会話と対話の違いを知ることで人との接し方が改善!

おしゃれな会話力
この記事は約3分で読めます。

人は言葉を持っていてコミュニカーションをします。当たり前ですが意外と意識しないで会話と対話をミックスして使っていることです。

会話と対話の違いを知ることはこれからの人間関係のなかで気持ちのよい付き合い方が出来るかどうかにもかかっているのです。

その違いを紹介したいと思おいます。

その1:会話と対話の違い
その2:場面別の使い方
その3:使い方を間違えると危ない
スポンサーリンク

その1:会話と対話の違い

そもそも会話と対話の違いはなんでしょうか。いろいろ調べてまとめたのが以下のポイントです。異論はあると思いますが多少は幅を利かせてまとめました。

・会話は広く浅く二人もしくは少人数で向かい合った話し方
・対話は二人が向かい合って深く狭く個人に伝える話し方

「会話」という言葉は良く聞きますね。会話教室とか英会話、或いはビジネス会話、接客会話などたくさんあります。

ウィキペディアでは次の様に説明しています。

会話とは、2人もしくはそれ以上の主体が、主として言語の発声・手話・ジェスチャーなどによる意思表示によって共通の話題をやりとりするコミュニケーションや、あるいは話をする行為全般のこと。

引用:ウィキペディア

会話の徳高は共通の話題のやり取りを二人以上でやり取りすることです。

では対話をもう少し深く調べてみます。

直接に向かい合って互いに話をすること。また、その話。多くは二人の場合にいう。対談。

引用:精選版 日本国語大辞典

ほぼ他の辞典でも同じように説明しています。対話は二人で向かい合って話をすることですね。

そのメリットは多く、相手の知らなかった価値観を理解出来たり別の一面を発見したりします。ビジネスの間でもん来解決するには対話が重要になってきます。

また交流を広める段階ではパーrヒーなどで会話を楽しみながら、徐々に対話へと進むこともあります。

男女の初デートではなおさらで最初は趣味などの会話から始まり、徐々に対話によって相手の素晴らしさをオタ内に発見して結婚というゴールを迎えるのですね。

スポンサーリンク

その2:場面別の使い方

友人や家族が集まってお茶を飲んだりして旅行の話や食べ物の美味しかった話など複数で気軽の話す場面を思い浮かべます。

一方で対話になりと大きくは首相間での日米対話とか言いますね、日米会話とはいいません。膝を突き合わせて経済という狭い範囲で深く話すことです。

この二つの場面をしっかりと確認して話すことが大切だと専門家も述べています。

本当に相手のことを理解しようとするならば対話になり、たのしくその場を過ごすなら会話になるのです。

真剣に相手が対話を望んでいる時に会話をしたら外しますね。「私は話を聞いてもらいたい。そして理解してもらいたい。逆にあなたの事も良く知りたい」という時に「あの料理は美味しかったね~。とか先日の旅行は子だった」等と会話にしたら相手は話す意欲を失ってしまします。

これはよくあることです。

その3:使い方を間違えると危ない

最も身近で失敗するか成功するかで天国と地獄を味わうのが夫婦の会話です。

奥さんが真剣に対話しようとしている時に聞きたくないし面倒なので会話で逃げてします時は最悪です。

逆に新型コロナで外出自粛で夫婦が向き合う時間が多くなったときに対話ばかりしていると意見のぶつかり合いが生じて地獄になります。

そんな時は軽やかな会話で楽しく時を過ごすことが重要になってくるのです。

おわりに

会話と対話の違いと使う場面について紹介しました。実生活で活用できれば楽しく暮らせます。

タイトルとURLをコピーしました