50代からでも英会話がペラペラ!上達する3つのポイント

おしゃれな会話力
この記事は約7分で読めます。

50代だけど英語が話せるようになりたい。英語は高校以来やっていないけど話せるようになるのでしょうか?

英会話は子供のころから始めないと無理という意見も確かにあります。しかし、本当に50代からでは難しいのでしょうか?

結果から言うと話せるようになります。

筆者が50代から始めてペラペラ日常会話ができるようになった経緯をもとに以下の3つのポイントからその方法をご紹介します。

その①:50代から英会話がペラペラになった
その②:英会話は50代からでも大丈夫か?
その③:英会話が上達する簡単な3つの方法

その①:50代から英会話がペラペラになった

53才の8月に始めた英会話はどきどきの挑戦でした。はたして50代で英語がペラペラと話せるようになるのか?

自ら人体実験するような気持でスタートしました。始めた理由は次のようなことです。

当時は現役で仕事をしていました。人事異動で外国人がいる部署になるというのです。仕事だから行くしかありません。聞くところによると英語で話すことが必要というのです。それが53才の8月です。

週1回英会話のレッスンを30分だけ受けることになりました。講師はアメリカのカリフォルニアから日本に仕事で来ていた外国人です。

53才、初めて英語の挨拶が通じた

最初はあいさつしかできませんでした。「グッド・モーニング」程度です。すると講師は簡単な英語で返事をくれたのです。

ようは「通じた」のです。

53才になって生まれて初めて目の前にいる外国人に「グッド・モーニング」が通じたのです。

ものすごく感激し嬉しくなったのです。

「よし、話したことが通じるから、やってみよう!」とモチベーションが上がりました。

それからいよいよ州1回30分の英会話のレッスンがスタートしました。

外国人講師の手作りの会話用資料
外国人講師の手作りの会話用資料

半年後には職場の賀詞交歓会で新年のあいさつを担当することになりました。ここで初めての公開キモ試しです。簡単な英語であいさつしたので会社内で有名になりました。

1年後にはキモ試しのつもりで50代のスピーチコンテストに自ら参加しました。

結果は惨憺たるものでしたが外国人審査員にジョークが通じたことで自信が付きました。

その後、だんだん英会話が普通にできるようになり、とうとう57才になった時に海外拠点の担当になり3年間従事してきました。

60才でリタイアするまで週1回30分のレッスンは約7年間200回を超えました。

夢のような話しですが、事実です。

50代で覚えた英語は今でも現役

リタイアした今もテレビでアメリカのトランプ大統領や補佐官などのスピーチや、東南アジアの英語や中東の英語ニュース、あるいはWHOのテドロス事務総長の英語等は殆ど理解できるし現役は続いています。

たまにテレビに向かって話しかけて楽しんでいます。

海外旅行に行った時や訪日観光で来られた方の対応もできます。

*2020年5月現在は残念ですが新型コロナ対策で海外渡航自粛や来日外国人減少です。でもメールやZoom等ではやり取りをしています。

英語で話すことに興味があれば日常会話で交流を深めることは無理なくできるようになります。

その②:英会話は50代からでも大丈夫か?

