60代は無理しない!1日10分の散歩でも死亡リスク低下

魅力的な体
この記事は約3分で読めます。

1日にたったの10分散歩しただけでも死亡リスクは低下すると言われています。

全く運動しないのはいけませんが、10分だけなら何とかなるかもしれませんね。

1日に10分の散歩にどんな効果があるのか紹介します。

スポンサーリンク

1日に10分の散歩だけで死亡リスクが低下?

1日に10分の散歩とはどれほどのものか歩いてみました。

家の周りを10分散歩すると少し汗ばむ位です。わたしの身長は165cmなので歩幅も短いです。

10分は距離にして600m、歩数で1129歩でした。

あっという間の距離です。

これで死亡リスクが低下するのだそうです。

その根拠は次の通りです。

中国の山東大学公衆衛生学院にボ シ教授という方がいます。

ボシ教授は、米国疾病対策センター(CDC)が1997~2008年に行った全米における健康の聞取り調査(National Health Interview Survey)を分析したそうです。

その結果、ウォーキングなどの運動を週に60分間行うだけで、運動を全くしない場合と比べて死亡リスクは18%ほど低下することを突き止めました。

ポイントは、運動は少なくとも10分間は継続して行う必要があるという。

スポンサーリンク

どんな死亡リスクが低下するのか?

体を動かすこととしては、ウォーキングや掃除などの家事、ガーデニング、畑などの趣味など様々あります。

この様にあまり運動とは言えない程度に体を動かすだけでも1日10分程度を続けると、心血管疾患、がん、2型糖尿病などの予防・改善効果が得られるというのです。

具体的には、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患(CVD)による死亡リスクは12%、がんによる死亡リスクは14%低下したとされています。

60代以降は、あんまり頑張って運動をすると危険です。

無理せず普段の軽い運動でも効果がありますので気軽に続けることが大切です。

週に10分から60分を目標に?

週60分なら1日10分の運動だから積みかさねれば60分になります。

しかし、1日10分は1日だけしか歩かないということでしょうか?

週に10分でもいいようです。

全く歩かない人よりも死亡リスクが18%低下することには間違いないようです。

但し条件があり、10分間は運動を続けるということです。

これなら無理なくできる

人は不思議なもので、無理なくできると継続できるようです。

週に10分の散歩なら、どんなにぐうたらでも可能性はあります。

もっと歩きたくなりますね。継続することに効果があるそうなので続けましょう。

散歩はジムに通うのとは違い無料です。

1日1000歩で10分を目安にできれば毎日続けていきましょう。

参考記事 60代からの睡眠時間とやってはいけない寝方

タイトルとURLをコピーしました