耳が遠いのにテレビの音がクリアに聴こえる『ミライスピーカー』の実力

くらぶオフィス
この記事は約3分で読めます。

耳が遠い人が良く聞こえるテレビ用スピーカーを紹介します。

耳が遠くなる原因は様々です。65歳を超えると約3割の人は耳が遠いというデータもある位で、年を重ねていくと老化により耳が遠くなります。

耳が遠くなって初めて分かるのですが、テレビの音量がだんだん大きくなってくのが自分でもわかります。テレビの音が家の外にまで聞こえるほど大音量になることも普通に起きてきます。

従来の様に音量を上げたり手元スピーカーを使わなくてもクリアに聞こえるスピーカーがあります。補聴器を付けなくてもテレビの音量を上げなくてもいいのです。

音が届きにくい空港や企業での利用などすでに導入実績が増えています。メディアでも取り上げられていたので紹介することにしました。

その1:最新テクノロジーのスピーカー
その2:手元に置かなくても聞こえる理由
その3:入手方法
スポンサーリンク

その1:最新テクノロジーのスピーカー

音波の技術を使ったスピーカーがありますので紹介します。

このスピーカーは東京都台東区にある株式会社サウンドファンが開発した「曲面サウンド」という技術を使ったスピーカーです。

製品名は「ミライスピーカー」といいます。(特許第5668233号)

特徴は次の通りです。

(1)「言葉」をハッキリとクリアに伝える
(2)音量を上げなくても聞き取りやすい
(3)従来型のスピーカーとは異なる新しい音波

早稲田大学表現工学科及川研究室の協力でミライスピーカーの「曲面サウンド」の空中を伝わる音波の可視化に成功したそうです。

その結果、従来型の丸形コーンスピーカーとは異なる音波の特長が確認されたと紹介しています。

スポンサーリンク

その2:耳が遠くてもテレビの音が普通に聞こえる理由

特許を取った「曲面サウド」の新しいスピーカーは構造が違うのです。この会社のサイトからその技術を調べると次のように説目しています。

(1)スピーカーの構造が違う

通常使われているコーンスピーカーは丸い形をしていて音がでます。音は点から発信されるため距離が遠くなる程音が拡散され弱くなる構造です。

ミライスピーカーは曲面から音が発信されるので距離が離れても音が弱くなりにくく遠くまでと説きます。さらに遠くまで弱くならないで届くだけではなくクリアに聞こえると説明したいるのです。この技術を「曲面サウンド」と言います。

(2)通常の音波とは違う特徴

音量以外の要素で聴こえる様になっているテクノロジーです。

この技術開発では、早稲田大学表現工学科及川研究室で「曲面サウンド」の空中音波を可視化してデータを取る事が出来たことです。

その事で普通のコーンスピーカとは違う音波の特徴により遠くまでクリアに届くことを確認確できたと説明しいます。遠く離れても音がくっきりとクリアに聴こえるのが特徴です。

なのでテレビにつないだミライスピーカーは普通の音量でも遠くまでクリアの良く聞こえます。補聴器を付けないでテレビを見たい方にも使えます。

スポンサーリンク

その3:ミライスピーカーの入手方法

この製品はAmazonで購入できます。詳しく紹介しています。

出典:Amazon

おわりに

耳が遠くても良く聞こえるスピーカーを紹介しました。音量を上げなくても普通にテレビがみられるのが便利です。

タイトルとURLをコピーしました