「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

日傘は黒と白どっちがいい?日傘の最新事情とは?

日傘を選ぶ時に、「黒色」か「白色」か、迷いませんか?

どちらが紫外線をよく防いでくれるのでしょうか?

そこで、今回は、日傘の黒と白のカラーによる、紫外線や熱を防ぐ効果について調べてみました。

「PR」

日傘は黒と白どっちがいい?

日傘を選ぶ時に、黒い日傘と、白い日傘、どちらがいいのでしょうか?

黒い日傘は、熱く感じるし、白い日傘は涼しく感じる。

でも、紫外線を防ぐ効果は、どちらがいいのかも、疑問です。

また、日傘の裏側は、黒がいいのか、白がいいのか、これも迷ってしまいます。

この色の違いを説明します。

黒色系と白色系の違い

比較白など明るい色黒など暗い色
紫外線通りやすい通りにくい
反射ししやすい吸収しやすい
熱がこもりにくい暑くなりやすい

白い色は、涼しい感じがして、実際に熱がこもりにくいと言われています。

しかし、黒に比べて紫外線が通り安いという特徴があります。

一方、黒い色は、紫外線が通りにくいのですが、暑く熱がこもりやすい特徴があります。

黒い日傘の特徴

黒い日傘の特徴をまとめました。

表が黒い日傘でも、裏側が黒い色と白い色があります。

この違いを比較します。

表も裏も黒い場合

表も裏も黒い日傘は、紫外線が通りにくいと言えます。

また、上側が黒いため、地面や下からの光の反射で、まぶしいことも軽減されるメリットがあります。

ただし、赤外線も通してしまうので、熱がこもりやすいとも言えます。

表が黒で裏が白い場合

表が黒くて、裏が白い日傘があります。

表が黒なので紫外線が通りにくいと言えます。

また、裏側が白いため、夏の強い光が乱反射することもあるようです。

白い日傘の特徴

白い日傘は、黒色よりも紫外線を通りやすいですが、光を反射するので黒より暑さは軽減されます。

見た目も涼しい感じがします。

表も裏も白い場合

両面が白い色の日傘は、涼し気な感じがします。

しかし、裏側が白いことから、地面や周りからの光が反射して、まぶしい感じがするでしょう。

紫外線は、黒よりも通しやすいです。

表が白で裏が黒い場合

裏側が黒い色なので、地面からの光の跳ね返りでまぶしさを軽減します。

しかし、日傘の内側に熱がこもりやすくなります。

日傘の最新事情とは?

日傘はどんどん進化しています。

実は、紫外線をカットする加工が施されています。

また、熱を防ぐ加工も施した日傘が主流となっています。

その結果、ここまで説明したような、日傘の色による差が、ほとんどなくなっているのが最新の日傘。

つまり、日傘の色による機能の違いはほとんどなくなりました。

日傘は、色を気にせず、ファッションやTPOに応じて好きな色が楽しめる時代となています。

★ブログランキング参加中!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ にほんブログ村 シニア日記ブログ のんびりシニアへ
にほんブログ村
「PR」
生活情報
この記事を書いた人
おっさん!

ブログを書いている おっさん!です。昭和時代を駆け抜けてきた60代が主役の専門ブログ!新しい時代をワクワクドキドキする生き方を提案しています。

おっさん!をフォローする
60代は人生のゴールデンタイム!

60代は体力・気力・資金も多用はゆとりがある世代ではないでしょうか?生活はつつましくとも、わくわく・どきどき生きれば、人生は楽しくなります。ぼくは、お小遣い0円です。このブログの少しばかりの広告費収入で楽しんでます。現役時代に積み重ねた経験やスキルは老後の今も生きてます。健康に気を付けて無理せずゆっくり暮らしましょう!

おっさん!をフォローする
タイトルとURLをコピーしました