英会話を流暢に難しい単語を並べてペラペラと話すことが目的ではありません。また大学の受験をするような勉強ではありません。

簡単な言い回しで簡単な単語を使て自分の考えを英語で表現すればいいことです。

もっと大切なことは、「自分は何を相手に伝えたいのかを明確にする」練習が大切だということです。

具体的には5W1H「いつ、だれが、どこで、なにを、どの様に」を明確にすると英語が話せるようになります。

それを英語に置き換える訓練をして自然にできてくればペラペラと話せるようになっています。

英語で話すのは50代からでも問題は無し。

53才になって「さっき会った人の名前がおもいだせない!」という頭です。

でも「53才から習った英語は全て覚えている」ことが不思議なのです。

人間の脳は何才になっても成長することが知られています。言語能力もその通りで何才からでも可能なのです。

興味や好奇心と感動があると成長するのです。

筆者は英会話ができるようになると自信がついて、その後韓国語の読み書き会話ができました。さらに発展し、イタリア語、フランス語、ロシア語など興味があり学んでます。

では、50代から始めるためにはどんなことが必要なのかを紹介します。

その③:英会話が上達する簡単な3つの方法

私が53才から始めたポイントを紹介します。

TOEIC、TOFL講師のアドバイス、もと英会話スクールの講師のアドバイスそして英会話を教えてくれたアメリカの講師のアドバイスをまとめると以下の3つになります。

(1)英語をとにかく毎日聴く
(2)外国人と楽しく短時間でもいいから話す
(3)毎日新し英語と接する

(1)英語をとにかく毎日聴く

耳を慣らすということから私は毎日ウォークマンにあらゆる英語を録音して聴きました。1日に最低4時間は聴きます。

英語は時間との戦いですから、時間をどれだけ費やすかで決まります。

面白い体験を紹介します。

英会話開始早々にTOEICのCDを聴きました。最初は何を言っているのか全く理解できません。

1カ月聴いても2カ月聴いても英語が何をいっているのかポつんポつんとしか単語が理解できないのです。

そして3か月が過ぎたころレッスンで外国人講師と30分会話した直後にCDを聴いたらなんとゆっくりと話している内容が聞こえてくるのです。

スピードがゆっくりと聞こえるようになったことが新し発見です。

それから3か月後になると会話のレッスンに効果も相乗的になり、CDからの会話がほぼ理解できるようになっていました。

1年が過ぎる頃突然口から英語がペラペラと出ていることに驚いたのです。

さらに異変が起きます。

中学‣高校で習った単語(いやいや受験でやらされた単語)が泉のように湧き出てくるのです。どこにこの単語がしまってあったのか。驚く体験でした。

講師に聞くと「ブレークスルー」と言ってある程度トレーニングするとある日に突然外国語が聞こえて会話ができるようになるということがわかりました。

毎日の積み重ねが必要なのです。

(2)外国人と話す

リアルな外国人を目の前にして話す効果以上のものはありません。外国人が英語を話すときに口を動かします。知らず知らずの内に外国人が英語を話すときにその口を見つめていたことに気付きます。

口の動きから外国人が話す言葉と発音とアクセントを身体で聴いていたのです。だから、外国人と同じ発音になってくるのです。

さらに、一晩かけて話す内容を考えてからレッスンに望むと外国人講師は「ストレンジ!」とか言ってその言い方はおかしいと教えてくれます。

外国人と実際に週1回でもいいから話すことは大切なことです。

(3)毎日新しい英語と接する

英語は毎日新しことに触れると上達が早いです。私が利用していたのはメールで毎日外国人が送ってくる今日の出来事です。

日常のことや料理や旅行、趣味や生活などのエピソードを5分で読める内容で簡単な単語を使って送ってくれます。

80%はすぐ分かる内容ですが、ポイントは1つか2つの新し単語が紛れ込んでいます。すると「そうか!こう言うのか」と新しい発見があり、翌日から英会話に使えるのです。すべてが今使われている内容だから新鮮なのです。

そのメールを毎日ノートに書き写すとライティングの練習になり会話にも生かせます。そして登録するだけで無料なのでおすすめです。

それは「じゃれマガ」といいます。英語の講師から教えてもらいました。

じゃれマガのサイト

外国人と話す機会

新型コロナ対策により3つの「密」を避けなけらばなりません。英会話は3密だから別の方法で行うことに当面はなります。

最近よく使われているのがオンライン英会話ですね。リアルな外国人と話すのが最も効果的なのですが、それが難しい時はオンライン英会話を利用することも効果があります。

筆者は外国人の友人と電話で週1回話すだけで代用しています。無料です!

オンライン英会話はいろいろあるので探してみるといいです。

スカイプを使ったりすると登録や設定が大変なのでスマホでも簡単にできて超安く安心な学研のオンライン英会話がいいです。

さらに小学生から大人までのラインナップがあるので家族みんなで使えるのがメリットです。調べてみるといいです。サイトをリンクします。

クラウティ

まとめ

英会話は50代からでも無理なく楽しく始めることができます。そして、必ずペラペラと会話できるようになります。

条件は一つだけ「興味があって、ペラペラと話したい」これだけです。

1年後には英語をペラペラと話しているあなたがいるはずです。

タイトルとURLをコピーしました