「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

「雪かき」がきつい!家庭用除雪機の選び方

雪かきは体がきつくないですか?

少子高齢化になり、ご近所には雪かきをする若者が激減!

高齢者がスコップを持って雪かきをする時代となっています。

いつ大雪になってもおかしくない異常気象のなかで、どうのように雪かきをしたらいいのでしょうか?

そこで今回は高齢者でも楽に道路の雪かきができる家庭用除雪機について紹介します。

「PR」

「雪かき」がきつい60歳!

自宅前の私道に雪が降り積もる

高齢化がすすむ町内会では、雪が降ると大変です。

それまでは若い子供世代が手助けしてくれたので、なんとか親もがんばって雪かきをしてきました。

ところが、ご近所ではどんどん子供が自立していき、残ったのは70代~80代の高齢者世帯。

ぼくらはまだ60代だからなんとか雪かきをしてきたのですが、いよいよ60歳後半になると体がきつくなってきます。

雪かき用のスコップを使ってやるのですが、結構きついものがあります。

高齢者にとってはきつい雪かき

腰を痛めた後遺症やヒザなどあちらこちらに不具合が生じ、雪かきをして悪化することも増えてきました。

暖冬とは言え異常気象ならではの大雪などもある可能性があります。

高齢者にとって雪かきが楽になる方法はないものでしょうか?

家庭用除雪機で雪かきが楽になる方法

実は家庭用の除雪機があります。

これを使うと雪かきが楽になり、腰への負担も減るのです。

小型で家庭用の除雪機はいろいろな種類が開発されているので利用してみる価値はあります。

高額だとちょっと諦めますが、実は数万円から買える除雪機もあり、小さく収納できるのも家庭用除雪機の特徴です。

どんな家庭用の除雪機があるのでしょうか?

家庭用除雪機の選び方

家庭用除雪機には大きく分類すると次の2種類あります。

  1. 電動除雪機
  2. エンジン除雪機

電気を使って除雪するタイプの電動除雪機があります。

電動除雪機は、その名の通り1000W前後のモーターを使った除雪機です。

除雪機には、電源は家庭のコンセントから延長コードを使って利用するタイプと、コードレスで充電して使うタイプがあります。

自宅の前でコンセントから近い場所だけなら、延長コード式で20mは伸ばせるので利用できると思います。

一方で延長コードが届かない場所で使う場合は、充電式の除雪機が便利です。

もう一つの種類は、エンジン除雪機です。

5~7馬力のエンジンを使った除雪機なので結構パワーがあります。

ガソリンエンジンを使うので延長コードや充電は不要。

つまりどこでもパワーのある除雪機が使えるメリットがあります。

家庭用除雪機を使えば雪かきがずっと楽になることが期待できます。

家庭用除雪機の事例

家庭用除雪機はどこでも手に入るわけではありません。

そこで、ホームセンターなど購入できるショップが近くに無い方は、Amazonの通販でも買うことができます。

電動タイプの除雪機なら、2万円前後からあり、エンジンタイプでは5万円前後からが一般的です。

数十万円もする除雪機もありますが、豪雪地帯ならいいかもしれません。

でもこれは個人で持つにはちょっと勇気がいりますね!

家庭用除雪機をAmazonから特別に選んでリンクはってみました。

もしよかったらご覧ください。

家庭用除雪機の選び方(まとめ)

高齢者がスコップを持って雪かきをする時代となっています。

慣れない雪かきで体を壊さない様に、家庭用除雪機を使う方法もあります。

ちょっと値段ははりますが、1台用意しておけばご近所にも貢献できるかもしれませんね!

★ブログランキング参加中!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ にほんブログ村 シニア日記ブログ のんびりシニアへ
にほんブログ村
「PR」
生活情報
この記事を書いた人
おっさん!

ブログを書いている おっさん!です。昭和時代を駆け抜けてきた60代が主役の専門ブログ!新しい時代をワクワクドキドキする生き方を提案しています。

おっさん!をフォローする
60代は人生のゴールデンタイム!

60代は体力・気力・資金も多用はゆとりがある世代ではないでしょうか?生活はつつましくとも、わくわく・どきどき生きれば、人生は楽しくなります。ぼくは、お小遣い0円です。このブログの少しばかりの広告費収入で楽しんでます。現役時代に積み重ねた経験やスキルは老後の今も生きてます。健康に気を付けて無理せずゆっくり暮らしましょう!

おっさん!をフォローする
タイトルとURLをコピーしました