日本人は『サングラス』が似合わない?おしゃれな選び方

ステキなおしゃれ
この記事は約4分で読めます。
正直言って日本人ってサングラス似合わないですね。
調べてみるとまゆ毛の位置の問題だとかいろいろ原因が??
似合うようにする方法とか日本人でも似合うサングラスの色とか形とか教えてください

この記事はこのような質問向けの内容です。

ブランドが提唱する日本人に似合うサングラスのポイント1つを参考にイタリアでの経験も併せて大人のおしゃれなサングラスの選び方のポイントをご紹介いたします。

スポンサーリンク

その1:日本人が似合うサングラス「アジアンフィット」

サングラスを欧米人が書けると似合うのは骨格が違うからだと言われています。なので欧米ブランドのサングラスを選ばずにそのまま書けると似合わないのです。

そもそも欧米人とは違う骨格

日本人だからあたまの骨格や鼻の高さ、そして顔の堀の深さにはアジア系の特徴があります。いまさら治せないのが悲しいところです。

しかし欧米に合わせるのではなく、むしろアジア人としての特徴を生かしたサングラスを掛ければいいのです。

この写真はイタリアのフィレンツェからミラノまでご一緒したかっこいいイタリアのおじさんです。

イタリア ミラノーフィレンツェ

私ども日本人はアジアン系の人種だからこのようにイタリア人のおじさんとは別の特徴のカッコよさをもっているのです。

それが「アジアンフィット」です。

アジア人のおしゃれにマッチするサングラスを選ぶには、アジア人の骨格にフィットしたデザインのサングラスが必要なのです。

それが「アジアンフィット」というスタイルで世界のブランドも様々な製品を作っております。

レイバンのアジアンフィットモデル

例えばサングラスのブランドの定番レイバンでは「アジアンフィッティングモデル」を出しております。参考に引用いたします。

インターナショナルフィッティングとアジアンフィッティングの違い

Ray-Banではインターナショナルフィッティングのほかに、アジア人向けに開発されたアジアンフィッティングモデルもご用意しています。
アジアンフィッティングモデルは、フレームに緩やかなカーブをもたせ、ノーズパッドを高めに設計したことで、アジア人の顔によりフィットし、快適にお使い頂けるモデルです。

出典:Ray-Ban レイバン

鼻の低い日本人がそのままサングラスをかけると似合わないので、ノーズパッドでメガネを浮かせる設計を特別に作りアジア人にフィットするように仕立てるのです。

この事を知らないと似合わないサングラスを選んでしまいます。

サングラスを選ぶ時のポイント

シンプルでクラシックなスタイル

イタリアはミラノなどファッションのメッカです。でもイタリアのおじさん達の好むデザインはいたってシンプルでクラシックなスタイルです。

イタリアの歴史的遺構が街のそこら中に露出している通りにマッチした色彩とシンプルでクラシックなデザインがとてもおしゃれでかっこいいのです。

私どもは日本に住んでおりますので仮称「ジャパニーズフィッティング」と申しますか、日本の下町にもフィットするサングラスがとてもオシャレですね。

タモリさんのサングラス

たとえは「タモリ」さんのサングラスです。良く似合います。

レイバンのRB4184という生産終了モデルのアジアンフィットモデルではないでしょうか・・・

デザインのポイント

定番のクラシックモデルは、どんなスタイルのファッションにも合わせられるサングラスです。

おじさんの年代の魅力的な渋さと和のわびさびと最新の定番デザイン。

そしていつまでも変わらない定番でクラシックでありそのシンプルさがマッチしたサングラスがおすすめです。

選ぶ時の基本的なポイント

サングラスをかけたときの位置が大切だと言われています。

では、どの様な位置がいいのかのポイントです。

眉毛がサングラスの上のフチから出るか出ないか位になるようにすると、
ベストなバランスとなります。

その他のフィッティング

人には「まんまる顔」「おもながの長」「三角形の顔」「四角い顔」など
様々な外見があります。

眼鏡の専門家がその経験から希望をいえば最適なデザインを選んでくれます。

実際にサングラスをかけてみると意外なデザインがよく合うことに出会います。

レイバンの新しい定番モデルはこちらです。

おわりに

自分の魅力を引き出すサングラスを一つ身に付けるとその魅力は一段と深まっておしゃれでモテる魅力的なおじ様になるのです。

タイトルとURLをコピーしました