定年後の夫婦『新しい3つのルール』で仲良く暮らすコツ

幸せな未来
この記事は約4分で読めます。

定年退職後に夫婦が仲良く暮らすルールとコツを紹介します。

会社勤めを卒業してひとつ屋根の下で夫婦が暮らすにはお互いの約束があると意外に仲良く暮らせます。

もし、ルールが無いと困ることも起きてきます。その方法とコツを紹介します。

その1:定年退職後の家の中は非日常
その2:どんなルールが必要か?
その3:夫婦が仲良く暮らせるコツ
スポンサーリンク

その1:定年退職後の家の中は非日常

そもそも定年退職すると男性は自宅がベースとなります。再雇用であろうと無職だろと居場所は自宅になります。

自宅もアパートもあれば豪華なマンションや豪邸もあるでしょう。
しかし、どんな家に住んでもそこが自分のベースとなり居場所なのです。

夫婦は本来昼間は一緒にいない事で何十年も一緒に暮らしてきたのです。ご主人は会社に行くし奥様は専業主夫だったり或いは会社勤めたったりパートだったりサークルで元気に活動していたりします。

「昼間は離れ離れ」という原則

基本は「昼間は離れ離れ」という原則のなかで生活してきたのです。

その環境がその日から突然変わるのが定年退職日からでしょう。朝起きてから夜寝るまで自宅がベースなのですからどうしようもないのです。

自宅が自分の自由なベースとなったご主人に対して奥様は逆に昼間の自由を奪われたと思うのが一般的です。

夫婦ともども今迄の日常だったのが、その日から非日常に突然なるのです。

スポンサーリンク

その2:どんなルールが必要か?

会社勤めのご主人は自宅にいると会社の長年の癖がでてくるのです。さらに問題なのは昼間の自宅での奥様の行動は全く知らないし家事のことも同じです。

奥様と会うのは朝夜の食事とたまにある休日にランチをする位ですから。

夫婦がある日から突然顔を突き合わせてひとつ屋根の下で1日を過ごすという息の詰まったような体験が待っています。

最初は休日のようでも毎日となると問題が出てきます。

ルール1:夫婦は基本別々に暮らす
ルール2:対話から会話へ
ルール3:家事への参加

ルール1:夫婦は基本別々に暮らす

新婚時代はいつも一緒でしたが定年退職を迎える夫婦になると逆に個人の自由が欲しくなります。

出来ればそれぞれの個室が理想ですが、場所を分けるだけでも違います。そうすることで自分の時間が取れてやりたいことがお互いに干渉せずに可能になるからです。

一緒の行動を取らない

そしてなるべく一緒の行動を取らないことです。あくまでも奥様が主となります。レディーファーストの精神です。

スーパーへの買い物には基本運転手か或いは一緒に行かないことです。奥様は息抜きに自由なショッピングの時間を楽しみたいからです。

会社の癖を出して部下を引き連れて買い出しに行くようなことではルール違反です。

ルール2:対話から会話へ

結婚前はありふれた趣味や食べ物などを話題に「会話」から入りましたね。それから「もっと君の事を知りたい」という思いが募り「二人の対話」へと発展してゴールするのです。

しかし定年退職になるとむしろ「対話」は危険なのです。お互いに言いたいことを譲らなくなっているし自己主張の繰り返しで折り合いがつかなくなって大喧嘩に発展し険悪な関係になってしまします。

「対話」から「会話」へとシフト

なので「対話」から「会話」へとシフトすることが第2のルールです。

何か美味しいものでも食べる?とかあの温泉はいいね~とか軽い話題にして決して「結論」や「結果」を持ち出してないけないのです。冷戦状態になるリスクがあります。

ルール3:家事への参加

いままで奥様におんぶにだっこでやってもらっていた家事には積極的に参加することが第3のルールです。

家事は初心者だと思って間違いないですから余計な提案やアドバイスは決してしてはいけません。奥様から聞かれたら聞かれたことだけに答えます。

それ以上いい気になってノウハウを語ると地雷を踏みます。

スポンサーリンク

その3:夫婦が仲良く暮らせるコツ

最後に夫婦が仲良く暮らすにはコツがあります。お互いに知りつくしたとはいえ、まだまだ未知の部分もあります。

その未体験ゾーンに一緒にチャレンジしてみることです。

(1)お互いに呼び方を変える

おすすめなのが相手の呼び方を変えてみることです。例えはご主人が奥様を「おい!」と呼んでいたら「〇〇さん」と読んでみましょう。

逆に奥様は「あなた・・」と呼んでいたのを「☆☆さん」と読んでみましょう。やってみると分かりますが、新鮮さがこの上ないことを感じます。

(2)「愛している」と言えるように訓練する

「無理!」と言っているお父さん。訓練が大切です。最初は気持ち悪いですがだんだん慣れてくるとスラスラと出てくるようになります。

「愛してる」と言われて嫌な人はいません。是非チャレンジあるのみです。喧嘩中でも「愛してる!」とハグすると一瞬で笑いに変わります。

(3)名前を呼んで挨拶をする。

朝起きたら必ず名前を読んでおはようとあいさつしましょう。この基本が出来てくると一日がすっきりと仲良く暮らせます。

夜寝るときはお互いに別室で自由にすごしながら時間を過ごしましょ。奥さまはドラマを見たりご主人はネットで過ごしたりとそれぞれ分かれてすごしましょう。

「おやすみ」と一言かけてからね。

おわりに

定年退職後に夫婦が仲良く暮らる3つのコツを紹介しました。先は長いのでお互いにルールを決めて仲良く暮らしましょう。

タイトルとURLをコピーしました