『40代から物忘れ頻発?』記憶力がアップする方法

魅力的な体
この記事は約4分で読めます。

40才になったら記憶スタイルを切り替えてアップする方法を紹介します。

『昔のことは覚えちゃいるが昨日のことは・・』どこかで聞いたセリフですが年を重ねると記憶が悪くなります。

さっき聞いたばかりの電話番号やパスワードなどはだんだん記憶から消えて思いだせなくなってきます。

でも子供の頃から学生時代のことは手に取る様に鮮やかに残っています。

60才を過ぎました。5年前の事で記憶に残っているのは旅行へ行ったことです。年金の処理や火災保険の書き換えや車の車検など事務的なことは結構どこかに飛んでいます。

若い時と年を取ってからの記憶は何かちがうのでしょうか?

その1:記憶には2種類ある
その2:記憶のゴミ
その3:人は忘れるようにできている?
スポンサーリンク

その1:記憶には2種類がある

人の記憶する方法は二つあるのだそうです。例として以下の2つを取り上げてみます。

(1)本を読んで覚えた記憶
(2)自転車の乗り方を思えた記憶

(1)本を読んで覚えた記憶

この記憶は本を読んで覚えた記憶などです。文字を読んで覚えるのだからその対象はものすごく多いですね。

勉強はもちろん、電話番号、住所、歴史の年号、契約内容、人の名前、会社名など数えたらきりがありません。

頭で覚えた記憶です。

記憶を脳に蓄積していく過程が実に複雑

リンゴを記憶するには「リンゴ」の情報をバラバラに分解して別々の格納庫にしまうのです。そして思い出すときはそれぞれの格納場所から集めて一つに戻して思いだすそうです。分解したどれか一つが無くても思いだせないのです。

インターネットのパケット通信と似ています。これらの記憶には記憶領域をたくさん使うそうです。

言葉で表現できる記憶なので「陳述記憶」と呼ぶそうです。

(2)自転車の乗り方を思えた記憶

子供のころ自転車の乗り方を教わったことがありますね。

自転車の乗り方を書いた本を読んで乗り方を覚えたわけではありません。よくいわれている「体で覚える」という方法で記憶したのです。

自転車にまたがってペダルをこいでバランスを取って乗る方法を文字から読んで記憶したら相当なページ数になります。

鉄棒の逆上がりもそうでした。何回もやっているうちにできるので本で読んでもできないしできたからといって本にするのは大変です。

言葉にすることが難しい記憶です。

体で覚える記憶は、脳から出る指令と体の筋肉の動きの組合せで記憶するので記憶量量は微々たるものなので記憶容量を気にせずどんどん増やしていけるのです。

この記憶方法は記憶容量が少なくて良いそうです。

この種の体で覚える記憶を「手続き記憶」といいます。

スポンサーリンク

その2:記憶のゴミ

記憶には2種類あったことが分かりました。

40才を過ぎたら「体で覚える記憶」へ変換する

40才を過ぎたら頭で覚える「陳述記憶」を体で覚える「手続き記憶」へと変換して脳の記憶スペースを空けておけば記憶もスムーズとなります。

パソコンと同じでメモリーが少ないところに多くのアプリを出したら途中で余力がなくなりフリーズしてしまいます。

それと同じで、40年の人生で沢山の邪魔な記憶があるとそれらが邪魔をして記憶を取り出せないばかりか、記憶することも難しくなります。

記憶のゴミを捨てたり手続き記憶へと変換して少しでも脳の記憶領域を広くしておくことが大切になります。

「陳述記憶」を「手続き記憶」へ返還する方法は頭で覚えたことを体で覚えることに変換することです。

具体例 英会話は何才からでもOK?

そうなんです。中学高校と勉強した英単語ですが、ほとんど忘れていませんか?

実は忘れているのではなく、いったん分解して脳に格納したのですが戻すのに別の記憶が沢山あって取り出せなくなっているだけです。

そこで「陳述記憶」として頭で記憶したことを体で覚える記憶「手続き記憶」に変換してやるのです。

具体的には、外国人を目の前にして「単語を使って話すのです」。英会話という「体で覚える」方法に変換してやるのです。

すると「I am going to meet him」私は彼に会うつもりですよ。

「~するつもりです」などと習ったことをすぐには思いだせないし、すぐに口に出して言うこともできません。

でも、外国人を前にして英会話で音声と耳と目と体などを使って「体で覚える」ことをすると昔習った英語を「体で覚える記憶」に置き換えることができます。

さらにその記憶は60才で英会話を始めても決して忘れません。

記憶力がイマイチで有名な私がやってみて確信が持てた方法です。お陰様で53歳ごろ始めた英会話は現在60才を過ぎてもすぐにペラペラと話せますよ!)

是非、好きな分野を使って記憶を変貫してみて下さい。

その3:人は忘れるようにできている?

人の脳に記憶されたことは睡眠をとる事で夜中に掃除されます。

「一晩寝たら嫌なことを忘れてしまった」そんなことがあります。

もともと不要な記憶や自分の命に関係ない記憶は忘れるようにできているのかもしれません。人間は記憶領域を守るために夜中にリセットするのです。

参考図書:40代からは記憶法がかわります(Amazon)

おわりに

記憶が悪くなったとしても記憶する方法をかえればいいことがわかりました。

イヤなことは良く寝てわすれましょう。

タイトルとURLをコピーしました