『お金の価値』とはなんでしょう?物が価値を生み出す時

ゆとりの経済力
この記事は約4分で読めます。

人は何にもしないでお金が手に入ったら嬉しいと
思っているのは、錯覚しているのかもしれません。

不労所得という言葉が若者の間で
大変人気となっていますが、本当にそうでしょうか?

瞬間風速的にお金が入っても
それは本当のお金持ちになるのでしょうか?

お金という価値を知る

100円持ってれば、100円の商品が買えます。

100円の商品には100円の価値があり
人はその価値を買うのです。

山に暮らすおっさん

山に暮らすおっさんが
海の魚が食べたくなっと時は
海に釣りに行って食べたい魚を釣ります。

しかし、そんな時間は無いし
魚を釣る道具もスキルもありません。

それならば魚を釣っている漁師に頼めば
おっさんが食べたい魚を釣ってきてくれます。

では、その魚をどうすれば
漁師から手に入れることができるか。

海辺に暮らすおっさん

そこで、漁師が釣るために使った道具や手間、
餌などをいろいろ考えると
1匹あたりと同じものと交換しても良いと考えます。

漁師は魚1匹と
山で暮らすおっさんが育てた
かぼちゃ1個と交換することで交渉が成立。

めでたく海の魚1匹とかぼちゃ1個を交換して
山に暮らすおっさんは海の魚を手に入れて食べることが
できたのです。

交換する野菜がない

では、おっさんが交換できるものがなかったら
どうでしょうか?

そこでお金というものを作ったのです。

お金を1つ持っていると魚1匹と交換できる
価値に決めたのです。

おっさんはお金1つをもって漁師のところに
行けば魚と交換できます。

漁師はお金1個をおっさんから手に入れたので
その1個のお金で魚1匹と同じ価値のものを
他の農家の人と相談して野菜と交換することができたと
します。

物々交換から価値の交換

こうしてぶつぶつ交換から
お金という価値を持ったもので代用することで
様々なものが手に入るようになるのです。

お金は価値を持っているのです。

お金持ちというのは
価値をたくさんもっていることを言うのです。

お金を持つためには
おっさんは価値を渡さないと
お金というものが手に入りません。

どれだけ人に価値をあたえることができるかが
その価値をもっている「お金持ち」となるのです。

人が欲しいものと交換する価値

お金は人が欲しいものと交換するための
価値をもっています。

人が欲しいものをおっさんが持っていれば
それをお金と交換することで
お金を得ることができます。

つまり、どれだけ
おっさんがお金に換えることができる
価値をもているかが「お金持ち」に
なれるかどうかなのです。

人が手に入らない価値をもっていること

例えばブログを作って不労所得を得たい!

そんな人がいたとしたら
「不労所得」というお金を得たいのだから
「不労所得」の価値と同等のものを作らないと
手に入りません。

そこには実は「ブログの記事」という価値を作り
人は手に入らない価値が記事にあるので
その記事を手に入れるのです。

その記事には価値があれは
企業も広告代理店を通して広告を出すので
結果、記事と同じ価値のある広告が表示されて
それを見た読者がクリックして、
おっさんに広告費が手に入るのです。

だから「不労所得」ではなく
価値のある記事を作ったことで
その価値と同額のお金が手に入ったということです。

良質の価値を作り交換する

お金持ちになるための「価値作り」をすることが大事です。

その為には、「人が喜ぶこと」「欲しい情報を価値に換える」
そのことを、一生懸命することで
価値の交換ができるということです。

価値を生み出す仕事

おっさんがお金持ちになる方法を紹介しました。

実に単純なことです。

おっさんが会社であれ個人であれ
価値をどれだけ作れるかで
対価としてのお金が入ってくるのです。

仕事とは価値を作る事なのです。

まとめ

価値を生み出す仕事をみつけて
たくさんの価値をつくれば
それは確実に「お金持ち」になるのです。

人が欲しがる価値をたくさん作って
お金持ちになりましょう。

金持ちは価値をたくさん持っている
素晴らし人なのです。

なおたん


タイトルとURLをコピーしました