行き詰った時は『10分ウォーキング』で快調になります!

魅力的な体
この記事は約2分で読めます。

60代の人生のベテランでもたまには行き詰まることがあります。

そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?

いい方法があります。

それは10分間ウォーキングです。

たった10分でリフレッシュしますので是非チャレンジしましょう。

スッキリします。

スポンサーリンク

考えままとまらず行き詰まる時

人間は何十年生きてきても、人生のベテランでも、だれでも行き詰まることがあります。

机の前で考えても、布団のなかで考えても、どうにもならないことが起こります。

そんな時は、人生のチャンスとプラス思考で受取ってしまいましょう。

いくら頭で考えても「なるようにしかならない」のですから・・・

スポンサーリンク

そんな時は座っていてもだめ

解決策も尽きてどうしようも無くなったら、いったん場を変えることが必要です。

いつまでもその場所で考えてもいい案は浮かびません。

そこで体を動かすことが大切になります。

筋トレでも良いし、ウォーキング、散歩、掃除、洗濯、買い物、家事など、なんでもいいから体を動かすことです。

そうすると体の中に酸素が取り込まれてスッキリします。

眼もスッキリと見えるようになります。

なのしろ動くと、渋滞している思考から離れることが出来るのがメリットです。

部屋から出てウォーキング

わたしがいつもやっていて効果抜群のやり方があります。

それが、10分間ウォーキングです。

たった10分間、近所を歩くだけです。

これが結構面白く、10分ではおわりません。15分、20分と歩き始めているでしょう。

その詳しい効果は医学会の先生にお任せして、実際に効果はてきめんです。

なにしろ、頭がスッキリとして、腰痛も減少、体が暖かくなり血流が多く、気持ちいいのです。

スッキリすると良い案も浮かびます

10分間ウォーキングが終わって部屋に戻って休憩しましょう。

お茶や、コーヒーなどでリラックスしてクールダウン。

熱くなって出た汗をうちわであおいでいるうちに、明暗がぽつんと出てくるものです。

この方法で、なんども救われたことがあります。

実は解決策は自分自身が持っているのですが、見方が凝り固まってしまい、こんがらかってしまうのですて。

運動をすることで体も心もリセットされると、頭も酸素が十分いきわたり、生き生きとなり、明暗がパット浮かぶから不思議です。

人間の体は不思議だらけです。

おわりに

物事に行き詰まったら、10分間ウォーキングが効果的です。

是非、チャレンジしてみてください。

参考記事 60代は無理しない!1日10分の散歩でも死亡リスク低下

タイトルとURLをコピーしました