6才の孫のプレゼントはむずかしい?選んだものはこれ!

フリールーム
この記事は約4分で読めます。

誕生日やクリスマスなど孫にあげるプレゼントは結構むずかしいものです。

特に6才になる孫のプレゼントは選ぶのに苦労します。

その中から女の子の孫に選んだものと選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

6才の孫との世代間ギャップ

60代のジイ、バアとしては、6才になる孫はとてもかわいいものです。

つい先日生まれたとばかりだと思っていたのですが、気が付くともう6才になろうとしている。

月日の経つのは早いのです。

孫たちがどんな遊びをしているのか関心があるので観察してみました。

孫の女の子は、タブレットを持っていて自分で操作をします。もちろんネットにつながっているのです。

主にタブレットで遊んでいるのが動画鑑賞です。

YouTubeの中から大好きな動画を選んで楽しんでいました。

もはや孫は生きている時代が違います。

生まれて気が付いたときにはネット環境の中で育ち、テレビはネットにつながっていて様々な番組から好きなものを選ぶというのが6才になる孫たちの遊びの文化。

6才の孫のプレゼントの選択

こんな孫たちの文化のなかで、2世代前の60代のジイ、バアはどんなプレゼントを選んだらいいのか大変難しい時代となりました。

お人形や絵本などがメインだったそのころとは違い、デジタルとネット、動画が中心に躍り出した文化が当然の世界だから、選ぶのもむずかしいのです。

6才になる前に、すでにタブレットを持ているのですから・・・

もう一つの難しさは、6才になるころは幼児から児童への間にいることです。

それまでは、少なくとも孫と一緒に絵をかいたり、ブロックで何かを作ったりするので、なんとかついていくことができたのです。

ところが、LINEやZOOMを覚えてしまい、最近は突然スマホからテレビ電話を使って「ジイ、あそぼ!」というのです。

孫自慢のようですが、実際に驚きます。1時間近く、テレビ電話で遊ぶのです。

6才の孫のカメラ目線はすでにテレビのキャスターのようです。

もう一人の孫は、バンコクに赴任している親といるので国際電話ならぬ国際テレビ電話、それもカラーなのです。

ジイの時代にそんなカラーで国際テレビ電話などしたら莫大な金額になったことでしょう。

幼児でもなく大人でもない。

しかし、大人のネットの世界を知りデジタルグッズを自由に使う6才の孫へのプレゼントは選ぶのがむずかしいのです。

6才の孫に選ぶプレゼントのポイントとは?

研究に研究を重ね、デパートやグッズ専門店なども訪れて市場調査をしました。

すると、意外なものが人気を集めていました。

今も昔も変わらない腕時計です。

60代のジイ、バアの時代なら、腕時計は中学生に進学したら買ってもらえる高価なものでした。

ところが、6才には実に理にかなったグッズなのが腕時計だったのです。

女の子の変身グッズは今も健在

幼児のころテレビや動画のアニメを見て育った孫は、女の子が変身するジャンルにあこがれるのです。

昔なら「セーラームーン」でしたが孫たちはアニメ「プリキュア」や仮面ライダーの女の子版のジャンルで「ひみつ×戦士 ファントミラージュ」を見ているのです。

なので「女の子のかわいい変身グッズ」には、まだ興味があるのです。

時計の見方を学ぶ6才

一方、6才にもなると勉強も本格的にスタートします。

いままで時間はママやパパに頼っていましたが、そろそろ自分で時間を理解することになりました。

通っているスクールでも時計を読めるように、これから勉強が始まるようなのです。

選んだプレゼントグッズ「BABY-G」

そこで、市場調査も含めて最終的に選んだのは、腕時計です。

孫に渡すので、開けてお見せすることができません。

時計専門店の方の説明では、子供のおもちゃの腕時計ではなく、しっかりとしたものが売れているとのことです。

店員さんのおすすめが「BABY-G」という腕時計です。

60代なら知っている、カシオのGショックの系統ですが、その最近の女の子版です。

ファントミラージュの変身グッズの効果もあり、時計を読む学習にも効果的で、そして作りがタフなGショックの時計だから、全てがマッチするというのです。

いよいよ、どんな反応があるのか楽しみです・・・

Amazonにもありました。こんな腕時計です。

BABY-G(Amazon)

おわりに

ジイ、バアにとって、6才の孫へのプレゼントは選ぶのがとても難しいのです。

孫の親に聞いても、いまいちはっきりしない年齢が、6才かもしれません。

今回は、専門店やデパート、おもちゃ売り場などを訪ねて調べた結果、腕時計となりました。

みなさんも、これからの新世代の孫に喜ばれるプレゼントを探してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました