定年退職後60代は仕事から離れて自由に暮らす

幸せな未来
この記事は約4分で読めます。

定年退職が65才に向けて進んでいるようなのです。年を重ねても体が元気なように見えるようですが、実際の体はとても疲れているかもしれません。

医学の進歩と食料により長生きするのですが、どうも健康年齢とは10年前後の乖離があるようなのが現実ではないかと思うのです。

80才を過ぎても筋トレして太ももや胸筋がムキムキのたいはDNAをもったお父さんも世の中にはいますが、大体はあと何歳という遺伝子のろうそく「テロメア」のしっぽが消えかかっていることも忘れてはいけません。

スポンサーリンク

定年後の60代は生活の切り替え時?

恐らく学校を卒業してから60才で定年を迎えるまで40年前後の間、仕事をして働いてきたのです。

定年退職まで仕事を何らかの形で続けてきたことは奇跡としか言いようがありません。よく無事に40年前後仕事をしながら生きてきたことは、とても難しいことだと思う時があります。

60才定年を迎えると、どう生活していくのかの決断をせまられます。さらに65才までさらに仕事をして頑張るのか、あるいは60才で仕事から離れて自由に暮らすのか。

そこは生活費との関連もあります。どうしても働かないと生活がむずかしいという場合です。それは仕方がないことなので働かなければなりません。

しかし、なんとか生活できる程度の経済力が残っていたらどうでしょう。そこからの選択は生き方の選択にもなる可能性があります。

60代はそれまでの仕事人間から年金生活への切り替え期間でもあり、現役時代をリセットをソフトランディングする時期でもあると思います。

この時期を上手に過ごすと70代以降が実に楽な生活になるのだと思います。あくまでも私の考えです。

仕事人間の癖はなかなか取れない

40年戦後も仕事をしてきたのですから、その仕事癖はなかなか取れません。昨日まで働いてきて送別会をしてもらい、花束を抱えて家に帰ってきたら、翌日からは当面、家で暮らすのです。朝から晩まで家がベースなのです。

仕事をしてきた人にとっては、金魚の水槽を変えたような居場所も生活も激変します。

奥様さえも昼間は一人で生活してきたのですから生活が激変します。ご主人とはいえ一人の初老の男が朝から晩まで居座っているのです。

さらに仕事癖が抜けないから、奥様を部下のように温活ところがまだまだ残っています。

お手伝いの「家事」から当たり前へ

その証拠に「家事を手伝っている」という意識になってしますのです。

「これだけ手伝ったよ」などと奥様に認めてもらいたいのです。

しかし、世界の先進国の中で日本の男性が家事をする時間は最低で最下位です。ごみ捨てや風呂掃除くらいはやるけど家事は基本的に奥様まかせす。

「家事は当たり前で自分の仕事」という意識になるまでには3年はかかります。

60代でこの感覚を身につけておかないと70代以降はそのまま仕事癖を身に着けたまま奥様を部下にして生活することになります。

70代からの生活への助走期間

60代は70代への助走期間だと思っています。

ビジネスの現役時代の重苦しい服を脱ぎ捨てて、軽やかでシンプルでモノへの執着もなくなり、自然をそのまま受け入れて暮らす「年金生活」を楽しむのです。

あれが欲しいだとかどこに行きたいとかではなく、自分が本当に楽しめてしかもシンプルに毎日を過ごせるような平凡は日常なのです。

それがもっとも難しい生き方であり理想の生き方なのではないかと思っています。

70代の相棒は4つのブログ

そのころ、62才から初めた4人の社員「ブログロボット」は放置しても月収10万円を稼いでくれることを期待しています。

1年で年収が3倍になった現在ロボット。7月8月の平均月収はまだ2万円程度ですが、あと数年で月収10万円は稼いでくれそうです。

ブログは時間も空間も知識もすべてが世界とつながっている扉です。70代を共にする相棒になっているかもしれません。

おわりに

60代は現役時代と年金生活との狭間にある重要な時間ではないかと記事を書きました。

せめて食後の食器の洗い物が「お手伝い」ではなく「当たり前」になりたいものです。

おっさんが初めて『ブログでお小遣いを稼いだ日!』いくら?

タイトルとURLをコピーしました