60代こそ年金生活とブログがやめられない!生きがいと実益の魅力

60代の生きがいはなんでしょう?

わくわく感が止まらないのが60代からのブログ運用ではないでしょうか。

60代から年金生活とブログを楽しむ方法を紹介します!

60代の年金生活はつまらない?

なにか熱中できることがないと年金生活もマンネリになってしまいます。

日々やることがないとテレビを見たり散歩をしたりお酒を飲んだりと変化のない生活。

なにかつまらない毎日です。奥さんのように付合いで外出するあてもなく・・・

といって、ひとりで外出するのも目的がないと面白くありません。

生き甲斐がないと年金生活も結局ぐちっぽくなってしまいます。

60代とブログの相性は抜群!

そこでぜひおすすめしたいのが個人のブログです。

それも60代が始めるブログはおもしろく相性が抜群なのです。

その理由は、ブログは悪いことをしない限り、無限大の可能性があるからです。

人生60年も生きてくればそれ相応の生き方や専門分野をもっているはず!

このノウハウというか生き方は実際のことですから、とても説得力があるのです。

ぼくも50代のころ、あと10年で定年になるとき、とっても不安でした。

お給料がなくなり、年金生活になるからです。

雇用継続で残ってもいいのですが、今の日本では現役時代に役職があっても再雇用だとアルバイト同然の使われ方しかされません。

そこで実際に定年退職したかたのブログ日記を読み始めたのです。

そこには同じようなことを体験した方の日記がさりげなく書かれていました。

そこにはとっても勇気づけられる内容がぎっしりとつまっていたのです。

そこで勇気を頂いたから今の年金生活があります。

60代が自分でブログを運用していると面白いことがたくさんあります。羅列してみます。

  • あり余る時間はブログに消える!
  • 好きなことを毎日ブログに書くので気分がいい!
  • 記事を書くときは調べものもするので頭を使う
  • ブログを読んだ方々から反応がある
  • ブログでお小遣いが月数万円ほど稼げるとわくわくする!

60代のわくわくはブログから

60代はわくわくできる趣味を作ることが大事だと思います。

ぼくは62才で雇用継続だった会社を途中でやめて自由になりました。

お金も欲しかったのですが本音は、ストレスをこれ以上抱えたくないからです。

そして何をやろうかと考えた時に出会ったのがブログを自分で作ることです。

そんなの62才からできるのかと思いましたが、居酒屋4回分の飲み代でレンタルサーバーを借り、ブログ作りにチャレンジしたのです。

右も左もわかないブログの世界でしたが、あれから5年目。

運営するブログも6つになりました。

気が付いたら書いた記事の本数は2,500本を超えていました。

人生の中でこんなに文章を書いたことはありません。

ぼくの財産になっています。

寝ているあいだに、月に数万円を自動的にブログが稼いでくれます。

6つのブログはあたかも、文句を言わない社員が6人24時間稼いでくれるようなものです。

決して金額ではなく、会社に縛られることもなく、自分で作ったブログで自分の記事だけでお金を稼ぐのですから面白いのです。

まとめ

つたない記事をよんでいただきありがとうございました。

ブログが面白くて、やりがいがあって、やめられません。理由は、方法もブログの数も、ジャンルも無限大にあるからです。

いくら稼いでも上限などありません。

工夫次第で無限大の可能性があるからワクワクするのです。

60代はいろんな経験を積んでいるから味のあるブログがつくれます。

思った以上にブログを作るのは難しくはありませんよ。お時間があればぜひチャレンジしてみてください。

3年後にはつくったブログは数万円を稼ぐ社員になっているのは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました