バタークリームのケーキが食べたい!昭和の懐かしいあの味はどこに?

年を取ったせいでしょうか?

冬になると思い出すのが、子供のころ食べた昭和時代のバタークリームでつくったデコレーションケーキです。

ほとんどフレッシュクリームになってしまった最近のケーキ・・・

バタークリームは一味違った特徴がありました。

本記事では

  • 昭和のバタークリームケーキ
  • バタークリームケーキの特徴
  • どこに売っているのか?

を紹介します。

小さいころの記憶をたどって書いてみました。

昭和のバタークリームのケーキ

60代のぼくたちがデコレーションケーキを思い出すときに頭に浮かぶのは「バタークリームのケーキ」ではないでしょうか?

お誕生日のデコレーションケーキ、クリスマスのデコレーションケーキのほとんどはバタークリームのケーキだったと記憶しています。

探してみるとかろうじてAmazonにありました。Googleで検索すると懐かしい感じのバタークリームのケーキを見かけます。

写真が無いのでAmazonからご紹介します。

なんとなくバタークリームのケーキの記憶がよみがえってきます。

バタークリームケーキの特徴

今の主流は下の写真のような生クリームのケーキです。

やわらかい、さわやかな生クリームが特徴で美味しいですよね!

生クリームのケーキ

といころが昭和時代のバタークリームのケーキは少しちがいます。

ホールケーキには、トッピングがバラの花など芸術的なものが多くのっていました。ピンクや黄色などパステルカラーのバタークリームで作られたものがたくさんのっていました。

この飾りは翌日になると少し硬くなるのが特徴で、ポロリと下の生地までくっついてくるような記憶があるのです。

この硬さこそ、翌日の楽しみだったのです。

クリスマスケーキでは、赤色のチェリーやオレンジ色のジャムのような飾り、緑色のツリーのお菓子に赤い実がついたオブジェが飾られているのです。

そして銀色の仁丹のような粒がパラパラとクリームの上で光っているのです。

バラの花の飾りではないな・・・

色とりどりのロウソクと砂糖で出来た硬いサンタクロース、とチョコレートのプレート。

どこに売っているのか?

昭和時代のバタークリームのケーキはどこに売っているのでしょうか?

食べたくて探しています。もちろん最初にご紹介したAmazonでは冷凍で通販していますから、ここで買うことができます。

なぜかとっても食べたい昭和時代のバタークリームケーキを今でも探しているのです!

町のケーキ屋さんでも見つかる可能性もあるかもしれませんね~

クリスマスの夜、父が買ってきたバタークリームのケーキが箱にはいっていて、透明の窓から少し見えるのがなんともうれしかった。

そして、半分食べて、翌日にまた半分を食べるのですが、クリームが硬くなったところをフォークで刺して食べるのが楽しみだった昭和30年代の時代。

また、復刻版でも出ないのでしょうか・・・・

タイトルとURLをコピーしました