おっさんが簡単な筋トレで若々しく魅力的な体を作る方法

魅力的な体
この記事は約3分で読めます。

おっさんと呼ばれる所以のひとつは外見の「ぶよぶよに膨らんだ体」ではないでしょうか?

なにも好きでぶよぶよになったわけではありません。

度重なる接待やストレス、ジムに通うほどの時間も無く疲労困憊の中で一生懸命働いてきた証がその体ですから、立派なものです。

しかしです。

世の中に話がわかる人ばかりではありません。

見た目で判断する方もおられます。

簡単な筋トレでこんな魅力的な体に

おっさんのぶよぶよの原因は、酒と脂肪と運動不足が祟ったものです。

そこでピシッとした体を作るには、筋トレが一番なのです。

若々しく自信にみちた体に!

筋トレのトレーニングをすると新陳代謝が活発になります。

するとかrだの血流が良くなり、体内の老廃物を排出する機能が活発になります。

顔色が良くなり肌がつやつやして若返るのです。

高いダイエット効果

ダイエットは一般的には食事のカロリーを減らし栄養バランスを考えて脂肪分の少ないたんぱく質を取りよく運動することだと言われています。

しかし、常識を覆すデータがあります。

それは、筋肉が増えると基礎代謝があがります。基礎代謝が上がればその分同じ量を食べても今以上に痩せるのです。

結果、太りにくい体になることはもちろんですが、その上体のたるみやぶくぶく感が取れます。

特にグッスリ寝ることと筋トレをセットにすると、成長ホルモンのアンチエイジング効果によって壊れた細胞を修復してくれるので若々しくなってきます。

おっさんの顔つきが自信に満ち溢れ「おじ様」に変化

「筋トレやってます!」と言えることが素晴らしいのです。

筋トレしているという自信を持つことができます。

その自信が顔から体全体に満ち溢れ魅力的な雰囲気を醸し出すのです。

おっさんがやる簡単な筋トレの方法

おっさんは年が年だから無理しちゃだめですよ。

ネット上にはいろいろな筋トレが出ているけど、ほとんどが若者が書いているからどうしても激しい筋トレなのですよ。

人間の身体機能は20歳をピークに年々低下する。60代の身体機能は20歳の4割にまで落ち込む。しかし、だからこそ60代は筋トレの“適齢期”なのである。

引用:東京大学大学院 石井直方教授(理学博士)

おっさんは筋肉がもうすでに失われているから、やさしくトレーニングしないといけない。

定年筋トレが健康寿命を延ばすとともに、脳と筋肉をつなぐ神経を発達させて視覚・聴覚・三半規管の衰えを防ぎ、より高齢者は引き締まった若々しい体を取り戻す。

引用:京大名誉教授の森谷敏夫氏

90才程で筋肉がみなぎるすべすべの足をもっているおじ様が語っていたのを思い出しました。

毎日、スクワットを5回だけやっているというのです。継続することの重要性を教えてもらいました。老化は足腰からです。

スクワットを毎日5回~10回を2セットするだけです。

スクワットは「キングオブエクササイズ」と言われています。

それ以上やると足腰を壊しますから、物足りないその位がちょうど良いのです。

スクワットのやり方はしゃがんだ時に膝がつま先より先にでないこと。

背中がまがらないこと。

正しい方法は日本リハビリテーション介護協会で紹介しているので確認してね。

さらに筋トレをやりたくなったら、腕立てと腹筋を取入れましょう。

「手と足のつま先を床につける一般的な腕立て伏せをやってみて、10回できなければ膝をついてトライしてみます。腕立て伏せに慣れたら腹筋とスクワットも10回を目標に行ないます。

引用:吉田直人氏(NSCAジャパンHPCヘッドS&Cコーチ)

吉田先生は、シニアは腕立てから始めると良いと指導しています。

おわりに

今までトレーニングなどしてこなかったのだから、急にやると体が傷ついたりケガをしたりします。物足りない位がおっさんにはちょうど良いのです。

これを続けるだけで、体が変わってきます。継続が重要です。

なおたん@くらぶ長

タイトルとURLをコピーしました