ノンアルコールで飲み会に参加できるのか?その意外な効果

魅力的な体
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ひとはいろいろな事情でお酒が飲めないことがあります。

お酒を飲まないからといって
飲み会に参加しないわけにもいかない。

そんな時に利用するのが
ノンアルコールのお酒です。

今まで呑兵衛だったのが
はたしてノンアルコールでどこまで
飲み会に馴染めるのか。

ノンアルコール飲料が体に及ぼす影響と
意外な効果をご紹介します。

ノンアルコールを飲むとき

お酒を飲み過ぎて体をこわし
お酒禁酒命令が出たときは飲んではいけません。

痛風対策でビールが飲めないこともあります。

一方で酒太りで体重が多くなり
ダイエット目的で禁酒している時があります。

そんな時に活躍するのが
ノンアルコールのお酒というか
飲み物です。

飲み会や宴会に入っていけるか?

その昔、営業で車を運転していて
お客さんを送迎する役がありました。

お客さんを居酒屋に連れて行って
その帰り車で送るのです。

普通に飲んでしまったら
飲酒運転で決してや手はいけないことです。

そんな時は、
ウーロン茶をグラスに入れて氷を足すと
ウイスキーのロックに見えるから、
お客さんが酔ってくると
こちらがウーロン茶だとは分からなくなり
付き合いが出来たことを記憶しています。

しかし、普段お酒を飲んでいるものとしては
ウーロン茶はやはりウーロン茶です。

しらけムードの中んで
接待するからあまり面白くないのです。

仲間内の宴会では
最初からウーロン茶を頼むから
バレバレでさらにしらけるのです。

ノンアルコールのビール

同じ見た目なら
まずくてもノンアルコールのビールでしょう。

相手からは本物のビールに見えるから不思議です。

お客さんがノンアルコールのビールを
注いでくれるのです。

これなら宴会も違和感なしで
入れます。

ノンアルコールのビールの威力

ノンアルコールのビールを飲んだことがある方なら
ご理解いただけるとおもいます。

本当に酔った感じになるのです。

アルコールが入っていないのですが
ビールを飲んだ気がするのです。

酒仲間に入れる威力

ノンアルはさらにこんな効果があります。

自分が酔ってしまった感じがして
解放感、リラックス感がお酒と同じようにあるのです。

もともとお酒を飲んだ人なら
さらにその効果は絶妙に出てきます。

いっしょに酔っぱらいになってしまうのです。

プラシーボ効果

脳が錯覚をおこしてしまい
酔ったと同じ効果がでるのです。

これをプラシーボ効果といいます。

最近のノンアルコールのお酒は本物のお酒と
まったく同じ用は品質まで
高まってきました。

アルコール含有量が0.00%だけが違い
その他はほぼ同じ。

ましてやノンアルコールのビールを見ると
泡があり色がビールで
味わいもビール。

脳が錯覚してしまうのも
理解できますね。

ノンアルコールを効果的に活用

ノンアルで飲み会に参加しても
違和感なく付き合えて
自分も一緒に酔った気分になります。

その結果リラックスが
出来ました。

お酒を飲んではいけない状況や場面では
ノンアルコールの飲み物を利用するといいですね。

お酒の飲み過ぎで休肝日を作るときや
事情でお酒が飲めない場面では
利用できる便利な飲み物です。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました