60代になって耳が遠くなってきたような?気のせいか・・

60代になってだんだん耳が遠くなるのは加齢のせいなの?

いよいよ本格的な高齢者のお仲間になってきたようです。

年よりは耳が遠くなりテレビの音量を大きくしないと聞こえなかったり、人と会話する時も大きな声で話しているのを見かけます。

スポンサーリンク

年取るとなんで耳が遠くなる?

年を重ねるとどうしても耳が遠くなるようですね!まわりの高齢者のみなさんも同様に大きな声で話しているのをよく見かけます。

その一方で80才になってもよく聞こえる老人にも会いました。ぼくがボソボソとした声で話しても、良く聞こえているのです。

「お耳、良く聞こえるんですね!」と話しかけると「耳だけはいいもんでね~!」と言いました。病院の待合室でのことです・・・

年を重ねると耳が遠くなるのは「加齢性難聴」というのだそうです。加齢以外に特別な原因が無いときに加齢性難聴が該当するようです。

だんだん高音の聞こえが悪くなり、さらに大きな音でも聞こえにくくなってくるのだそうです。

どれ位の割合でそうなるかのデータがありましたので参考にご紹介します。

60代前半:5~10人に1人
60代後半:3人に1人
70代以上:7割以上

引用:NHKおうちで学ぼうhttps://www.nhk.or.jp/kenko/atc_311.html

年を重ねると難聴になる割合が高くなっていくのですね!

ぼくもようやく耳が遠くなった実感が・・・

ぼくもようやく難聴のお仲間になってきたようです・・・

テレビの音量が一目盛進んだのです。「もうちょっと、音をおおきくしてくれる?」と言うようになってきたのです・・・

これは紛れもなく「加齢性難聴」に突入した証ではないでしょうか?

歯医者さんばかりではなく、耳鼻科にもチェックにいかないといけませんね。

耳が遠くなるとこんなこともある

耳が遠くなってくるとこんな困りごともあります。

  • 受付で待っていて名前を呼ばれてもよく聞こえない
  • テレビの音量が小さくて聞こえにくくなる
  • 道を歩いていて後ろからくる音がよく聞こえにくくなる
  • 車の運転も危険ですよね。
  • よく人の言ったことを聞き返すようになる

こんな現象は、時として危険なこともありますよね。

車やバイク、自転車が後ろから来ても気が付かないで危ない目に合うリスクがないとも言えません。

また、銀行や病院の受付で名前を呼ばれても気が付かないので飛ばされる可能性もあります。

どうすればいいのか?

まずは耳鼻科でチェックを受けることではないでしょうか?

ぼくが定期健診で行った内科の先生は、「補聴器をつけたらどう?」とアドバイスしてくれたのです。

補聴器って最初抵抗はありませんか?急に老人になってしまった感じがするのです・・・

でも「もう立派な老人ですから!」と言われそうです。

受け入れる年齢がきたのですから、そこは補聴器を検討することもありだと思うようになってきました。今は時代が進んで、すごい補聴器がいろいろ開発されているようで興味が出てきました。

中にはスマホタイプで自分の難聴に見合った調整ができて、そこから見るとスマホで音楽を聴いているようなおしゃれタイプもあれば、耳に装着していることすら忘れるようなものまで様々です。

最後になりますが、加齢性難聴はだれにでも起きうるので、その時は素直に受け入れましょう!

こんな方法もあります!

テレビの音が遠くに座っていてもとっても良く聞こえるようになります~♫

おすすめ > ご家族のテレビの大音量でお悩みの方へ

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

年を重ねると耳がとおくなります。最新技術のお世話になることも必要ですね!

タイトルとURLをコピーしました