60代『一人暮らしの防災グッズ』3日間生き抜く準備

くらぶオフィス
この記事は約3分で読めます。

一人暮らしで過ごしている60代の方向けの防災グッズを紹介します。

近年のまれにみる強力で危険な台風や大雨での災害が多発しています。また、巨大地震は30年以内に発生する確率が70%といつ起きてもおかしくない状況となっています。

新型コロナ感染対策と同時に、状況に応じて非難したり自宅の2階に移動することなど、ためらわず行動に移すことは命を守ることにつながります。

とはいえ、自分で自分の命を守るにはそれなりの準備が必要です。防災のプロが今までの事例を踏まえて開発を続けている防災グッズを紹介します。

備えあれば憂いなしです。

スポンサーリンク

一人暮らし一人用の防災グッズの重要性

2019年9月 台風15号の被害 千葉県内全域に及ぶ停電が発生

基本は自分で自分の命を守る「自助」、次に共に協力して命を守る「共助」、それが無理な時に国の機関や地方自治体が支援する「公助」へと段階があります。

巨大地震や水害、さらには台風などの災害では、基本は自分で自分の身を守ることです。考えてみても大災害では消防署、救急隊員、自衛隊などは3日過ぎても手が届かないこともあります。

最低3日間は「一人でも生き抜く」防災の準備が必要です。

やみくもに準備しても無駄な重さになったり使わないモノが多かったり、素人が考える防災グッズとプロが災害時の行動から開発した防災グッズでは、避難時に雲泥の差が出ます。

それは命に係わることになります。

なので、この記事ではあえて防災のプロが用意した防災グッズを紹介しますので参考にしてください。

スポンサーリンク

3日間「一人でも生き抜く」防災セット

このセットは防災士がまとめた一人用の防災グッズのセットです。

プロが考えた内容で22リットルのリュックサックにコンパクトに3日間生き抜くための備品が準備されています。

特に停電でも手動で充電できる防災ラジオ、スマホ用バッテリー、5年保存水など避難時にもほしいものが詰まっています。

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

一人用の防災グッズで必要な物だけを準備する場合

防災用の様々なグッズや防災セットを販売しています。セット以外にこれだけ欲しいという場合に役に立ちます。

楽天市場において、防災セットで初めて総合1位を獲得した超人気防災セット「SHELTERシリーズ」で実績をあげている防災グッズの専門店です。

国内実績トップクラスの防災セットメーカーLA・PITAが開発した防災セットや話題の「防災セットラピタ」も取り扱っています。

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

すぐに持ち出せる工夫「一人用」「二人用」の女性向けセット

女性や高齢者一人での避難でも楽に持ち出せる工夫が防災士により検討された防災セットです。防災セットは普段から持ち出せる場所に置くことが重要です。

すぐに持ち出せる場所に対応したデザインと機能が女性に人気となっています。

特徴は、女性や高齢者でも無理なく持ち出せることです。特に避難先での簡易トイレやアルミポンチョなどもセットされている女性、高齢者にやさしいセットで人気となっています。

防災士監修、非常用セット Safety Plus

いつ起きてもおかしくない巨大地震をはじめ、今までに遭遇したことのない風速70~80mの台風などが現実にやってくる時代です。

形だけの防災グッズではなく、実情に合わせた防災グッズをセットしておけば最低3日間は命をつなぐことにもなります。

まとめ

一人暮らしで過ごしている60代の方向けの防災グッズを紹介しました。近年のまれにみる強力で危険な台風や大雨での災害が多発しています。

また、巨大地震は30年以内に発生する確率が70%といつ起きてもおかしくない状況となっています。

普段から準備をして確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました