体力低下は本当?60代は魅力的な体力を持っている

魅力的な体
この記事は約5分で読めます。

60代から劇的に体力が低下すると様々なメディアで言われています。でも、本当に60代から劇的に体力が低下するのでしょうか?実は60代は魅力的な体力を持っていることを紹介します。

スポンサーリンク

60代から劇的に体力低下するとは?

健康寿命をのばして60歳からの第二の人生を楽しむためには運動が重要だと言われています。20代をピークに筋力は徐々に低下し60代を過ぎると劇的に低下するようです。

なので、運動の習慣をつけて筋力の低下や骨密度の低下を予防することも大切だと忠告しています。

とは言っても、60歳はまだまだ元気で体力もある魅力的な体をもった年齢です。だから、思うほど体力も気力も低下していないのです。

思っている人こそ、元気なうちに運動習慣を身につけることが重要です。

スポンサーリンク

本来は38才が寿命なのです。

医学の進歩のおかげで90代まで生きれるのです。100才だって元気な高齢の方はたくさん暮らしえいて今も増え続けているのです。人生100年時代とも言われている日本人の2018年の平均寿命は男性が81.25才、女性が87.32才なのです。

100才の現役美容師の奥様が元気にやっている姿は、どうみても100才には見えないのです。昭和の人間からみると同も70才くらいだから、「本当ですか?そのお歳は・・」という感想です。

本来の推定寿命38才のおよそ2倍以上生きているようになったから、60才から劇的に筋力が低下する心配などは当たりまえのことで、低下しない方法の話題自体が異常な話なのだと思います。

本来の寿命が38才とはオーストラリアの研究機関が2019年12月12日学術誌『Scientific Reports』に掲載した研究です。「A genomic predictor of lifespan in vertebrates」というテーマです。

60才過ぎて筋力が劇的に低下は標準

60才過ぎても筋力がアップしてムキムキになり、トライアスロンが趣味だなんて人がいるのですが、どうもDNAがそうなのかもしれません。

いくらがんばっても筋力増強どころか維持もできないのですから、まれな人なのかもしれません。

60代で普通に歩くことができれば正常ではないかと思うのです。普通とは60代並みの歩き方です。姿勢が少し前かがみになりつつあり、速度も少し遅くなり、動作も多少鈍くなって、手すりを使ったりすることも出てくる年ごろです。

友人というかこの年なら先輩ですが70才で一人暮らしです。先日、あまりの暑さで助けてくれる人もいないので、医者に相談したら「入院でもしていけ」とのことです。

医者によると90才の体だそうです。だから寝たきりの70才もいるのです。どこが悪いというわけではなく自然にそうなったのですが、たばことお酒は大好きです。

70才で90代の体なのですから、入院してため息でもついているかと思ったら妙に明るく、まだやりたいことがあると食欲もでてきたようです。

筋力どころか筋肉が無い位なのです。これも自然に年を取ったといってます。

60代はまだ魅力的な体です

60代になった自分の体を風呂でも入ったら鏡の前で見たほうが良いです。見たくもないと思うのでが、60代はどんな体なのか確認したほうがいいです。

理由は、意外と筋肉がまだ残っていることに気が付くからです。

友人と比較するのではありませんが、90代の体をもった70代からみるとまるで若者の体です。60代でお腹のあたりから脂がなくなり,しわしわにはなっていないのです。逆にお腹がメタボ的にプリンプリンしているのです。

ダイエットが必要な体が60代ではないでしょうか?まだまだ魅力的な体です。

先日、そうはいっても「つま先立ち」が難しくなってきました。いよいよ、階段を降りる時はつま先立ちができないから、踏ん張れずに、かかとからズシンと降りる感じです。

だからよたよたするのですが、何とか歩けるのです。1日のウォーキング20分は何とか歩ける。医者に行って「サルコペニア」じゃないかと聞いたのです。

サルコペニアは、加齢による筋肉量減少が原因とされる「加齢性筋肉減弱現象」です。

すると医者は、この太い脚だからサルコじゃないといってました。

そこで、1日に50回を3回に分けて椅子につかまって、妻先立ちの運動をしてみたのです。すると当日の湯型から、なんか足が強くなったような気がしました。ふくらはぎを触ったら筋肉が少し硬くなっているのです。

これは、何とかなるかな、と明日からやることにしたのです。

こんなことも60代の当たり前の普通の体だと思うのです。

今から30分以内に申し込む?

こんな60代の体が普通じゃない、筋力が低下したら健康寿命が縮む・・と心配して、サプリや栄養食品をたっぷりとっても、やはり筋力低下はやってくるし、介護になる日もやってくるかもしれない。

「30分以内にお申し込みください。オペレータを増員してお待ちしております」このCMは当然メールやスマホから申し込むのが面倒だかわかりませんが、手っ取り早い電話を選んでます。

最近はどの通販も30分以内で半額か1000円以内で送料込みというパターンが横行して、60代以降がメインターゲットです。

60代は筋力がもともとあるので、頑張ればすぐにキレイになるし、少しなにかやれば効果がすぐ出るからいいのです。

今しかない人生ですから

先のことは分からないのです。同じ60代の友人が昨日まで生きていたのに翌日はあの世に逝ったのですが、だれも予測していませんでした。どうしてかはわかりませんが筋力低下のせいではないようです。

劇的な筋力低下が待っているというのですが、どうなるかは人それぞれです。もしお金をたっぷりかけてサプリを飲んで、ジムに通って、筋力をつけて、元気に100歳までと希望しても、新型コロナが待っているかもしれないのです。先は何にもわかりません。

あるのは「今」、林先生が良く言う「今でしょ!」が大好きです。

ウミウシのように省エネでゆっくり無理せず

無理して若作りせず、無理して筋トレぜず、今を受け入れて楽しめる60代は「人生のゴールデンタイム」で、二度ときません。

ウミウシは気持ち悪いです、しかし、東工大の教授から教わったのですがウミウシの生き方は好きです。動かないので省エネで海底の砂についてる微生物を食べて生きているだけです。人間は自分のためにどれだけ電気を使って生きているかわかりません。

話はそれてしましました。

戻すと、「思った通りに、楽しく明るく、そして安く、質素に、元気に生きる」ことができるのが60代の特権だと思うのです。

タイトルとURLをコピーしました