ウォーキングで「あっという間に歩数が増える!」簡単な方法

この記事は約3分で読めます。

「ウォーキングでなかなか歩数が増えない・・」

「ウォーキングが苦痛にならない方法はないか?」

ウォーキングはなかなか続けるのが難しく、途中でやめてしまう方が少なくないのでは。

そこで、簡単にウォーキングの歩数と時間が増えて続けられる方法を紹介します。

簡単な方法なので、気が付くとあっと言うまに歩数も時間も増えています。

スポンサーリンク

ウォーキングで歩数や時間が増えない原因

ウォーキングで歩数や歩く時間が一向に増えない
ウォーキングで歩数や歩く時間が一向に増えない

ウォーキングで歩数や歩く時間が一向に増えないのには原因があります。

それは「義務的にウォーキングをしている」からではないでしょうか?

「今日は何千歩は歩かなきゃ!」とか、「最低1時間は歩こう!」とか頑張ると続かないのです。

ウォーキングは頑張ってやるのではなく、楽しみを入れると長続きします。

1.ウォーキングは楽しみながらする
2.ウォーキングは楽しいとあっという間に時間がたつ

ウォーキングを効果的にする方法

ウォーキングが長続きするには「楽しくやる」ことが大切です。

人間は興味があることや楽しいことには、時間を忘れて没頭する習性があります。

この修正をウォーキングに取り入れるとあっという間に歩数も時間も増加します。

ウォーキングは「ウォーキングスタイルに身を包み、道路をさっそうと歩く」という固定観念を捨てると自由に歩く場所が広がります。

ウォーキングを楽しんでする場所は?

ウォーキングは道路ばかりではありません。
ウォーキングは道路ばかりではありません。

ウォーキングは道路ばかりではありません。

次のような場所では興味があれば、あっという間に時間が過ぎていきます。

(1)ホームセンター
(2)スーパーマーケット
(3)大型家電売り場
(4)大型のショッピングモール
(5)大型家具売り場

これらの施設はほとんど大型で広く、いろいろなショップが集合しているのが特徴です。

また、多品種のグッズが並んでいますので、見て歩くだけでも時間があっという間に過ぎます。

そして歩数計に目をやると、数千歩は歩いていることに気づきます。

人は、興味があると知らず知らずの内にウォーキングのことなど忘れて歩きまわるものです。

あっという間に5,000歩は歩く

これらの大型施設は「スポーツジム」に匹敵するもので、ウィンドウショッピングしながらウォーキングが楽しめます。

気が付くと1時間、2時間は歩き回り、歩数は5,000歩は超えているでしょう。

「義務感」でウォーキングをするほど、つまらないものはありません。

興味がある場所を楽しんで歩き回るのがウォーキングで歩数を増やし長く続ける方法の一つです。

おわりに

ウォーキングウエアに身を包み、シューズに履き替えて、コースをひたすら歩くことが目的だったら、3日坊主で終わることにもなってしまいます。

歩数自慢のように記録を目的のは、体に負担がかかりあまりおすすめはできません。

60代は無理せず「楽しんでるうちに時間が過ぎていた!」

そんなウォーキングをしたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました