『焚き火に癒される』こんな大人の遊びは他にない!

爽やかな趣味
この記事は約4分で読めます。

焚き火に漠然とした興味があって、
どのようにみなさんが遊んでいるのか、そして何が楽しいのかを
お知りになりたいのではありませんか?

焚き火は、無条件に「落ち着く」のです。

夕暮れに1人で焚き火の前にすわり
ただボーっと踊る火を見つめているだけの時間

贅沢な大人の時間は何ともいえない自分を解放する場となり
ハマってしまいます。

大人が楽しむ「焚き火で遊ぶ」世界をご紹介いたします。

スポンサーリンク

一人で楽しむ焚き火

キャンプでのたき火 いつまでも火を見てもあきない

人間は太古の昔から火と付き合ってきた歴史があり
火を見ると落ち着くのです。

暗闇の中に焚き火があるとホッとして心まで温かくなります。

焚き火は冷たくなった人を芯から温めてくれます。

ただ一人でぼ~っと焚き火の火を見つめていると
何もかもわすれて解放されるのです。

スポンサーリンク

焚き火の炎は踊るのです

焚き火をするとそこで燃えている炎はゆらゆらと踊りだします。

その揺らぎは規則も無ければ決まりも色も煙も
なのもかも自由に燃えているのです。

風任せで燃えている炎は
じつに自由にその炎で周りを照らし温めてくれるのです。

焚き火は男にとってワクワクする遊び

焚き火をするには燃やす木が必要ですね。

生木を燃やすと煙が多くて並みだが出てきます。

よく乾燥したマキで焚き火をすると煙が出ません。
マキは1年位の時間乾燥させて使います。

焚き火をすると
ナタとかオノが欲しくなります。

マキとナタであそぶのです。マキ割は奥が深いです。

焚き火をすると男は原始人に戻るのです。

子供みたいに無邪気になって、焚き火を囲んで燃える火を見るのが楽しくなる。

男は焚き火で遊ぶのが好き

年取ってから火遊びするとアブない。

よく聞く言葉です。

火遊びの意味が違うから何ともいえませんが、火遊びに夢中になれるのが
大人の男です。

やけどを治すには時間がかかりますが・・・
熱中しすぎないように焚き火を楽しみしましょう!

焚き火は『脳』を活性化してくれる。

焚き火をやろうとして火を着けてもうまく燃えません。

どの様に火を着けるのかがわからず、ライターでマキに火をつけている人もいます。

火を着けるために人はいろいろ考えます。
マキに大きさや、マキの並べ方などいろいろ考えて初めて火がつきます。

普段使わない脳を使うので、脳も働くのです。

その根拠となる記事がありました。

大阪ガスが書いた記事です。

「火を使うと脳が活性化!」というタイトルで、
東北大学川島教授と大阪ガスの共同研究で以下のような仮設を立てて研究していたのです。

子どもが「マッチをする」「七輪で火をおこす」「ガスコンロを点火する」と、火を扱った時だけ脳の意思疎通をつかさどる前頭前野が活性化しました。
動物の中で火を使うのは人間だけなので、「子どもたちが火を使うと人間らしい脳が育つのではないか」という仮説をたてて研究をしています。

引用:大阪ガス公式サイト「火を使うと脳が活性化!」より

焚き火台

焚き火は焚き火台があると、地面を汚さないで遊べます。BBQも焚き火もできます。

煙の出る「サンマ焼き」もダイナミックにできます。

焚き火台 ユニフレーム製

写真のユニフレームを6年間使ってます。
安いのはすぐにダメになるので、ユニフレームかスノーピークが丈夫でタフに長持ちします。おすすめです。

焚き火が初めての方へ

日本焚き火コミュニケーション協会があって、
「おひとりさま限定・手ぶらではじめて焚き火体験」という企画があります。

以下の様な方が参加しやすくなっています。

■日本焚き火コミュニケーション協会

「焚き火には以前から興味がある」「自然の中で焚き火をしてみたい」「焚き火をずーっとながめていたい」「キャンプもできたらさらにグッド」「でも道具も持ってないし、車もないし、一人だし。どこで焚き火ができるかもわからない」「何から始めたらいいかもわからない」「一人でやるにはハードルが高い」・・・

引用:日本焚き火コミュニケーション協会おひとりさま限定・手ぶらではじめて焚き火体験

おわりに

焚き火の紹介をしました。本当に落ち着ける大人の遊びです。

是非おたのしみください。

なおたん

タイトルとURLをコピーしました