朝型の方へ! 効果的に起きる時間とは?

生活の時間が朝型タイプの方は少なくありません。朝早起く起き活動をスタートする方です。

では早起きといっても朝何時に起きるのが人間の1日の活動に最も効果的なのでしょうか?

実は人間にはあるリズムが備わっていると言われています。

人類が数十億年かけて身につけたリズムとはいったいどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

朝型で成功を収めた経営者たち

早起きで成功を収める経営者には共通の特徴があります。それを知れば生き方も変わります。

ソフトバンクの孫さん、楽天の三木谷さんを代表とするビジネスの成功者は全員が朝型です。

政界でも早朝勉強会の歴史は長く毎日行われています。ブレックファーストミーティングと呼ばれるビジネスの打ち合わせではモーニングコーヒーで考えることをモットーにしているくらいです。

海外でもトップクラスのビジネスマンは、コーヒーを飲みながらブレックファーストミーティングを行います。

ビジネス界では、早朝に商談をするのは当たり前なのです。「パワーブレックファースト」とも言われています。

成功者のキーワードは「午前4時」?

早朝にはビジネスを成功へ導くチャンスが潜んでいるのです。ビジネスパーソンには「午前4時」という不思議なキーワードがあります。

世界中のビジネス界で何十億円も稼いでいる成功者はなぜ朝早くから起きているのでしょうか?

「午前4時」というキーワードが気になります。朝型人間がビジネス界でも効果を発揮していることがわかりました。

では朝型人間はなぜ成功を収めるのでしょうか?

朝型でプログラムされた人類

もともと人類のDNAは早朝から体が働くようにプログラムされているのです。

そのプログラムは「体内時計」が管理しているのです。

とても簡単な説明ですが、人類は何十億年もかけて獲得した「時計遺伝子」をもっています。そのため朝起きて夜眠くなるという一定のサイクルで生活をしています。

サーカディアンリズム

2017年に時計遺伝子のメカニズムが解明されました。

人類が何十億年もかけて獲得した24時間11分周期のリズムを「サーカディアンリズム」があることが研究から分かったのです。

ポイントは地球の自転24時間よりも11分だけずれていることです。

2017年アメリカの3人の科学者(ノーベル医学・生理学賞)によって解明されました。

「サーカディアンリズム」のもとは「時計遺伝子」

「時計遺伝子」のリズムは24時間11分です。時計遺伝子には「親時計」があり親時計が出すリズムがサーカディアンリズムなのです。

このリズムを受けて時計遺伝子はリズムを合わせます。

その「親時計」の場所は脳の眉間のあたりにあると言われています。

地球の自転とは11分のズレがあります。人間は11分のズレを補正しないと体のリズムに影響して体調が崩れます。

この11分のズレを補正するには「朝の太陽光」「軽い運動」「食事」によって地球の自転の24時間に同期することになります。

「朝の太陽光」「軽い運動」「食事」という3つのスイッチが入ることで24時間にピッタリと調整されるのです。

親時計には約60億個の「子時計」がある。

人間の全身には「約60億個の細胞」があり、その一つ一つに「子時計」が存在します。つまり人間の体を作っている細胞一つ一つの中に「子時計」が入っているということです。

「親時計」が発するリズムに、約60億個の「子時計」が従うのです。

24時間11分のズレを朝の太陽を浴びて、軽い運動をして、朝食を食べることで親時計は地球に自転24時間にリセットされます。その信号が体全体の60億個の子時計をリセットして子時計も24時間のリズムになり1日がスタートするのです。

体全体が24時間のリズムにセットされてから17時間後に眠くなるようにプログラムされているのです。

つまり4時の早起きなら17時間後の21時には眠くなるのです。人間のリズムは何十億年もかけて朝型人間のリズムを作ってきたのです。

神秘的な人間の体のシステムです。

体内時計が制御するホルモン

人間の体内時計は2つのホルモンを制御しています。その2つのホルモンとは「アドレナリン」と「コルチコイド」というものです。

この2つのホルモンはどんな働きがあるのでしょうか?

アドレナリンの働き

アドレナリンは「よしやるぞ!」のやる気をコントロールします。

困難に立ち向かう時に分泌されます。

コルチコイドの働き

コルチコイドはアドレナリンを全身にくまなく行きわたらせる仕事をします。

「よし!やるぞ!」というアドレナリンを全身にくまなく行きわたらせる働きをするコルチコイド。そのコルチコイドが働く時間は決まっています。

この2つのホルモンは時計遺伝子によって制御されているのです。

午前4時に起きる理由

この2つのホルモンは、夜明けごろから午前7時にピークを迎えるようにプログラムされているのです。

つまり朝4時に起きる事で早めに体のアイドリングを開始します。アイドリングをすることで
頭脳の働きに効果があるのです。

アドレナリンのピークは午前7時

一方、難問題解決やアイデアを生み出すホルモン「アドレナリン」の分泌は午前7時にピークになるようにプログラムされています。

つまり4時に起床する意味はアドレナリンやコルチコイドのホルモンが分泌のピークを迎える7時に体を合わせるためなのです。

午前7時前後は頭脳とやる気とアイデアを出すのにベストな時間帯なのです。

朝の重要なニュースの殆どがこの時間前後に集中している理由です。

次のピークは午前11時と午後3時

次に訪れるのは午前11時前後と午後3時前後です。人間の体は不思議な体内時計を持っているのです。

朝型は午前4時に起きるのが効果的!

ここまでの説明で、午前4時に起床することが効果的なことは理解できたのではないでしょうか。

つまりアドレナリンやコルチコイドの2つホルモンの分泌のピークを迎える7時に体を合わせるためなのです。

ビジネスの成功者の殆どは朝型で早朝に会議や勉強会、ブレックファーストミーティングでアイデアを出し合っていた最大の理由だったのです。

夜型は本来の人類のリズムではないので、記憶も作業能力やアイデアを生むホルモンが出るタイミングとずれるので効果がイマイチで体調もすぐれません。

朝早く起きて朝日を浴びて軽い運動と朝食をとれば体内時計が24時間周期のリズムに同期するため素晴らしい発想や仕事や勉強の成果が得られるのです。

タイトルとURLをコピーしました