「ウォーキングの効果」カベにぶつかった時がチャンス?

この記事は約3分で読めます。

人間は何才になっても、おそらく一生涯にわたり「カベにぶつかり、悩みは消えない・・」と思っています。

では「カベにぶつかり、どうしようもない・・」時は、どうしたらいいのでしょうか?

人それぞれで、乗り越え方は違うと思います。

でもひとつ言えることは「机の前で、悩み続けても解決しない・・」ということ。

どうしたらいいのか、スッキリする方法を紹介します。

スポンサーリンク

カベにぶつかる時はチャンス?

どうしようもないカベにぶつからない人は、この世に存在しないと思っているのです。

人は生きている限り、様々なカベにぶつかるものです。

よく「カベを乗り越える!」と言われますが、無理な時もあります。

乗り越えられないカベが出現したら、一時、その場を離れることですかね~

あとから「あのカベが、チャンスだった」と気が付くものです。

今まで経験のない、前例のない、お手本がない、それは「チャンス」かもしれません。

無条件に、ウォーキングに出ましょう・・

公園のウォーキングは気持ちいい!
公園のウォーキングは気持ちいい!

そんなカベにぶつかってどうしようもなくなったら、外にでましょう。

そして、ウォーキングをしましょう!

ウォーキングが体に、脳に、心に、「良い」ということはだれでも知っています。

なので、無条件に外の飛び出してウォーキングするといいのです。

結構、スッキリとするものです。

ウォーキングをした後で、気分が落ち込んだなどとは聞いたことがありません。

違う景色を見ると、なぜか気持ちがいい

花を見たりすると癒されます
花を見たりすると癒されます

ウォーキングに出ると、いろいろな景色が見えてきます。

いままで「カベ」しか見えていなかったのですが、様々な景色が見えてきます。

いつしか、カベを忘れるか、カベをさらに歩きながら考えるか・・・

それは自由ですが、基本は忘れてしまします。

ウォーキングすると新しい発想がでる?

そうなんです!

ぼくは、「もう無理!」というカベが出た時は、自分の考えを止めて、一気にウォーキングにでます。

しばらく歩くと、汗が出てきて、呼吸もちょっと弾んできて、気持ちよくなります。

公園なのどで、だれかとすれ違うと、つい「こんにちは!」と声をかけたくなったりします。

急な坂を上るときは足元をみる

かめのように一歩ずつ登る

ウォーキングしていると、急なダラダラ坂があります。

坂の頂上を見ながら歩くと、とても長い坂に見えて、歩いても歩いても、一向に坂が終わらないのです。疲れてしまいます。

ところが、足元のデコボコや、横の雑草などを見ながら、一歩一歩歩くと、いつの間にか坂の頂上に付いています。

「もう無理!」というのは、上り坂の頂上を見ているからかもしれません。

それよりも、足元に「一歩」を見ながらあるくと、いつの間にか、「できた!」という時が必ずやってきます。

カベにぶつかったら、ウォーキング!

とりあえず、近くをあるきましょう!

ぼくにはわかりませんが、言えることは、机のまでで悩んでいても、なんにも進展しないことです。

でも、外にでてウォーキングすると、少なくとも、頭がすっきりします。

そして、机の上のカベが小さく見えてきます。

タイトルとURLをコピーしました