おならや便の臭いがくさい!原因のセルフチェックと改善方法

この記事は約7分で読めます。

おならの臭いがくさい!排便後の臭いがきつい!

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

実は、そのお悩みは「腸内環境]を整えるための「腸活」をすれば解消できるんです!

その理由は、善玉菌が増えると腸の元気がよくなるからです。

この記事では

  • 腸内環境を整えるとおならが臭くない!
  • 腸内環境をセルフチェックする6つの項目
  • 腸内環境を整える腸活の方法とメリットとは?

を説明します。

おならや便の臭いでお悩みの方は、ぜひこの記事を読んで欲しいと思います。

スポンサーリンク

腸内環境を整えるとおならや便が臭くない!

腸内環境を整えると、おならや便の臭いにおいがなくなる!

腸内環境は最近よく聞きますよね。腸内環境は文字通り「腸の中の環境」で、それを整えることを「腸活」と呼んでいます。

腸内環境を整えると、おならや便が臭くない

おならや排便後に、臭いがくさかったり、きつかったりするのは、腸内環境が整っていないからです。

腸内環境をシッカリと整えると、おならや便のくさい・きつい臭いは無くなります。

腸内環境を整えると善玉菌が増える

腸内環境を整えると、ビフィズス菌や乳酸菌の「善玉菌」がふえます。

特に善玉菌の「ビフィズス菌」は、年を重ねると減ってしまうので、増やす努力が必要です。

運動不足になると、おならや便が臭くなる

コロナ禍で外出をしなかったり、歩かなかったり、運動をしなかったりすると、運動不足になります。

運動不足は腸内環境が悪くなります。

その結果、おならや排便での臭いがくさくなるのです。

運動不足で腸に有害物質が増えるとおならや便が臭くなる

運動不足になると、悪玉菌が出す有害物質が増えて、おならや便が臭くなります。

運動不足は、解消することで、おならや便の臭いにおいが解消します。運動は大事です。

ストレスが増えてもおならや便が臭くなる

様々なストレスを受けている毎日です。そのストレスが増えていくと、おならや便が臭くなると言われています。

ストレス解消で、おならや便の臭いが解消することもあります。

腸内環境をセルフチェックする6つの項目

腸内環境をチェックする方法があります。

この方法は、理化学研究所で名誉研究員の辨野義已さんが、NHK健康ライフ(2021年9月27日放送)の中で紹介した方法です。

当てはまることが多い程、腸内環境が悪くなっています。 おならや便が臭い原因となります。

あなたは、どれくらいなのかセルフチェックしてみましょう!

  1. おならや排便後の臭いがきつい
  2. 便が硬くて気持ちよく出ない
  3. 野菜がキライ!あまり食べない
  4. 肉食や外食がとても多い
  5. 牛乳や乳製品が苦手
  6. 運動不足が気になる

(1)おならや排便後の臭いがきつい

おならをしたときやトイレで排便をした後に、とても臭いがきつくなっている時です。

消臭剤をスプレーしたり、換気しないといけないほどなら、相当腸内環境が悪化しているかもしれません。

(2)便が硬くて気持ちよく出ない

排便する時に、便が硬くて「スルッと」でない時です。

便秘で気持ちよく出ないと、腸内環境が悪化しているかもしれません。 おならや便が臭い原因となります。

(3)野菜がキライ!あまり食べない

野菜をあんまり食べない方や、野菜がキライな方は、腸内環境が良くないことがあります。

腸内環境が良くないため、おならや便が臭くなる原因となります。

(4)肉食や外食がとても多い

パワーアップやスタミナアップのために、お肉ばかりたっぷりと食べる方は、腸内環境が悪化している可能性があります。 おならや便が臭い原因となります。

外食ばかりしていると、やはり腸内環境に心配があります。

こんな実験が辨野さんが紹介しています。

1日1.5Kgの肉を40日間食べる実験では、体臭がきつくなり皮膚が脂ぎってくる。大きな病気につながることがあります。肉を食べるのが悪いのではなく、肉と一緒に野菜を食べることが大切です。

(5)牛乳や乳製品が苦手

牛乳やヨーグルトなどの乳製品が苦手で、ほとんど食べないと、腸内環境が良くない場合があります。おならや便が臭い原因となります。

(6)運動不足が気になる

運動不足は、腸内環境を悪くする要因となります。 おならや便が臭い原因となります。

ウォーキングやジョギング、散歩や買い物などで外出せずにいると、運動不足になってしまします。

腸内環境を整える「腸活」のメリットとは?

