朝風呂のメリットとデメリット!健康で安全な入浴方法

魅力的な体
この記事は約3分で読めます。

朝目覚めたらお風呂に入る方も多いのではないでしょうか?

朝風呂は寝汗をかいた体をスッキリと洗い流し
一日の気持ち良いスタートが切れますよね。

その一方である危険性も同時に潜んでいます。

安全に気持ち良く朝風呂を楽しむ方法を
紹介します。

スポンサーリンク

朝風呂のメリット

朝風呂は気持ちがいい

朝風呂には3つのメリットがあります。

  1. 朝風呂は目覚めをスッキリさせてくれる
  2. 加齢臭から1日中解放してくれる
  3. ダイエットに良い

朝風呂は目覚めをスッキリさせてくれる

人間の体には体内時計があって、さらに親時計と子時計があります。

親時計は24時間11分の周期があり
地球の自転24時間と11分の誤差があります。

この誤差をリセットするのが3つのスイッチです。
1.朝日を浴びる
2.軽い運動をする
3.食事をする

すると親時計は誤差がリセットされると
体内の細胞内にある80億個の子時計に信号を送り、
交感神経が動き出し体がスタートするのです。

そこで朝風呂や朝シャワーを浴びると
さらに血流が良くなり
気分がすっきりするのです。

加齢臭から1日中解放してくれる

加齢臭の研究の第一人者である東海大学の
関根嘉香教授の記事を読むと
加齢臭の対策が分かります。

50歳以上のおっさんが出す
「嫌われる臭い」の
原因が研究から分かっているのです。

皮脂成分が紫外線によって分解されて、
あのイヤな臭いを出すのが
「 2-ノネナール 」という物質です。

若い人も同じなのですが、
年取ると皮膚の状態が変わり
出るガスもいやな臭いになるのです。

これがおっさん臭さの元凶なのです。

加齢臭を消すことは構造上できない。

加齢臭を消すことは不可能なのだそうです。

しかし、朝シャワーを浴びる方法を実行すると
殆どの加齢臭を抑えることが出来る
のだそうです。

ダイエットに良い

朝風呂は代謝が良くなります。
例えは次のような入浴方法だと30分の
ウォーキングと同じ
エネルギーが消費される程です。

  • 浴室に入る
  • 3分浴槽に入る
  • 5分出て休み(頭を洗う)
  • 5分浴槽に入る
  • 5分休み(洗う)
  • 5分浴槽に入る
  • 浴室から出てクールダウン

1日の始まりを代謝のよい状態でスタートできて
さらに痩せやすくなる身体になる効果が期待されます。

脂肪が燃焼しやすくなり、
余分な脂肪が溜まりにくくなるという
メリットもあります。

朝風呂のデメリット

ヒートショックを起こす可能性が高くなります。

暖かい部屋から冷えた浴室へ、
冷えた浴室から暖かい湯舟へ、
この急激な温度変化が実はヒートショックの原因なのです。

ヒートショックは心臓に大きな負担を与えます。
最悪の場合、死に至る危険性もあります。

急激な温度差には注意が必要です。

朝風呂に入る方法

ヒートショックを起こさないためには
次の3つの事を注意しましょう。

  1. 入浴前に水分を補給する
  2. ぬるま湯から入る
  3. 脱衣場と浴室の温度差を小さくする

ヒートショックの原因を無くすことが大事です。

夜寝ていると水分を失ているので
体に補給してから入浴しましょう。

最初から熱いお湯に入るのは危険なので
40℃位の温めお湯から入り
徐々に追炊きしながら温度を上げていくのがおすすめです。

そして脱衣場と浴室の温度差を無くす工夫を
しておきましょう。特に寒い時期は要注意です。

おわりに

朝風呂はとても気持ちが良いし
一日のスタートが快調になります。

しかし、ヒートショックという危険も潜んで
いるので注意して入浴をしましょう。

朝風呂のメリットとデメリットでした。

朝のシャワーや入浴で臭いを抑えることができることを
紹介しているサイトと参考図書をリンクしました。

魅力的な体
スポンサーリンク
シェアする
なおたんをフォローする
おっさんずくらぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました