「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

老後資金不足『2,000万円問題』はもっと膨らむ?物価高の影響とは?

5年前の2019年6月頃に、老後資金は2,000万円不足する試算を金融庁が公開。

「老後2,000万円問題」という具体的過ぎる数字は、報道でも話題となりました。

あれから5年が過ぎ、世の中は大きく変化しています。

近年の物価高は、年金生活者を直撃しています!

果たして、老後資金が不足するという「2,000万円問題」はどうなるのでしょうか?

そこで、今回は物価高騰が及ぼす「老後資金不足への影響」について考えたいと思います。

「PR」

前代未聞の物価高が続いている!

1年前の2023年2月当時の価格例

このスーパーの写真は2023年2月当時のものです。

今日、スーパーで確認したヨーグルトの価格は、最安で128円です。

1年前の99円➡1年後128円と高くなっていた。

29円の値上がり。つまり約30%。

安い方から売れるため、底上げしたのではないか考えてしまいます。

もう少し高いヨーグルト「恵」は、128円➡138円。

つまり、安いヨーグルトほど、値上がり率が大きいことが分かります。

また、先日夕方、地元のスーパーマーケットに、いつもの食パンを買いに行った。

スーパーブランドで安くてトーストにするとおいしい。

その8枚切りで90円の食パンが無い?

棚に全くありません!?

バターロール6個入りで90円を買ってきた・・・

一昨日の夕方、農家の庭先に格安で売っているおいしいキャベツ100円を買いに行った。

しかし、売り切れで一つも無い?

いつもは、10個くらい段ボールに入っているのに、全くない。

スーパーに行ってみた。

キャベツが山積みだった!

値段を見て、ビックリ・・・

小さめのキャベツ1玉が300円?

半分カットが150円。

半分カットしたものを買ってきた・・・

ここにきて、安い食材を買うことにシフトしているのを実感!

もっとが高くなってきたものがある・・・

業務スーパーで600円で変えたオリーブオイルが、もう900円になった。

ガソリンもリッター170円するから、大変だ

もし、こんな物価だたがずっと続いたらどうなるのか?

老後にとっておいたお金も、早く消え去るのか?

老後資金不足2,000万円問題は、もっと膨らむ?

老後資金の2,000万円問題をはじきだしたのは5年前の金融庁。

金融庁が計算した根拠は、こうです。

夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ 20~30 年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円になる。この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。

引用元:金融庁 「高齢社会における資産形成・管理」令和元年6月3日

もっと簡単に説明するとこうなります。

毎日生活するのに必要なお金は月に26万4000円。

一方、年金などの収入は月20万9000円。

つまり、月々5万5000円が不足。

これが30年続くと仮定した場合、およそ2000万円の準備が必要だという理由。

最近の物価高騰はすごい!

例えば、令和5年(去年)の3月と令和6年(今年)の3月を比べたら、こんなに値上がりしてた!

総務省の統計から一部ですが抜粋してみた。

  • せんべい 19.8%
  • 調理カレー 18.8%
  • うるち米(コシヒカリを除く)8.0%
  • たまねぎ 38.7%
  • 焼肉(外食)3.6%
  • りんご 32.8%
  • 牛乳 9.2%
  • 果実ジュース 28.0%
  • 火災・地震保険料 2.8%
  • ガソリン 4.3%
  • 宿泊料 27.7%
  • ペットフード(キャットフード)25.1%

出典総務省 2024年(令和6年)3月分及び2023年度(令和5年度)平均

最近家計を切り詰めているところですが、

こんな値上がりが、今後も続いたらと思うと、ぞっとするのです。

たった1年で、こんだけ値上がりするのは、どうなんでしょうか?

どうする老後資金の不足は、さらに膨らむのか?

試算では、ただでさえ年金収入だけでは足りず、その額は月5万円。

あるファイナンシャルプランナーの試算した記事を読んだことがあります。

それを分かりやすく説明するとこうなります。

例えば、老後資金2,000万円を蓄えてあったとします。

もし、物価が毎年3.5%上がり続ければ、老後資金も3.5%上がり続ける。

  • 10年後には2,800万円に
  • 20年後には4,000万円に

ほどになるという計算です。

このまま物価上昇が続くと、だだでさえ2,000万円足りないのに、もっと足りなくなるようです。

その額は、4,000万円の不足!

毎年物価が3.5%ずつ、10年も20年も上がり続ける設定は極端ですが、計算上はそうなりますね!

今後も、物価上昇は続くのでしょうか?

いつまで続く物価上昇?

老後資金を考える場合、気になるのが、

「物価高はいつまで続くのか?」

という不安ですね。

参考に「みずほリサーチ&テクノロジーズ」が、今後の物価上昇の傾向をまとめています。

以下引用してみました。

みずほリサーチ&テクノロジーズ(2024)では、コアCPI前年比の伸び率を23年度は+2.8%、24年度は+2.2%と予測している(図表1)。22・23年度に比して24年度は上昇率が鈍化するとみているが、+3.0%の伸び率であった22年度から3年連続で2%を上回る物価上昇が続く公算だ。

引用元:みずほリサーチ&テクノロジーズ

しばらくは、物価上昇が続くようです。

老後資金2,000万円問題はどうなる?(まとめ)

いずれにしても、老後資金不足がさらに膨らむというのは、現実味を帯びてきますね!

60代が「なんとか生きてきた」今までから、「何とかしないと生きていけない」これからに向け、もう一度老後資金を考える時が今かもしれません。

★ブログランキング参加中!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ にほんブログ村 シニア日記ブログ のんびりシニアへ
にほんブログ村
「PR」
生活情報
この記事を書いた人
おっさん!

ブログを書いている おっさん!です。昭和時代を駆け抜けてきた60代が主役の専門ブログ!新しい時代をワクワクドキドキする生き方を提案しています。

おっさん!をフォローする
60代は人生のゴールデンタイム!

60代は体力・気力・資金も多用はゆとりがある世代ではないでしょうか?生活はつつましくとも、わくわく・どきどき生きれば、人生は楽しくなります。ぼくは、お小遣い0円です。このブログの少しばかりの広告費収入で楽しんでます。現役時代に積み重ねた経験やスキルは老後の今も生きてます。健康に気を付けて無理せずゆっくり暮らしましょう!

おっさん!をフォローする
タイトルとURLをコピーしました