腸内環境を整える「腸活」には、多くの健康になるメリットがあります。

腸内環境を整えることを「腸活」と言います。どんなメリットがあるのか紹介します。

腸内環境を整えると100才になっても元気

これは、理化学研究所の辨野さんが報告された記録です。

それによると、こんな報告です。

長寿の村の人の腸内環境を調査したら100才になっても病気にならず、寝たきりにならず、元気に一杯に暮している方がたくさんいた。

腸内環境が良いと、100才になっても寝たきりにならず、病気もしないで、元気に暮らしているということです。これは、長寿時代に生きるのには、とても大切なことですよね!

便秘の解消で肌荒れが解消

腸内環境が腸活で整ってくると、便秘が解消されて「お肌の荒れが解消する」というのです。

腸内環境を整えると免疫力がアップ

腸内環境が整うと、「免疫力アップ」になります。

腸内環境が悪いと免疫力が低下して、風邪をひきやすくなったり、治りにくかったり、疲れやすくなります。

腸内環境を整えると大腸がんの予防にも!

腸内環境が悪いと、悪玉菌と言われている有害な物質を作る腸内細菌が増えてきます。

その結果、大腸がん、大腸ポリープをはじめ全身の病気の原因になることもあるというのです。

腸内環境を整えると「脳」にもメリット!

腸内環境が悪いと、腸内細菌が作り出す有害な物質が血流を通して、脳に行って病気を引き起こすこともわかってきたと言います。

腸内環境を整えると「脳」まで、健康になるのですね!

腸内環境を整える「腸活」の方法とは?

腸内環境を整える「腸活」には、どのような方法があるのでしょうか?

これまでの、内容をまとめると5つになります。

  1. 便秘を解消しましょう!
  2. 野菜をしっかり食べましょう!
  3. 肉食や外食が多いなら、野菜も摂りましょう!
  4. 牛乳や乳製品を食べましょう!
  5. 運動不足やストレスを解消しましょう!

また、次のことも参考にして腸内環境を整えましょう。

腸内の微生物の量

腸内には、多様な細菌・微生物がすんでいるといわれています。

複雑な微生物が腸内環境を形成しているのですね。

その微生物の量はとっても重く、大体1.5kgの重さの腸内細菌が住んでいると言われています。

その内訳は、悪玉菌が10%前後、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が20%前後、残り70%は未知の菌です。

ビフィズス菌や乳酸菌の善玉菌を優先して増やすことが大切だとしています。

善玉菌が増えると

腸内環境を構成している「前玉菌」を増やすといいことがあります。

善玉菌のビフィズス菌、乳酸菌が増えると免疫力が増えて病気にかかりにくくなります。

年齢を重ねてくると「ビフィズス菌」が減ってしまいますので、いかにビフィズス菌を増やすかが、これからの健康を維持する上で大切になってくるのです。

運動不足・過食で体重が増加

腸内環境を改善するには、運動不足の解消、食べすぎない、食べ過ぎで体重を増やさないことだといいます。

それは、おならの臭いが臭い、便の臭いがきつい、という問題も解消することにつながります。

身近には、お金がかからずに、すぐできる「ウォーキング」がいいですね!

ストレスを抱え込まない

ストレスを解消することが大事です。

最後になりますが、「ストレス」は万病のもとです。

ストレスを抱え込むと腸内環境が悪化します。そして、おならや便の臭いがくさくなってしまします。

ストレスを解消する方法は、たくさんあるので自分に合った方法を見つけましょう!

散歩しただけでも、ストレスは解消しますよ!

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

おならや便の臭いを解消するには、腸内環境を腸活で整えることが大事です。

  1. 便秘を解消しましょう!
  2. 野菜をしっかり食べましょう!
  3. 肉食や外食が多いなら、野菜も摂りましょう!
  4. 牛乳や乳製品を食べましょう!
  5. 運動不足やストレスを解消しましょう!

腸内環境を整えるれ場「おならの臭いや便のくさい臭い」が解消されます!

是非、チャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました