まだセミがないているのか?難聴で耳鳴りの付合い方

魅力的な体
この記事は約5分で読めます。

夏も終わりセミが消えたのに、今日もセミがジージーと鳴いています。

これは、60才の初めに突発性難聴になった後遺症なのですが、うまく付き合っています。

年を重ねた勲章だと体に感謝しています。

スポンサーリンク

難聴で耳鳴り。医者はストレスだと言う

60才でめでたく定年退職をして、さらに会社に残ることを提案されたので「ハイ!」と言った。

そして始まった「再雇用」というか「雇用延長」というか「日雇い」、あるいは「アルバイト」など、よくわからない仕事なのです。

日本では、本人の希望があれば定年退職後も65才までは、その会社が働くことを受けれなくてはなりません。

定年延長ならまだいいのですが、いったん定年退職してから「年契約更新」で働くのです。

そして与えられた職場は、若者の多いところで、いっしょにやるのです。

これは面白い反面、地獄でもあります。

小っちゃな文字が並んでいるPCを1日見つめていることも。

体は楽なのですが、目がついていかない。

1年半でやめると言ったら「別のところがあるから是非!」と言ってくれたのです。

では、そこまで会社も頑張ってくれたので「ハイ!」の一言で承諾したのです。

そこは、出版関係で、本を何十万部も出版して販売する部署。

営業ということで得意中の得意なのです。

しかし、「本は重い!」車に100㎏近く積んで営業するのですが、体力がない。

でも、面白いので全国を回っていました。

スポンサーリンク

突発性難聴との遭遇

そして、ついに「ストレス」からかもしれません。

出張先のビジネスホテルで朝起きたら突然耳が「ジ~ん」と言ってなかなか聞こえないのです。

営業を中止してもどり、医者へ行きました。

「さいきんどうですか?」と一言。

「こんな具合です」と説明。

検査がいろいろ始まり、結果は突発性難聴。

メニエル病ではなかった。

「若いといろいろ、ストレスもあるよ!」というのです。

先生、どこがが若いのですか!

どうもストレスからきたようで、ステロイドなどの薬をもらって2週間でよくなったのです。

それから、また3カ月後に「再発」です。

ドクターは「またきたね!」ニコニコと処方してくれました。

「治らないこともあるし、治ることもある」といろいろ説明してくれました。

3度目でギブアップ!

そして2度目も、ほぼ良くなったとはいえ、少し耳鳴りが残りました。

仕事はそれから1年で退職したのです。

やっと、ゆっくりと暮らせることになりました。

そして、ブログを始めたのですが、これにも入れ込んでしまい、3度目の耳鳴りに遭遇したのです。

ここからは、もうあきらめて付合うことにしました。

自業自得というのでしょうか・・・

突発性難聴はストレスが原因?

突発性難聴は、ある日突然、片側の耳の聞こえが悪くなる疾患です。

特に、40代~60代に多く発症率は約3千人に1人と推定されています。

発症した月日がはっきりわかるのが特徴だそうです。

難聴が進行したり、日によって聞こえの程度が変ったりしないとのことです。

約3割の人にはめまいが起こ りますがその時だけで繰りかえすことな無いようです。

 ストレスや過労が発症の誘因になることが多いため、1日も早く入院して安静治療を行うことが望ましく、できれば1週間以内、遅くとも2週間以内の治療開始が必要です。 適切に治療すれば、患者さんの3分の1は完治し、3分の1は難聴や耳鳴りが残るものの症状は軽くなり、あとの3分の1は残念ながら治りません。

引用:すぐに役立つ暮らしの健康情報:メディカル・ライフ教育出版

突発性難聴は「聴力の回復は非常に困難」なのです。

ということで、回復はあきらめてうまく付き合うことにしました。

耳が聞こえないと、いろいろ考える

さて、セミが年中鳴いている真夏の世界にいるようですが、耳鳴りは少し落ち着いてきました。

でも、よく聞こえるのは「右の耳」だけなのです。

女房がいろいろ言っても「都合のいいことしか聞こえない」^^

これは、うれしいことです。

今までの人生では「やりすぎ」「没頭しすぎ」「徹底的にやる」という性格が、ストレスを生んだようです。

なので、これからは「てきとう」「ずぼら」「きこえない!」という3つの生き方で、のんびりと生きることにしました。

おもしろい「勝手な手話」をつくる

女房の話が遠くからは聞こえづらいので、生返事をすると「なに、聞いてんの!」と言われます。

そこで、相手に良く伝わる「視力」を使った「かってな手話」を開発したのです。

指を3本立てて、そのあとに「目」に持っていくしぐさは「3度目」だとか、腕で大きく2回転の輪を書いて外に払いのけるのは、台風だとか・・・

このしぐさは、女房に大うけです。

心配するどころか「もっと、面白いのやってよ!」という始末。

見世物ではないのですが、夫婦の間に笑いが絶えなくなり、面白くなりました。

本格的に「手話」を学んでおくか、という結論になりました。

手話のスキルさえ持っていれば、目が見える限り、コミュニケーションはかのうです。

いまから、始めるこおとにしました^^

おわりに

人生60年半ばになり、ようやく人の痛みがすこし分かるような気がしてきました。

自分の体が、だんだんゆうことが効かなくなることで感じるのです。

それも、面白さにかえることができると怖さもどこかにふっとんでしまします。

これから使おうかと思っている高齢者が遠くからでも聞こえるスピーカーです。

早稲田大学の先生たちが協力して作ったようです↓

最近テレビが聴こえづらいとお悩みの方へ

タイトルとURLをコピーしました