夜便」でもうろうとした頭が、スッキリとします。

程よく冷たいので、気分のスキッとして気持ちいい!

これで、やっと目が覚めました。

また、ブログのつづきを書きはじめるのです。

タイトルとURLをコピーしました