『途切れない会話力』No1ホストに学ぶ満足の流儀

おしゃれな会話力
この記事は約4分で読めます。

高度な会話力が求められる仕事に
ホストがあります。

どの様な場面でも会話が途切れることなく、
しかも女性が満足する会話力が必要とされます。

会話でサービスすることはビジネスにも
通じるところがあります。

No1のホストがどの様に会話を
進めているのか、
そしてポイントは何かを学びます。

おっさんがモテるためには、
会話力のカベを超えて
ステキな魅力的な会話ができる
おじ様になることです。

スポンサーリンク

No1ホストが大切にする「途切れない会話」

大事なお客様が満足するからこそ
指名が多く
No1ホストになったのです。

そこには並々ならぬ努力の末に
つかんだ流儀がありました。

歌舞伎町の元No1ホストで
15年間もトップに君臨してきたのが信長氏。

信長氏の著書
「№1ホストが明かす心に残る話し方」では
ビジネス社会にも広く応用できる
会話力の方法が紹介されています。

売れれば1億円ともいわれるホストの世界。
どの様に満足させる会話力を
鍛えているのでしょうか?

スポンサーリンク

信用を得る事から始まる

「イケメンでカッコいい」
だからNo1になるのではなく、
重要なのは「信用」だといいます。

心のこもった会話で、信用と誠実の評価をもらう

そしてお客様に「信用」と「誠実」の評価を貰うには「心のこもった会話」が必要だと述べています。

では心のこもった会話とはどのようにするのでしょうか。

第一条件は「自分から話さないこと」

人は自分の話を聞いてほしい。
他人の話を聞きたいわけではない。

人間はだれしも自分の話を聞いてほしいのであって、
他人の話を
聞きたいわけではないのです。

大変大切な言葉ですね。

ホストは自分から話さないといけないと
思い込んでいることが
あるようです。

そして、
こちらの話題ばかりぺらぺらと切り出していくと
お客さんは不満になり
帰ってしまうそうです。

相手から話を引きだす。

一流になるには「聞く」だけではなく
「引き出す」ことが重要なポイントだといいます。

「三流は話す」・「二流は聞く」・「一流は引き出す」

相手から話を「引き出す」とは
どのようにやるのでしょう。

その方法が
「無限会話術」として
紹介されています。

「無限会話術」を学ぶ

信長氏によれば
「無限会話術」のポイント
このような方法です。

相手の「好き」に、自分の「好き」をのせる。

相手が会話の中で示した「好き」に、
自分の「好き」を乗せていくことだといいます。

この方法をまねて会話の事例を作ってみました。

「この前、イタリアにいってきたのよ~」
客から話がでたとします。

客は、イタリアに行ったことを
話したいのだと
いうことがわかります。

そこで

「ボクはイタリアに行ったことがないな・・・」

とだけ返したら
会話かそこで終わってしまいます。NGです。

そこで「無限会話術」を使うと次のようになるのです。

イタリアに行ったことは無いけど、
とってもキレイなんでしょう!
どこか行った?

と返せば、

すかざす「ローマが良くてね~」と続き、

さらに相手の「好き」に共感して

「ローマに行ったんだ!どんなところがおすすめ?

なんて聞いたら、どんどん話が続くというのです。

基本は5W1Hを織り込みながら話を続けるのがポイント

とくに会話が途切れ続かない人にとっては、
自分から話題を広げるよりは、
相手に最初に見つけたポイントをどんどん掘り下げるほうが
ハードルが低いそうです。

話題を一つ掘り下げたら一つ褒めるのが鉄則

人は自分が好きなことなら
何時間でも話していられるのです。

そして、一つ一つの話題に共感してもらい
その上褒められたら
最高の気分すね。

人は、自分の好きなことが話せる相手には好意を抱きます。

このようにして会話は途切れることなく、
相手の方は話すことに満足をします。

そして話を聞いてくれた人に
好意をいだくというのです。

参考書籍

書籍名:№1ホストが明かす心に残る話し方(出版社: WAVE出版) Amazon

おわりに

「話が続かない」場合や
「途切れない会話」をするためには、
この本から学んだことが大変役にたちました。

いろいろな場面で
使える会話の方法なので
紹介いたしました。

会話の「引き出し方」の流儀を使って、
ステキなおじ様になりましょう。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました